ファイアーエムブレム人気作のワケ!原点は紋章の謎にアリ!!


ファイアーエムブレムの第1作が発売されてから、30年余り。

いまだに根強い人気を誇り、スマホアプリ「ファイアーエムブレムヒーローズ」も配信!

その原点に迫ってみた。

 

・ファイアーエムブレムアは悲しみから逃げない

 

ファイアーエムブレムは悲しみから逃げない。

第1作から、戦闘システムは優れており、頭を使わないとクリアできない難しさがある。

しかし、それ以上に重要な要素となったのは「死んだキャラクターは生き返らないこと

1人1人にキャラクターがあり、失われたキャラクターは基本的には戻ってこない。

悲しみから逃げないファイアーエムブレム。

その悲しさが強化された。いや、ストーリーに悲しさが入れ込まれたのが紋章の謎でした。

 

・「紋章の謎」が全ての土台

 

第1作の「暗黒竜と光の剣」の後に発売されたのが紋章の謎。

ここがファイアーエムブレムの土台。

第1作「暗黒竜と光の剣」は勧善懲悪系。

しかし、「紋章の謎」は勧善懲悪とは言い切れない複雑な要素が絡んでいます。

舞台は「暗黒竜と光の剣」から1年後。

平和が訪れてから、間もない世界で戦争が起こるはずもない世の中。

その中で、世界が乱れていくというストーリー。

そこで、主人公のマルスは前回の戦争で、共に戦った仲間たちと戦いを繰り広げていくことに・・・

かつて味方だった男との戦いはファイアーエムブレムの悲しさを表現している何とも言えない戦い。

正義感が強かった男がゆがめられ、主人公と闘うことになる謎。

それが紋章の「謎」だ。

この紋章の謎こそがファイアーエムブレムのストーリーの土台

善悪が逆転してしまう悲しみから逃げない。

戦いとは悲惨なものである。

そんなことを教えてくれるストーリーだ。

「悲劇」はこの後の作品にも、受け継がれている。

 

・戦闘の結末によって、物語が変わる

 

誰が生存して、誰が死亡するのか?

これによって、物語の結末が変わってしまいます。

それがファイアーエムブレム。

主人公が死ななければ、ゲームオーバーにはならないが、物語の結末・ストーリーは変わる。

となれば「誰も死なせたくない」

この想いがゲームの難易度をより高くし、ゲームに深さを出しているのです。

 

・ファイアーエムブレムまとめ

 

悲しさから逃げないゲームファイアーエムブレム

大好きなゲームです。

シュミレーションRPGの元祖とも言うべき存在!

私はこのゲームが大好きです。

 

 

 

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です