マヂカルラブリーに上沼恵美子激怒に見えたM-1グランプリ真の問題点。


今年はとろサーモンの優勝に終わったM-1グランプリ2017。

「とても楽しくいい大会に終わったなぁ!!」

とは言わせない!

今大会で振り返らなければいけないのはマヂカルラブリーに対して、上沼恵美子が説教した件。

テレビなので、ネタ込みで見なければならない説教ですが、事実審査員の点数は低め。

「なんで決勝に来た?」

そんな言葉まで言われてしまったマヂカルラブリーを通して、M-1グランプリを見つめ直します。

 

M-1グランプリ決勝に至るまでの問題点

マヂカルラブリーがなぜあれほど言われてしまったのか?

マヂカルラブリーに非はありません。(服を脱いだ件に関しては別件)

それには理由があります。

 

マヂカルラブリーの決勝ネタは勝負ネタ

M-1グランプリの決勝に辿り着くまでには数々の戦いを勝ち抜かなければなりません。

とても長く険しい道のりです。

そして、勝ち抜いた決勝の舞台。

「決勝になぜ来た?」

とまで言われてしまいましたが、あのネタを通したのは他ならぬ審査員。

予選の段階で、別のネタをしていて、決勝の舞台でいきなりミュージカルネタを持っていったならまだしも、ミュージカルネタは予選段階から披露しているもの。

Gyaoの動画でも公開されていました。

その動画を見てる方はわかると思いますが、ウケています。

決勝で披露したネタはマヂカルラブリーワールド全開でしたが、爪痕を残そうとしたわけでもなく、完全な勝負ネタだったのです。

 

勝負ネタで、決勝最下位

マヂカルラブリー渾身の勝負ネタといっていい野田ミュージカル。

そのネタで勝負して、成績が奮わなかった。

これをマヂカルラブリーの非と言えるのでしょうか?

  • M-1の予選を勝ち抜いてきたネタで決勝に臨んだ。
  • 4000組を超える出場者の中、ラスト9組に選ばれたネタで、決勝に臨んだ。

ただそれだけのことなのです。

 

決勝以外は開かれないM-1グランプリの審査

出場者が多いのも理由にありますが、準決勝までの審査は開かれて、行われることはありません。

明かされるのは審査員の名前だけです。

そのような状況だと・・・

  • 審査員の協議の下、審査が行われるのか?
  • だとしたら、誰が一番立場が上で、年上は誰なのか?
  • 結局、誰の意見が優先されるのか?

そのあたりがうやむやです。

 

上沼恵美子説教は強烈な審査員批判

決勝に上げる芸人を決めるのは審査員。

芸人ではありません。

となると、「なぜ上げた?」ということになります。

ただ、一つ言いたいのは予選段階でマジカルラブリーのネタはウケていたということ。

ここにM-1の難しさが潜んでいます。

 

準決勝と決勝は全く別

準決勝と決勝は似て非なる全くの別物と思っています。

M-1グランプリ、キングオブコント、R-1グランプリといった賞レースを見ると、準決勝であれだけウケていたものが決勝で全くダメという例は多々あります。

会場の空気感や観客の収容人数、舞台セットの華やかさなど決勝と準決勝で、違うところが様々。

その様々な違いによって、笑いの量が相当変わってきます。

 

M-1グランプリの問題点〜準決勝までの審査を何とかせよ〜

M-1の三回戦ぐらいまでの審査は今のままでもいいでしょう。3回戦ぐらいまでは開催日数も連日にわたり、出場者の数が多すぎるため、なかなか質を高めることはできません。

しかし、準々決勝、最低でも準決勝からは審査の形を変えた方がいいでしょう。

  • 準決勝の審査を誰がやるのか?
  • どのようにやるのか?
  • 選出理由をしっかりと明確にする

など様々な改善の余地はいろいろとあるはずです。

準決勝からなら、出場者も限られてくるので、可能なはず。

準決勝の審査をもう少し開かれた形にしてもらいたいです。

 

M-1グランプリの問題点~まとめ~

決勝に上げるのは審査員であり、勝ち上がってきた芸人はその日ベストなネタをやっているだけです。

面白くなかった場合、いろいろと言われてしまうのは仕方がないですが、勝ち上がってきたことに対しては審査の方に問題あり。

準決勝の審査方法は改善し、人生を懸けた芸人のみさなんにとって、いいものになるように願っています。


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。