北朝鮮ミサイルが日本に飛んできた時の対策の中身まとめ!避難経路・Jアラートは?


どうも、竹内ゴローです。

 

2017年4月21日。

弾道ミサイル対策として、住民の避難訓練を政府が呼びかけました。

北朝鮮が日本にミサイルを発射することを想定し、Jアラートを用いた、避難訓練を実施。緊迫感が増してきています。

 

ミサイルが日本に向けて発射された場合、どのように対策したらいいのでしょうか?

今回はミサイルが実際に日本に発射された場合に、どのような対応を取らなければならいのか?

北朝鮮のミサイル対策」をまとめました!

竹内ゴロー
もう他人事ではありません。

 

日本へミサイル発射された際の基礎知識

竹内ゴロー
ミサイル発射から、着弾までは10分しかありません!

北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、ミサイル発射から日本に着弾するまで、約10分です。

着弾までの時間は若干前後することが考えられるものの、極めて短時間で着弾すと考えられています。

何も行動をとれないうちに、着弾してしまうということも、十分にあり得ます。

竹内ゴロー
準備できることは少ないけど、入念な準備が必要

 

日本に弾道ミサイルが落下した時に起こること

竹内ゴロー
日本にミサイルが落下しそうになったら、どうするの?

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、Jアラートを活用し、特別なサイレン音とメッセージを流すことになっています。

 

Jアラートのサイレン音はコチラ!

 

また「緊急速報メール等で、情報を知らせる」とあります。

このように、メールとサイレン音で、国民に周知されることになっています。しかし、メッセージ受信から、実際に行動できるのは5分もないとされており、ほとんど時間はありません。

このわずかな時間で、どのような対応をすればいいのでしょうか?

竹内ゴロー
ミサイルが飛んできた!時間は5分前後!さて、どうする?

 

ミサイル日本落下の際の対策

竹内ゴロー
政府からメッセージが来たら、どう対応すればいいの?

屋外の場合

ミサイル落下のメッセージがあった際は、次のように行動するよう指針が示されています。

  1. 近くの頑丈な建物や地下街に避難
  2. ①のような建物がない場合は物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る

この対応で、爆風や破片から身を守ることができます。

 

屋内の場合

屋内の場合の対応は以下の通りです。

  1. 窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する。
  2. 地面に伏せ頭部を守る

屋内にいる場合、1番の懸念は窓。

窓ガラスが爆風などによって、割れて、破片が飛び散るので、窓からまず離れましょう。

竹内ゴロー
ありきたりだけど、これしか発表されてない。避難経路の確認もしっかりと!

 

ミサイル日本落下に備え秋田県では実際に訓練!

竹内ゴロー
実際に避難訓練も行われました!!

秋田県男鹿市では2017年3月にミサイル対策訓練が行われました。Jアラートを使用し、屋内避難を呼びかけ、屋内避難しています。

避難訓練をした人によると、実際の避難経路などを確認が訓練によって、改めてできたとのこと。

避難訓練をしていなくても、避難場所をあらかじめ確認しておくことが重要です。

竹内ゴロー
災害の際にも、避難経路は役立つ。避難経路は把握しておこう!

 

2017年8月29日Jアラート作動

2017年8月29日

北関東から北海道にかけて、Jアラートが作動しました。

携帯電話には通知が行き、街にはサイレンが響き渡りました。

 

北朝鮮のミサイルは襟裳岬から東に1100キロほどのところに着弾しましたが、日本の上を通過したのは事実。

油断できない状況になっていることを示す事柄でした。

竹内ゴロー
危険は差し迫っている。できることは少ないけど、可能な限りのことをやろう。

 

ミサイル搭載化学兵器が日本に落下した場合の対策

竹内ゴロー
化学兵器対策も紹介するよ!

化学兵器が日本に落下した際の対応をまとめました。

  • 地下街に逃げている場合、情報が入るまでの間は地上に出ないようにする。
  • 頑丈な建物や地下街に逃げた後は、できる限り情報収集に努め、その場に留まる!

避難したら、情報収集!!これが大事です。

どのような弾頭の種類かは着弾後にしかわかりません。

どのような弾頭かによって、被害の大きさが異なってくるので、まずはしっかり情報を把握しましょう!

竹内ゴロー
地下に隠れて、情報把握!

 

専門的なミサイル対策はなし

政府が発表しているミサイル対策は基本的なもの。

自然災害が起こった時の対処とほぼ同等のものであり、現実問題、日本を狙って打たれたものに対しては、対処が難しいのが現状です。

迎撃システム等の防衛システムはありますが、一般市民ができる対策としては頭部を守ったり、近くに地下街がある場合に地下に隠れるといったものしかありません。

地下シェルターが設置されていない日本では、一般住民ができる対策は限られているのです。

竹内ゴロー
一般人ができるミサイル対策は少ない。でも、知っておくことで損はないはず!

 

弾道ミサイルの日本落下対策~まとめ~

竹内ゴロー
何があるかはわからない。備えあれば、憂いなし!!

備えあれば憂いなし。

天災や弾道ミサイル対策など、有事の際の備えは極めて重要です。

今回、日本政府も弾道ミサイル対策を発表しました。

いざと言う時のために、しっかり対策を練っておきましょう!!


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。