早起きの方法を凝縮した「早起きの教科書」出版!本当に大切なこととは?


竹内ゴロー
早起きで感じたこと、早起きが簡単にできる方法など、「早起きの全て」をまとめました!竹内ゴロー(@freetergoro)です。

 

私、竹内ゴローが実践している毎朝5時起きを電子書籍にしました。

 

『早起きの教科書』の名の通り、早起きについて、詳細にかつコンパクトにまとめた1冊です。

そして、今回の記事では・・・

  • 早起きをする上で、勘違いされていること
  • 早起きで具体的に何が変わるか?どうしたら行動が変わるのか?
  • 「早起きの教科書」の中身について

をまとめました。

早起きをして、行動力を上げたい人、必見です!!

竹内ゴロー
『早起きの教科書』についてのいろいろをここで紹介!早起きの方法が具体的に書いてあるよ!

 

早起きの方法で勘違いされてること

竹内ゴロー
早起きで勘違いされることが結構多いね!

気合いで起きる

「朝早く起きて、行動力を増そう!!」

こう思っている人は半分正解で、半分間違い。

行動力を増そうと思うこと自体はとてもいいことですが、気合いで起きるのがダメ!!

あくまで早起きは当たり前なこととして、こなす感覚じゃないといけません。

竹内ゴロー
早起きは気合でやらない。当たり前のこととして、こなすのが大事。

 

早起きは目的ではなく手段

早起きすること自体を目的(目標)にしてはいけません。

「毎朝30分早く起きる!!」という目標は言語道断。

その理由は早起きは手段だから。

早起きはすることが目的ではなく、行動を起こすための手段なのです!

 

早起きをすることによって、朝筋トレをする。朝作業をする。1日を充実させる。

早起きした後が大事です!!

早起きをすること自体が目的にならないように注意しましょう!

竹内ゴロー
早起きを通じて、何を実現するかが大事!早起きが目標ではいけない!

 

早起きの方法実践で、何が変わるのか??

竹内ゴロー
朝時間を使うことの効率性を知ったら、もう止められない!

早起きを通じて、朝の時間を有効に使うことの凄さを理解できれば、早起きを止められなくなります。

朝の30分でできること

朝30分でも早く起きることができれば、次のようなことが可能になります!

  1. ブログであれば、1000字の記事を書き上げることができる
  2. 腹筋と背筋100回ずつできる
  3. ジョギングなら、5キロは走れる

他にももっとやれることはありますが、30分あれば、最低このうち1つはできます。

朝から活動的だと思いませんか??

竹内ゴロー
朝から何かを成し遂げると、それだけで達成感があるよ!!

 

早起きの方法が詰まった「早起きの教科書」について

今回出版した「早起きの教科書

その主な内容は!

  • 怠惰な自分が朝早起きをするようになったきっかけ。
  • 毎朝早起きを実現するシステム
  • 早起きで変わった人生

です。

特に「毎朝早起きを実現するシステム」はとても重要で、力を入れて書きました。

その中身について、すこ~しだけ説明します!!

竹内ゴロー
1番大事なシステムについて、説明するよ!!

 

早起きはシステムでやる

『早起きの教科書』は「早起きはシステムで行うもの」という考え方に即していて、「気合で早起きをする」という考え方とは完全に異なります。

多少の気持ちはもちろん大事ですが、基本的に早起きはシステム構築でできます。

そして、そのシステムの具体的な作り方は・・・

本書に細かく書きました。

気合いではない早起きを本書で学びましょう!!

竹内ゴロー
早起きは気合いでやるのではなく、システムでやる。当たり前にやる。朝起きて、水分を取るのと一緒の感覚。気合で水分は取らないよね?

 

早起きの方法~まとめ~

 

この記事で一番伝えたかったことは・・・

 

早起きは気合いでやるものではない!

 

ということ。

「毎朝早起き頑張る!」「毎朝5時に起きよう!!」

なんてのはダメ。大事なのは・・・

毎朝早く起きることによって、何を実現したいのか?どのように生活を変えたいのか?

この1点です!!

  • 「毎朝30分早く起きて、筋トレして体力強化しよう」
  • 「毎朝30分早く起きて、1日にやる作業を明確化しよう」
  • 「毎朝30分早く起きて、もっと世間の動きをニュースでチェックしよう」

なんでもいいです。

毎朝早く起きて、どうしたいのか?」の「どうしたいのか?」の部分を重要視して、自分の生活を変えていきましょう!

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。