初心者のためのプロ野球観戦チケット購入の知識!初めてのプロ野球はこの席で見よう!


プロ野球観戦!

臨場感のあるプロ野球観戦は一度は経験してもらいたいところ!!

しかし、どこの席を取ったらいいのかわからない人は多いはず。

そこで、今回は「絶対に間違えないプロ野球のチケットの取り方」を説明します。

 

・「レフト側と三塁側」vs「ライト側と1塁側」

 

チケットサイトを見ると

一塁側指定席S

三塁側指定席A

ライト外野指定席

等と記載されています。

野球ファンなら、これで理解できますが、初心者には全く分かりません。

補足説明が必要です。

まず内野席と外野席の違いから説明していきます。

 

・内野席と外野席

 

野球は内野と外野にわかれています。

外野席はホームランが飛ぶゾーンの席です。

内野席はファールゾーンにある席です。

2つの大きな違いは応援

外野席はホームベースから遠いですが、声を出して応援ができます。

テレビで聞こえる応援の声は外野席からのものです。

一方、内野席は座って観戦します。

盛り上がることはできますが、応援歌を歌ったりは基本的にできません(やろうと思えばできますが、うるさい人だと周りに思われます)

 

・ライトとレフト、一塁側と三塁側

 

野球のチケットには「内野席」「外野席」の他に「ライト」「レフト」「一塁側」「三塁側」の記載があります。

これは非常に重要です!

応援するチームが変わってくるからです。

間違えると

巨人を応援したいのに、阪神ファンの真ん中になってしまった

阪神を応援したいのに、巨人ファンに取り囲まれた

なんてことになりかねません。

基本的な考え方としては「レフト」「三塁側」vs「ライト」「一塁側」です。

レフトと三塁側の席の人が同じチームを応援し、ライトと一塁側の人がもう一方のチームを応援します。

※ただし、内野席には両チームのファンが入り乱れる場合あり。

 

・まず内野席を

 

まずは内野席での観戦をおススメします。

内野席なら、1塁側と3塁側を間違えても、それほど大きな影響はありません。

外野席は応援する席なので、間違えると大変な目にあいます。

まずは内野席で観戦して、歌ったり、声を出して応援したいなと思ったら、外野席に移行しましょう。

私も最初は内野席での観戦が中心でした。

 

・S席、A席、B席・・・の順

 

内野席にはS席、A席、B席・・・とわかれていますが、S席が一番よく、その次にA席、B席・・・

とアルファベット順になっているのが普通です。

S席がグラウンドに近く、A席、B席となるにつれ、グラウンドからどんどん離れています。

選手に近いところで見るなら、S席。

球場全体を遠くから見渡すなら、B席・C席がいいでしょう(アルファベッドが後の方ほど遠い席)

 

・初心者の野球観戦まとめ

 

まずは観戦に行くことが大切です。

一塁側・三塁側を間違えなければ、相手ファンに囲まれるといった問題は避けられます。

一回現地に行って、雰囲気を掴んで、内野と外野どちらが自分に向いている席か見極めましょう!!

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です