2018年毎日ハロプロ物語1月11日(ハロステリニューアル編)


2018年初冬。

とある配信番組のリニューアルを迎えた。

ハロステだ。

 

ハロステと言えば、配信が250回を超えるほどの配信番組。

過去にもリニューアルが施されていて、またまたリニューアルという形になっている。

で、今回の配信で、最初に気づいたポイントは・・・やはり司会者が一人になったということだろう。

リニューアル後の最初の司会者はぽんぽんコンビの一角を担い、モーニング娘。のリーダーでもある今やハロプロの重鎮・譜久村聖だ。

もともとはハロプロリーダーのあやちょこと和田彩花がやる予定だったのではないかという疑念(インフルエンザになっていた)が私には若干あるが、そんなことなどどうでもいい。

とにかく、司会者が一人になっていた。

 

❌経費削減

◯番組のさらなる活性化

であることを確認しつつ、ハロステを見続ける。

 

ハロステはモーニング娘。20周年企画に加え、定点観測と続いた。

定点観測では稲場愛香のダンスレッスンをひたすら収録するという稲場愛香を堪能するための企画。

うむ。素晴らしい。

その一言に尽きる。このような影の努力を怠っていない姿は私に刺激を与えてくれる。

今の私を形成しているのは間違いなくサボりぐせからくる怠惰が中心だ。

反省せねばならない。

 

突然の段原ちゃんにびっくりした後は書道のコーナーが始まった。

個人的には将棋が好きなので、ひふみんこと加藤一二三大先生に学ぶ棒銀攻撃特攻講座なるものを見てみたいが、メンバーが全く理解できずに終わる結末が想像できるので、まぁ、書道が無難だろう。

今後どのような感じで展開していくのか注目していきたい。

 

そして、最後を締めるのは小田さくら師範。

師範の素晴らしきメイク講座があった。

だが、結局のところ・・・

男だからわからん!

女性ファンの方は大いに参考になるであろうと感じさせるものだった。

男性ファンの方も参考というのなら、それはそれで有意義なことだろう。

この感じで今日は終わり。

 

また明日。


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。