モーニング娘。1期生の歴史。ASAYAN〜現在までの歩みまとめ

スポンサーリンク

1997年9月14日。

ASAYANという番組内で、「モーニング娘。」と命名された新たなアイドルグループが誕生した。

当時、私は8歳。

モーニング娘。のファンだったわけではないが、結成の瞬間は今でも鮮明に覚えている。

今回はモーニング娘。1期生の歩みを私の記憶を交えながら、まとめていく。

 

スポンサーリンク

なぜモーニング娘。の結成時を私が覚えているのか?

年齢を計算すると、モーニング娘。結成時の私の年齢は8歳。

でも、結成の瞬間を明確に覚えている。

新ユニット名「モーニング娘。」と発表された時のスタジオの微妙な空気。

今もその時の映像が残っているが、「モーニング娘。」という名前に若干お客さんは引いていた。いや、若干どころではなく、完全に引いていたのかもしれない。そんな空気だった。

もちろん、ナインティナインの矢部さんが「(モーニング娘。の「。」は)いります!」と言った瞬間も覚えている。

 

ではなぜ、その瞬間を小学生だった自分が覚えているのかと言うと、ナインティナインの大ファンだったからだ。

当時はナインティナインの番組を深夜帯の番組以外は全てチェックしていて、ゴチになりますの第一回放送の記憶なんかも残っていたりする。

そんなナインティナインの記憶の中の一つにASAYANがあり、その中の一つにモーニング娘。があった。

 

モーニングコーヒーでメジャーデビュー

モーニング娘。結成後も毎週のように、ASAYANではモーニング娘。のことが放送されていた。

毎週放送されているので、モーニング娘。はそこそこの注目を集めるようになっていた。

そして、1998年1月28日にモーニングコーヒーでデビューを果たし、世間にも認知されるようになっていった。

 

モーニング娘。まさかの2期メンバー加入

ようやくデビューを果たして、これから活動の幅を広げていくかという矢先にまさかの事態が起こる。

なんとモーニング娘。2期生が加入するというのだ。

この頃のASAYANの殺伐とした感じはなかなか印象的だ。

ASAYANがバラエティー番組なのかが今でもよくわからないのだが、バラエティー番組なんだとしたら、その範囲を超えた殺伐さだった記憶がある。

そんな中で2期メンバーが加入し、モーニング娘。新体制が出来上がった。

 

モーニング娘。1期生福田明日香卒業(1999年4月)

モーニング娘。最初の卒業者は福田明日香だった。

1999年1月に突如脱退を表明。

ASAYANでも激震という表現が使われていた記憶がある(当時のASAYANでは激震・衝撃・怒涛なる単語がよく使われてはいた)。

それから3ヶ月後の4月18日に福田明日香は卒業した。

 

モーニング娘。vs鈴木あみ

当時のASAYANの目玉はモーニング娘。だけではなかった。

1998年2月、小室哲哉プロデュースでのデビューが決まった鈴木あみも、ASAYAN出身者として注目を集めていた。

そして、デビューから順調に人気を拡大し、遂にモーニング娘。とシングルを同日発売することになった。

 

モーニング娘。「ふるさと」vs鈴木あみ「BE TOGETER」

 

結果は鈴木あみの圧勝だった。

モーニング娘。のふるさとは6位で、鈴木あみのBE TOGETHERはオリコン1位。

モーニング娘。は惨敗だった。

この模様もASAYANでは放送されていて、モーニング娘。もピンチ感がビシビシ伝わってきた。

一方の鈴木あみはこの頃絶頂期を迎えていた。

 

モーニング娘。3期生後藤真希加入〜LOVEマシーン発売

モーニング娘。3期オーディションは開催され、後藤真希がモーニング娘。に加入した。

当初このオーデションでは2人取るつもりだったとのことだが、後藤真希が図抜けていたため一人加入になったという逸話を持つ。

そして、モーニング娘。に加入した後藤真希。

そこで見せた「13歳という年齢×金髪姿」にASAYAN視聴者は度肝抜かれたことだろう。

その後藤真希が加入した直後に発売した「LOVEマシーン」が大ブレーク!

モーニング娘。は国民的アイドルになっていった。

 

モーニング娘。1期生石黒彩卒業

大ブレークを果たしたモーニング娘。だったが、その直後に激震が走る。

石黒彩の卒業だ。

2000年1月7日のコンサートによって、モーニング娘。を卒業し、モーニング娘。の1期生は結成当初の5人から3人になった。

 

4期メンバー加入〜初代リーダー中澤裕子卒業

2000年は4期メンバーが加入し、2期メンバーの市井紗耶香が卒業。

変わらず根強い人気を維持していた。

そして、モーニング娘。1期生に大きな動きがあったのは2001年。

モーニング娘。初代リーダー中澤裕子が4月15日に卒業し、同時に飯田圭織が2代目リーダーに就任した。

この頃になると、ASAYANでもそれほど取り上げられることがなくなってきて、モーニング娘。の冠番組で、その内情を知ることができるようになっていた。

 

安倍なつみ卒業(2004年)

モーニング娘。1期生の歴史なので、5期メンバー加入や6期メンバー加入はまたの機会にさせて頂きたい。

1期生の括りで、大きな動きがあったのが2004年。

1月25日で、モーニング娘。1期生安倍なつみが卒業。

これによって、残る1期生はついに1人となった。

 

モーニング娘。最後の1期生飯田圭織卒業(2005年)

2005年の1月30日にモーニング娘。最後の一期生飯田圭織が卒業した。

これによって、モーニング娘。の1期生は全て卒業したことになり、モーニング娘。の歴史に一つ区切りがついた形に。

モーニング娘。1期生の現役時代はここでピリオドが打たれた。

 

モーニング娘。1期生の現在(2018年)

モーニング娘。1期生の現役時代は2005年でお笑いを迎えた。

しかし、デビュー20周年を迎え、また1期生5人が動き始めた。

 

20周年で1期生集合

2017年モーニング娘。結成20周年を記念して、FNS歌謡祭で「愛の種」を披露。

1期生5人が集合するのは18年半ぶりのことで、かなり久々の5人での姿だった。

そして、2018年1月28日のハロコン(ハロー!プロジェクトのコンサート)では1期生5人がサプライズで出演。

今後も1期生集合の機会があり、20周年を祝した活動が期待されている。

 

モーニング娘。1期生の歴史〜まとめ〜

モーニング娘。1期生が在籍したのは1997年〜2005年の8年間。

5人が揃っていた期間は1999年4月までの2年にも満たない期間だ。

結成20周年を迎えた今年、5人で出演する機会も増え、これからどのような活動をするのか目が離せない!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。