銀シャリM-12015の漫才「料理のさしすせそ」ネタ台本書き起こし!


M-1グランプリ2015で行っていた「料理のさしすせそ」ネタの台本です。

 

銀シャリM-1 2015 漫才「料理のさしすせそ」

ボケ:鰻 ツッコミ:橋本(以下、橋)

橋「どうも銀シャリです。お願いします。頑張って行きたいと思いますけどね」

鰻「はい」

橋「僕ね、思うんですけどもね、最近の若い女子は簡単にキュンキュン来よるでしょ?壁ドンとかね」

鰻「ベルリンの!!??」

橋「ベルリンのやあらへん!いや、それで東ドイツ、西ドイツが崩壊したんちゃうねん!お前。なんやその進撃の巨人的な一手は!ほんで知っとかなあかんことを知らなかったりするでしょ。僕ね、料理好きでよくするんですけどね、料理のさしすせそっていうのあるじゃないですか?」

鰻「そんなん誰でも知ってるよ」

橋「でも、知らん女子が多いみたいやねん」

鰻「常識やん」

橋「やんなぁ?」

鰻「すぐ言えるよ」

橋「大丈夫?」

鰻「大丈夫や」

橋「ほな、ちょっと料理のさしすせそ言うてみぃよ。「さ」何かわかる?」

鰻「刺身醤油」

橋「刺身醤油!?大変興味深いですね。あなた。えっ?「し」は?」

鰻「醤油」

橋「ほな、「す」は?」

鰻「酢醤油」

橋「ほな、「せ」は?」

鰻「せうゆ」

橋「ほな、「そ」は?」

鰻「ソイソース」

橋「全部しょうゆやないか!それ!なんやその醤油フェスティバルは?違うねん。「さ」は砂糖ですよね」

鰻「砂糖醤油」

橋「醤油いらんねん!麹のお化けに取りつかれてんのか!お前は。砂糖だけや。それで、「し」は塩ですよね。んで、「す」は酢だけ。「せ」はせうゆって書いて、醤油って読むねん。ほんで、「そ」は何て言った?」

