将来の夢を考える!帰国子女が教えてくれた本当の夢の見つけ方!


こんばんは。竹内ゴロー(@freetergoro)です。

今回は「将来の夢」について。

みなさんは将来の夢を真剣に考えたことはありますか?将来の夢を考えることは非常に大事です。なのに、いつしか夢見るのを止めて、現実に・・・

なんてことが多々ありますよね。でも、ぼくは疑問でした。

なんで、いつしか夢見るのを止めてしまうんだろう?なんで現実を見るようになってしまうんだろう?

ぼくの心の中にはそんな疑問がずっとありました。

そんな時、ふと思い出したのが「高校時代の記憶」。特殊な環境だったぼくの高校時代。生徒の7割が海外在住歴のある帰国子女という環境でした。そんな帰国子女達の言葉が今のぼくに夢の見つけ方を思い出させてくれたのです。

 

※ 帰国子女・・・海外在住から帰国した生徒。ぼくの高校の帰国子女は高校入学までの多くの期間、海外で生活していた。

 

10年前帰国子女達が語っていた将来の夢

 

ぼくが高校を卒業して、10年が経ちます。

高校時代の記憶はすっかり消え失せ、目の前の1日1日に追われていました。毎日がどんどん過ぎていき、気づいたら20代後半を迎えている。そんな状況でした。先のことは考えてる余裕はなかったのです。

そんなある日。1週間休みができました。お盆も正月も休みがなかった私にとっては久しぶりの休み。その久々の長い休みを使って、実家に帰ることにしました。

実家に帰ると、いろいろなものがありました。勉強机、懐かしのゲーム、使われることのない教科書。とにかくいろいろなものがありました。

そんな中、そこで見つけたものの1つが高校の卒業アルバム。そのアルバムに私はほとんど映っていませんでしたが、懐かしい写真を見て、いろいろな出来事を思い出しました。

そんな中、思い出したのが帰国子女の将来の夢の話です。それが蘇るように思い起こされました。それほど印象的な話だったのです。

当時、ぼくには夢がありませんでした。大学に入ってから考えれば、なんとかなる。そう思っていました。しかし、帰国子女達は違っていました。

 

「将来はシンガポールに帰って、こどもをゆっくり育てたい」
「地元の上海で家族と過ごす」
「アメリカで、バリバリ働く」

 

そんなことを高校時代から言っていました。ぼくは卒業アルバムを見て、そんな話を思い出しました。

 

日本人の将来の夢はなぜ「職業」だけなのか?

 

日本の小学生に将来の夢を聞くと、必ずと言っていいほど「職業」を答えます。

 

「パイロットになりたい」
「電車の運転手になりたい」
「プロ野球選手になりたい」
「お笑い芸人になりたい」
「花屋さんになりたい」
「ケーキ屋さんになりたい」
「看護師になりたい」

 

返ってくる答えはほぼ「職業」なのです。

 

かわいい奥さんと田舎で暮らしたい」みたいな生活を夢にする子どもはおそらくいません。でも、そんな夢も帰国子女の価値観ではアリなのです。

 

 

将来の夢を生活にして、自分の本当の夢に気付こう!

 

夢や希望を追いかけていても、現実とのズレが出てくることがあります。例えば・・・

希望した職種に就くことができた。でも、人間関係が原因で、辞めてしまった

こんな例。希望していた職種に就いた!希望が叶って、万々歳!となったわけではありませんね。本当にその職種が「夢」であるなら、人間関係がどうであろうと、その職種を続けるはず。

でも、辞めてしまった。そんな場合、「希望職種に就くこと」があなたの夢ではなかったということです。あなたの本当の夢は「希望職種に就くこと」よりも、「人間関係が健全なところに自分がいること」。あるいは「希望職種に就いた上で、なおかつ人間関係が良いところにいること

そんな夢だったのではないでしょうか?それがあなたの本当の夢だったのではないでしょうか?

ぼくは提案します!

もう夢を職業に限定するのは止めましょう。

夢は職業でもいいし、普段の過ごし方でもいい。美人と一日ビーチで過ごすでもいいのです。(竹内ゴロー小学6年生の時に書いたお恥ずかしい夢)

 

まとめ~夢の見つけ方~

 

夢を見つける時、「職業」だけに絞るのは止めましょう!

やりたくない仕事をしているけど、周りの人達がめちゃくちゃいいから、全然OKという人もいれば、周りの人達はいいけど、仕事内容が嫌だから辛いという人もいるはず。人それぞれです。

夢は職業だけではありません。

夢を「職業」に限定せずに、自分の本当の夢に自分で気付いてあげましょう!

意外と自分の「夢」気づいてないですよ!


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です