仲里依紗さんが「不倫は国外追放」と仰ったので、追放時に逃げ込むべき国を先に調べておいた。


国外追放かぁ・・・

そうなる可能性も実際あるよなぁ・・・人生何が起こるかわからんし・・・

こんばんは。竹内ゴローです。

 

先日、女優の仲里依紗さんが「不倫は国外追放」という発言をされたそうです。

最近はそういう類の報道が多くて、いろいろ大変ですが、国外追放されたら、これまた大変!

というわけで、今回はいつ追放されてもいいように、国外追放された時に逃げ込むべき国を調べてみました。

私は結婚してませんが、将来的に不倫するつもりはありません。あくまでリサーチのみです。

 

国外追放された際に逃げ込むべき国:開放感編

仮に国外追放となってしまった際に、何を求めるのかは極めて重要です。

深く反省することを大事にするのか、開放された環境を大事にするのか、いろいろありますが、まずは開放感という観点から選んでみました。

 

パプアニューギニア

国外追放されてしまった場合に、最も行くべき国として挙げられるのがパプアニューギニアです。

赤道のすぐ南にあり、日本からは7時間ほどで辿り着けます。

遠すぎず近すぎずで、追放された時に移動する国としては最適な距離と言えるでしょう。

また、数々の自然が疲れを癒してくれます。

熱帯雨林や火山、綺麗な川の数々。追放された現実を1日で解き放ってくれるでしょう。

 

マカオ

追放となってしまった場合は自然の開放感もいいですが、お金の開放感も極めて重要です。

なので、マカオのカジノに行くのも、極めて重要な選択肢となります。

カジノで楽しむことさえできれば、もうそこで生きて行くことすら考えていくようになるでしょう。

ただし、絶対に勝てるとは限らないので、追放されたからと言って、躍起にならないことが大切です。

 

モルディブ

モルティブで海を満喫できるなら、追放されても心配なし。

追放という現実が辛いものから、ハッピーなものに生まれ変わります。

ひたすら海を楽しみたいなら、モルティブは有力な追放先候補となります。

 

国外追放された際に逃げ込むべき国:遠く離れたい編

追放された後、開放感に浸る気分にはどうしてもなれない。

そのような場合は日本から遠く離れた国に移動するのがオススメです。

そこで、日本から遠くに離れたい時に行くべき国々を調べてみました。

 

ブラジル

日本の反対側にあるブラジル。

日本とは真反対にあるので、まさに日本から遠く離れることができます。

日本で起こってしまった現実を忘れる際に、適した国となるでしょう。

 

ドミニカ共和国

野球選手が武者修行として、訪れることもある国。

野球選手と同じように、このドミニカの地で武者修行を行うのも非常にオススメだ。

共に切磋琢磨して、人生を切り開きたい。

 

日本潜伏

最終的な選択肢がこれになる。

追放されている身分なので、自由な生活はできない。

行くも残るも茨の道なのだ。

 

国外追放された時に逃げ込むべき国〜まとめ〜

滅多に国外追放されることはないだろうが、それでもないことはない。

仲里依紗さんの夫で、不◯をしてしまうという条件に当てはまってしまった場合は国外に出なければならない。

レアケースではあるが、1%でもその可能性がある限り、国外脱出先を今から想定しておきたい!

 


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。