鰻「ソイソース」

橋「なんで英語なるん?和の世界でやってるから、こっちは!」

鰻「ほな、お前「そ」はなんやねん?」

橋「いや、「そ」は味噌ですよね」

鰻「いやいやいや!!」

橋「あぁ、揉めがちなとこやねん」

鰻「なんで「そ」言ってるのに「みそ」ってなんの?」

橋「想定の範囲内」

鰻「言うたら、料理のさしすせみになる」

橋「なんで音階で行くねん。なんで「み」だけ上の棚行くねん」

鰻「なんやねん!それ、お前」

橋「なんで知らんの?ていうか、そもそも」

鰻「ほんなら、お前、ソースのたちつてとって知ってるか?」

橋「お前な、悔しいからって、対抗してこんでええねん」

鰻「知らんやろ?お前。お前自分が眼鏡してるからって、なんでも知ってると思うなよ」

橋「思ってへんわ!そんなの」

鰻「常識や。そんなもんみんなさん知ってはるよ」

橋「なんやそのみんなさん言うのは。おっかさんみたいな感じで、みんなさんやないねん!お前」

鰻「あんねん。ソースのたちつてと」

橋「あんねんな?」

鰻「あんねん」

橋「ほな、「た」なんなん?」

鰻「タルタルソーズ」

橋「自由やな。あってんの?それ」

鰻「タルタル」

橋「タルタルで返事すな。お前。ほな、「ち」は?」

鰻「チリチリソース」

橋「チリソースでよくない??なんか燃えてない?厨房が。チリチリソース。大丈夫?シェフの頭的なんは」

鰻「つ・・・ツルツルソース」

橋「ツルツル。かかんの?そのソースはちゃんと」

鰻「て・・・テルテルソース」

橋「てるてる坊主やけど、ほぼサウンド的には」

鰻「と」

橋「トルトルソース」

鰻「トマトソース」

橋「急になんやねん!お前。そこはトルトルソースなんちゃうんか?」

鰻「トルトルソースってなんやねん!」

橋「ほな、テルテルソースもツルツルソースもようわからんやろ!」

鰻「ほな、俺も言わしてもらうけどな、なんで「そ」で味噌やねん!」

橋「そういうもんや。膝を使うな。それぐらいの動きで」

鰻「おかしいやろ。お前」

橋「膝を使うな。それぐらいの動きで」

鰻「ほな、サラダのさしすせそって知ってるか?」

橋「お前、どしどし応募してくるな。お前」

鰻「お前、自分が頭でっかいからって、味噌詰まってると思うなよ」

橋「味噌っていうの?カニか。俺。脳みそって言え。なんやねん。味噌って」

鰻「味噌?なんで「そ」で味噌やねん」

橋「セルフで言ってるやん!セルフでキレてるやん!それは」

鰻「理由説明せぇ。それの。お前。」

橋「なんなん?それ」

鰻「あんねん。サラダのさしすせそ」

橋「あんねんな?」

鰻「あんねん」

橋「ほな、「さ」なんなん?」

鰻「サラダ」

試「いきなり!?大丈夫?その後」

鰻「大丈夫。「さ」はサラダや」

橋「やり口がボン・ジョヴィやんか。お前」

鰻「どういうことやねん」

橋「グループ名ボン・ジョヴィで、ボーカルボン・ジョヴィやから。他のメンバーどう思ってんのかな?思って

俺関係あらへんと思って、弾いてんのかと思って」

鰻「おうてんねん」

橋「俺関係あらへん。利権が全てボン・ジョヴィにという」

鰻「さはサラダや」

橋「あってんの?」

鰻「うん。おうてる」

橋「ほな「し」は?」」

鰻「シャラダ」

橋「何それ?何ちょっと甘えてきてんの?それ。サラダのシャラダの違いは何よ。ほんで」

鰻「もしくは、シーザーサラダ」

橋「こんなんでもしくはとかあんの?これ」

鰻「あんねん」

橋「二択あんの?」

鰻「あんねん」

橋「ほな「す」は?」

鰻「スティック野菜」

橋「すに引っ張られすぎや。お前」

鰻「何がや?」

橋「それ言うんやったら、野菜スティックやろ」

鰻「すやねんから、スティック野菜や」

橋「野菜をスティック状に切ったもの。これが野菜スティックや。お前のスティック野菜はこのままギューン育ったやつ。これがスティック野菜や。ごぼうなどや。お前のやつは」

鰻「おうてんねん。「す」やから、スティック野菜や」

橋「ほな、「せ」なんなん?」

鰻「セロリスティック」

橋「待てよ!お前!お前の方程式で言うたら、スティックセロリならなおかしいやろ!」

鰻「せやから、セロリスティックやろ」

橋「なんで株式会社野菜から、セロリだけベンチャー起こしてんねん」

鰻「何の話や」

橋「なんやねん」

鰻「何の話や。それは」

橋「いや、おかしい」

鰻「セロリスティックや!セロリスティックや!」

橋「ほな、「そ」は?」

鰻「そ?しそドレッシング」

橋「やばいぞ!こいつ!「し」から始まっとるやんけ!」

鰻「ほな俺も言わしてもらうけど、なんで」

橋・鰻「「そ」で味噌やねん!」

橋「もうええねん!おかしいやろ!ドレッシングなっとるがな。そもそもが」

鰻「なんでこんな言われなあかんねん」

橋「おかしいやろ」

鰻「そもそもお前が焚いた豆やろ!」

橋「豆なんか焚いてへんわ!それ言うんなら、お前が撒いた種やろや。いつお豆さん焚いたんや。黒豆さんか。タッパーに詰めて持って帰れ!」

鰻「もうええ!」

橋「もうええ。何を払っとんねん!それは」

鰻「もうええ」

橋「なんやねん」

鰻「ほな、ばいきんまんのさしすせそって知ってるか?」

橋「なんやそれ?」

鰻「さ~しす~せそ~!!」

橋「は~ひふ~へほ~や。あれは。もうええわ!」

台本一覧は他にもあります。

スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。