モーニング娘。の天才佐藤優樹の心に残る名言集!


竹内ゴロー
今回はヲタ全開で、人生を考える!竹内ゴローです。

さてさて、今回は考えされられる名言の話。

しかも、人生経験豊富な方々の名言ではなく、アイドルの名言。

 

モーニング娘。佐藤優樹の名言は他の追随を許さない。

10代にして、哲学的な考えを持つ天才佐藤優樹。

彼女の名言をまとめました。

竹内ゴロー
若き天才佐藤優樹のお言葉を紹介しよう!

 

モーニング娘。の天才佐藤優樹の人生哲学名言集

幸せは天ぷらそばのように流れてくる

天ぷらそばのように流れてくる。

天才佐藤優樹が残す有名な名言の一つだ。

意味としては、店で天ぷらそばを注文をするように、自分から幸せを注文しなければならないならないという意味とのこと。

この言葉を考えてみると、天ぷらそばでなく、ラーメンや牛丼でも、意味的には通じそうではある。

 

しかし、天ぷらそばという言葉が醸し出す空気感が絶妙で、それがインパクトとなり、名言と化している。

佐藤優樹の後輩にあたる12期メンバーも、かなりこの言葉が印象に残っているらしく、番組の企画でも印象に残った言葉として、この言葉を挙げている。

ちなみに、私は天ぷらをそばを食券で注文した際、おつりを取り忘れたというエピソードがある。

竹内ゴロー
名言と化しているこの言葉。心に残る言葉とは相手が予期できない意外性も重要なのだ。

 

好きな木は何ですか?

佐藤優樹が先輩にぶつけていたこの質問。

「どんな質問なんだよwww」

と思う方がいるだろうが、それは甘い。

 

この質問は我々一般庶民の鈍感さを気付かせてくれる至極の質問なのだ。

我々は1日木を1本も見ない日などない。

なのに、我々は木のことを語ることができない。

 

身近にあるもの大切さを教えてくれる質問。

それが「好きな木は何ですか?」なのだ。

この質問は佐藤優樹がモーニング娘。加入初期から話題になっていた質問であり、佐藤優樹の天才伝説はこの質問から始まったと言っても過言ではない。

佐藤優樹伝説にこの質問を欠かすことはできない。

竹内ゴロー
「好きな木は何ですか?」に答えられない人は周りの景色に目を配っていないかも!?

 

自分のビジョンがなくなった時が私の卒業

卒業に関して、ラジオで語った時の名言。

10代にして、自分のビジョンをしっかり持っている素晴らしさが伺える発言だ。

私と比べて非常に大人だ。

なぜなら、私が仕事を辞める時は「嫌になった時」だからだ。

ビジョンがあろうとなかろうと嫌なら辞めるし、嫌じゃなければやめない。極めて単純な動機で動いている。

竹内ゴロー
考え方が子どものようで、大人なのだ。実に深い。深すぎる。

 

世間の人がぎっくり腰になるぐらい「モーニング娘。」を広めたい

「世間の人達にモーニング娘。を広めたい」

これが普通なはずだが、ここにスパイスを加えてくるのがモーニング娘。佐藤優樹。

ぎっくり腰になるぐらいという一言を加えることによって、非常に印象深い言葉へと変化させている。

 

たった一言、一句人とは違う。

それが天才たる所以なのだろう。

普通の人とは少し違う表現にファンは魅了されるのだ。

 

笑いながら鍵を開ける

2015年のグループの抱負をラジオで聞かれた時に、答えた言葉が「笑いながら鍵を開ける」

この言葉を言った瞬間、メンバーに笑われてしまったこの発言ですが、この発言には深い意味が・・・

この言葉の真の意味は・・・

  • 「家の鍵を笑顔で開けるように、メンバーの心の鍵を笑顔で開けたい。」
  • 「モーニング娘。全員が家にいるような感じで、楽チンな状態にしてあげたい」
  • 「アットホームな状態にしたい」

という意図が隠されていた。

10代にして、深い佐藤優樹であった。

 

緊張がポクポクしてきた

佐藤優樹は「ものすごく緊張してきた」とかそんなありきたりの言葉は言わない。

独自の感覚を持ち、その独自の感覚をそのまま表現するのが佐藤優樹という人間。

ありきたりな言葉を使わないことによって、人々の印象に残る言葉を次々と編み出していく。それは才能と言わざるを得ない。

 

自分の感覚をそのまま人に伝える佐藤優樹は野球界のレジェンドミスター長嶋茂雄氏に通ずる部分があると思うのは私だけだろうか?

天才の感覚は天才にしかわからない。それを感じさせてくれる言葉である。

竹内ゴロー
普通の言葉に独特な言葉を1つ加えるだけで、彩り豊かな名言となる。その感覚が優れているのが佐藤優樹という人間だ。

番外編・青森県と新潟県を間違える

全国握手会の抽選会の時のこと。

佐藤優樹は新潟県と青森県を間違えるというミスを犯している。

それだけなら、ただのおバカエピソードになってしまうのだが、彼女の場合は間違えるタイミング、間合いを全てきっちり合わせてきている。

トークでもそうだ。

突拍子のないことをいきなりいい、相手を困惑させるが、言葉を発するタイミング・トーン・間合いが全くぶれない。

言っていることはめちゃくちゃな時もあるが、相手を一瞬で笑わせるところに自らの言葉を落とし込むことができる。それ故、会場を一瞬で湧かせるのだ。

かつて島田紳助氏が歌に音程があるように、喋りにも音があると言った。

佐藤優樹は奇想天外な言葉を発しながらも、言葉の音はピタッと合わせてくる。まさに天才なのだ。

 

他者が証言するモーニング娘。の天才佐藤優樹

ここからは他のメンバーが証言する佐藤優樹を紹介しよう。

証言①

ライブの時に急に音が止まるというハプニングに見舞われたモーニング娘。

メンバーは恐怖のあまり、慌ててしまっていたらしい。

 

だが、天才佐藤優樹は違った。

 

音が鳴りやんでも、淡々と佐藤優樹は踊りを踊り続けたらしい。

人には左右されない強さなのか、彼女の脳内には音楽が流れ続けていたのか、はたまた何も考えていないだけなのか?

その答えは佐藤優樹の中にしかないが、このような佐藤優樹の行動を道重さゆみは「冷静と興奮が人と違う」と評している。

 

証言②

佐藤優樹は作曲家としての一面を持つ。

後輩メンバーにリズムを教えるために曲を作ったことが有名。

音楽に関する才能が満ち溢れすぎている佐藤優樹。

天才は若くして、曲まで作ってしまうのだ。

 

モーニング娘。の天才佐藤優樹名言集~まとめ~

何気なく毎日を過ごしてしまいがち。

でも、普段をしっかり振り返れば様々なことがある。

そんなことに気付かせてくれるモーニング娘。佐藤優樹の名言だ。

 

これらの記事も是非!!!!

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。