貧乏すぎるとか言うけどさ?月収15万ぐらいはあんだろ?それ大金持ちだから!


竹内ゴロー
超貧乏月収一桁時代を乗り越えた竹内ゴローです。
  • 「お金がない」
  • 「仕事辞めたら、お金が無くなる」
  • 「就職できなかった。人生終わった」
  • 「現状は辛いけど、お金がないから頑張る」
  • 「お金がない。もう死にたい・・・」

そう思ってる人達に言いたい!!

お金がなくてもやれます!絶対にやれます!!

これが今回のテーマ。

 

超貧乏月収一桁時代を貯金なしの状況で経験した私、竹内ゴロー。

お金がなくてもやれるんだ」ということをお金で悩んでいる皆さんへ伝えたいと思います!

竹内ゴロー
実際、お金がなくて、どうなった!?

 

「この先、貧乏になる」と貧乏すぎる俺に相談してきた友達

  • 月収が減った。
  • 職を失った
  • 収入がない・・・もうダメだ・・・

知り合いが僕にこう言います。

ぼくは関西の大学、同志社大学を卒業しました。

同志社大学の就職率は98.3%で、ほとんどの人が大学卒業後、就職の道を目指します。その大学の知り合いが先程のようなことを言うのです。

ぼくは就職を選びませんでした。就職しなかった(1.7%の残り者と言われた)私に知り合いが泣きついてくるのです。

 

ここで、人生を少し振り返らせていただきます。

大学卒業後、お笑いの世界に携わるために、大阪のお笑い養成所に入りました。1年間そこで学び、しばらく大阪で活動した後、上京。その後は作家として、生活をしています。

が、上京当時は収入もままならず、バイトをしながらの生活。

そんな中、先程の大学の知り合いの話。98.7%の中に入った人間がたった3年で、1.7%の残り者と言われた私の方にやってきたのです。今から2年ほど前です。

「なんで、俺に相談するんだ??」

率直にそう思いました。

竹内ゴロー
本来、ぼくが相談したい事案ですぜ!

 

真の「貧乏すぎる」をみんな知らない

竹内ゴロー
本当にお金がない人は日本ではわずかだよ。

本当にお金がない状態を経験した人は少ないのかもしれません。

食べるものがなく、1日食パン1枚で過ごさなければならないぐらいの状態。または、何も食べるものがない状態。4年ほど前のぼくの状態です。

貧乏すぎる、極貧とは本来このような状態を指すはず!

 

しかし、相談してきた知り合いは「このままでは老後が・・・」等と言っています。

確かに、その言い分はわかります。でも、僕からすれば、それは贅沢すぎる悩み。

私は人生を懸けてなんとか収入を増やしてきたわけです。食パン生活も経験しました。

 

その知り合いはそこまでの極貧生活には至っていなかったでしょう。いい服も着ていたし、会社員時代に得たお金は絶対にあったはず。

それでいて、職を辞めて、この相談。本当の意味で「お金がない」とは到底思えませんでした。

裕福の中にある貧しさだと感じたのです。

 

貧乏すぎるが生む強さ「自分が選んだんだから、仕方ない」

食パンしか食べれなかった。貧乏だった。

そう言ってますが、実はその生活を辛いと思ったことは1度もありません。

逆に、「食パンをかじる生活って、こんなものか」というぐらいの感覚でした。

 

そう思えたのは大学時代に、みんなが就職する中、悩みに悩んでこの道を選んだから。「自分が選んだんだから、仕方ない」と思えたからです。

ぼくが本当に一番辛かったのは食パンを食べる日々でもなく、何も食べれない1日でもなく、大学時代にみんな違う道を歩むか歩まないか悩んでいた日々。

間違いなく、大学時代のその日々が1番辛かった。そう断言できます。

そして、就職しない決断をしてからは食パンだけの生活になろうが、絶食になろうが、辛さはありませんでした(逆に少し楽しかったぐらいです)

お金で幸せになれるのか!?私が月収9万でも幸せを感じれた理由!

2017.07.13

 

ぼくはお金より、頑張りが成果になる方を選んだ

ぼくが就職しなかった理由は大きく2つ。

  1. お笑いに携わることがしたかった(野球に携わることでも、よかった)
  2. 頑張った分だけ成果が出る仕事がよかった。

この2つです。そして、ぼくはさらに大学時代こんな考えをしていました。

「このまま少子高齢化なら、買う人は少なくなるはずだから、ほとんどの業界で売り上げは減るはず。給料は上がりにくくなる。給料が上がらないなら、仕事を上手くサボった方がいいのではないのか?」

「よし!頑張った分だけ、何かが得られることをしよう!」

根性がなく、とてもサボりたがりな自分でしたが、頑張った分だけ報酬が得られそうなところに身を置くことにしました。

 

最初の月収は1桁です。

そこから、10万、11万、12万、13万・・・

この喜びは何物にも代えがたいものでした。

人から見れば、少ない給料。給料が下がることだってあります。でも、給料が上がっていくことの喜びは想像以上でした。

 

貧乏すぎるまとめ~回り道は重要~

 

イチロー選手が言っていました

回り道が重要」だと

月収25万を得るのに、月収9万円を経験してから、25万にたどり着くのと、20万ちょいの給料から少し上がって、25万になるのとどっちが嬉しいか・・・

ぼくは9万円→25万だと確信しています!

一般の人が就職して、すぐに稼げるかもしれない額の給料を私は5年ちょい回り道をして、ようやくゲットすることになりました。

相当な回り道です。

でも、そのおかげで、なんか落ち込まなくなりました笑

多分月収7万ぐらいまでなら、なんとか生活していくのだと思います。

 

お金がなくて不安って言うけど(確かに体調崩したらやばいけど)、そこから上がっていけばいいし、収入を自分の力で上げる喜びは絶対に味わった方がいいです!!

アルバイトでもブログでも、今の仕事でもなんでもいい。「自分の力で収入を上げた」ということ感じることが絶対大事!!

お金がなくたって、大丈夫!!

お金が入ってこなくなったなら、収入を増やすチャンスです!!

「自分の力で収入を上げる」という何事にも代えがたい体験ができるチャンスなんです!!

お金がないと言っているみなさん!!ピンチをチャンスに変えましょう!!

危険なポイントサイトを避けて、安全に効率よく稼ぐ方法!!

2017.08.14

治験アルバイトをブログで可能な限り公開!治験のメリット・デメリット!

2017.08.03

必死にやったお小遣い稼ぎの汗と涙の記録!?


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。