メイプル超合金M-12015の漫才「犬を飼いたい」ネタ台本書き起こし!!


今回はM-1グランプリ2015でメイプル超合金が行ったネタの台本です。

「犬を飼いたい」を台本にしました。

 

メイプル超合金M-12015漫才「犬を飼いたい」

安「どうも~」

カ「ジークジオン!」

安「メイプル超合金です。よろしくお願いします」

カ「あ~あ、恐縮です」

安「いやぁ、私ね、話したいことあるんですよ~」

カ「どうした?そこの平均体重底上げ担当大臣」

安「どんな役職だよ」

カ「就任おめでとうございます」

安「就いてねーよ。そんなの」

カ「ちょっと、話戻しますけど、食べ放題で元を取るには、もうレジの金抜くしかないね」

安「そんな話をするな。お前が言うと、危ねぇから辞めろ」

カ「怒られました。テヘペロでござんす」

安「いやいや、私ね、一人暮らしで寂しいんでね、犬でも飼いたいなと思ってるんですよ」

カ「ちょうどよかった。俺、長いこと犬飼ってるから、なんでも話聞くよ」

安「あ、そうなの?」

カ「意外と皆さん知らないんだけどね、犬を飼ってるっていうのをちゃんと自治体に届け出ると、まぁ例えば、新宿区だったら、毎月3240円が飼育代として支給されるんです」

安「へぇ~本当に?」

カ「これは区役所で働く友達から、ほんっとうに聞いた作り話」

安「嘘かい!ほんとっぽい嘘辞めろ!お前は」

カ「俺、コンビニ行くけど、なんかいる?」

安「いやいや。行くんじゃねぇって!トップバッターだから。きついって」

カ「おい!見ろよ!セットの裏、いっぱいお札貼ってあるぞ」

安「いや、嘘つくな!気持ち悪い嘘つくな!お前は」

カ「何の話だっけ?」

安「いやいや、犬飼いたいっていう話ですよ」

カ「犬の話か。しつけぇな。オイ」

安「しつこくねぇだろ。1回しか言ってねぇんだから」

カ「やっぱ、犬飼うなら、あれじゃないですかね?エサ」

安「うん。お前ん家餌何あげてんの?」

カ「うちはお湯の煮込み」

安「お湯じゃねぇか。ガリガリなるぞ」

カ「確かに」

安「確かにじゃねーよ」

カ「違う。食べさせちゃいけないものがある」

安「えっ?何?」

カ「例えばね、チョコレート、アボカド。あと、玉ねぎもダメだね」

安「えっ?なんでダメなの?」

カ「犬がおなか壊しちゃう」

安「そういうの聞きたかったわ」

カ「あ、そう?」

安「じゃあ、他にこれには気を付けた方がいいよっていうものある?」

カ「あぁ、西の芸人の方が芸歴にうるさい」

安「関係ねーだろ!」

カ「すぐにこうだから」

安「犬のことを聞いてるんだよ。こっちは」

カ「犬引っ張りますねぇ」

安「引っ張ってねぇよ」

カ「大切なのはあれだね。しつけ。芸を仕込んだ方がいいのよ」

安「あぁ!まぁ、お手・おすわりとかね。」

カ「違う違う。もっと、ちゃんとした芸を仕込んだ方がいいのよ」

安「ん?フリスビー投げて、キャッチさせる?」

カ「違うんだな。もっと、うちの犬みたいにスゴイ!って言われるような芸を仕込んだ方がいいのよ」

安「ふ~ん。じゃあ、お前んちの犬ができる一番すごいことって何?」

カ「あぁ、確定申告」

安「すげぇや!人間で手こづってんだぞ!あれ。なぁ」

カ「うちは税金関係は頭下げて、犬にやってもらってるから」

安「いやいや、飼い主が犬に頭下げて、恥ずかしくねぇのかよ」

カ「恥ずかしいなんて感情があったら、こんな格好で人前に立たない」

安「自覚はあんだな!お前は」

カ「ガキの頃見た街の変わり者にまさか自分がなるとはな」

安「お前なんで嬉しそうなんだよ」

カ「恐縮で~す」

安「恐縮で~すじゃねーよ。お前。なんだよ。この時間よ。お前に相談するんじゃなかったよ」

カ「まぁまぁまぁ・・・話の通じる相手じゃないんだから」

安「テメェが言うなよ!!」

カ「ごめんなさい。ちょっと話し戻しますけど、僕がまだ駆け出しのプリキュアだった頃はね」

安「そんな話はしてねぇって言ってんだろ!!お前!なぁ!なんだその嘘は!駆け出しのプリキュアって」

(カズレーザー無視を払う動き)

安「なになに?」

カ「ここWi-Fi飛んでんな」

安「見えんのかい!気持ち悪ぃよ!おめぇは」

カ「局の電波が強いんです。やっぱり。目にしみる」

安「曲の電波が強いとかしみるじゃねぇんだよ!お前は!なんの話してんだよ!お前は!」

カ「そんな怒ることはないんじゃないか?」

安「怒んだろうーが」

カ「なんだその態度は?喧嘩か?」

安「上等だ。やってやろーか。お前」

カ「ほぉ、面白ろい。お前1人で果たして、これだけの人数を相手に」

安「お前とやろうとしてんだよ!」

カ「どうなのかな?」

安「こっちは」

カ「まじムカつくなぁ。顔覚えたからな」

安「今覚えたんかい!相方なのに」

カ「会う機会があれば」

安「お前なぁ!そんなテキトーなことやってるとなぁ、一生売れねぇぞ!」

カ「なんだ?こいつ!ボケそうだぞ?」

安「どんな無茶ぶり。どんな無茶ぶりしてんだよ」

カ「ちょうどいい」

安「ちょうどいいもねぇだろ!そんなフリで!こんなメチャクチャにして!どう思ってんだ!」

カ「手ごたえあり!」

安「もう嫌~~」

安・カ「はい。ブパパブパパブパパ~」

カ「というやつなんですけどね。これはトップからさんぴさんぴ・・さん・・・現場からは以上です」

安「どうも、ありがとうございました」


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。