堀島行真平昌オリンピックメダルまでの道のり!世界選手権優勝で注目!


4年1回のオリンピックの季節が迫ってきました。

前回のソチオリンピックから早4年。今回の冬季オリンピックは韓国・平昌で行われます。

そんな平昌オリンピック注目の選手の中の一人に、堀島行真選手がいます。

今回は堀島行真選手の平昌オリンピックまでの道のりをまとめました。

 

堀島行真選手のプロフィール

生年月日:1997年12月11日
出身地:岐阜県
身長:170cm
体重:66kg
所属:中京大学
競技:フリースタイルスキー
戦績:17年アジア大会金メダル、2017年世界選手権優勝

特に昨年の成績が注目されています。

2017年シーズンは世界選手権優勝と勝負強さを発揮。

平昌オリンピック注目の選手のうちの一人です。

 

堀島行真平昌オリンピックまでの歩み

平昌オリンピックまでの歩みをまとめました。

 

ワールドカップ初の表彰台まで

スキーは物心ついた頃からすでに初めていた堀島。

小学校4年になると、モーグルにのめり込むようになり、本格的に競技を始め、徐々に才能を開花させていきます。

ワールドカップ初の表彰台に上がったのは高校3年の時。

デュアルモーグルで、3位に入り、ここから一気に世界トップレベルの選手へとなっていきます。

 

2017年世界選手権優勝で注目選手に!

2017年のアジア冬季大会で、モーグル・デュアルモーグルの二冠を達成すると、そのままの勢いで、3月の世界選手権に臨みました。

世界選手権ではその勢いをそのまま生かし、強豪選手を抑えて、堂々たる優勝を果たしました。

デュアルモーグルでも、優勝を果たし、世界選手権で2冠を達成!

 

2018年1月20日W杯で初勝利

平昌オリンピックの直前に、ワールドカップで堀島行真は優勝を果たしました。

カナダで行われたW杯で、堀島は今シーズン初勝利。平昌オリンピック前の最後の実戦だったこともあり、非常にいい状態で、オリンピックを迎えることができそうです。

ただ、この試合でも激戦を演じた今季W杯6勝・W杯13連勝中だったカナダのミカエル・キングズベリーが大きなライバルとして、立ちはだかることは間違いなく、その牙城を崩せるかが大きなポイントになります。

 

平昌オリンピック堀島のライバル

W杯の成績を見ると堀島選手のライバルであるミカエル・キングズベリーの方が勝ち数が圧倒的に多く、金メダルの大本命であることには間違いありません。

連勝記録も保持しており、間違いなく金メダル最有力候補です。

しかし、直近の試合で堀島選手が勝利できたこと、そして、世界選手権という大きな舞台で勝利した経験があることはプラスです。

堀島選手の金メダルの可能性十分にあるでしょう!

 

堀島行真・平昌オリンピックまでの歩み〜まとめ〜

平昌オリンピックでのメダルが期待されている堀島選手。

ここ1年で一気に金メダル争いに名前が上がるまでに成長しました。

平昌オリンピックで、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?

堀島行真選手に期待大です!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です