給料安すぎ!生活できない!そんなあなたが今やるべき3つのこと

給料安すぎ 生活できない
スポンサーリンク

「給料が安すぎて、生活ができない!」

給料が全然上がらず、生活が全くできないと悩んでいませんか?

お金がない状態が続くと、将来への不安が出てきてしまったりして大変ですよね。

でも、その生活を脱出する手段はあります!

この記事には具体的にお金を増やす方法をまとめました。

ここに書いてある方法を実践すれば、今すぐにお金を作り始めることができます。

生活をいち早く変えるためにも、今やり始めて、人生を変えましょう!

【給料が安すぎる場合にやるべきこと】

  • 副業ができない会社なら、転職する
  • 副業可能な会社なら、副業でお金を稼ぐ
  • 可能な限りの節約を行う

この記事ではこの3つについて、徹底的に解説していきます。

 

スポンサーリンク

給料が安すぎる状況は若いうちに変えていくべき!

給料が安すぎる状況はなかなか変えることができません。

今の会社で働き続けている場合、給料は上がらないと考えていいでしょう。

竹内ゴロー
今の時代は給料がなかなか上がらない!

そういう時は今の状況を変えるしかありません。

いろんな選択肢がありますが、転職するにも、他のお金稼ぎ方をするにも早く行動を起こすに越したことはありません。

給料が安すぎて、生活できない場合は早く行動を起こしましょう!

 

生活できない場合は転職を検討する

給料が安すぎるのに加え、副業ができない会社は正直いる意味がありません。

副業ができるのであればまだ救いがあります。

ただ、副業ができず、副収入を得られない状況なのであれば、職を変えるしか給料を上げる方法はありません。

もともとの給料が高い会社か副業ができる会社に転職しましょう。

リクルートエージェントリクナビNEXTなどの転職サイトから、会社を探していきますが、副業ができるかどうかは大きな要素。

生活が苦しい場合はまずお金を優先して、職を探しましょう。

竹内ゴロー
今の会社で副業ができない場合は給料を上げる手段なし。職を探すしかない。

 

副業ができる会社なら、今この瞬間から挑戦すべし!

副業ができる会社に属している場合は今この瞬間に挑戦するしかありません。

当たり前ですが、早く挑戦した方が早く結果が出ます。

「給料安すぎっ!!」

と嘆く時間は少しでも短い方がいいですよね?

では、一体どのような方法で稼ぐことができるのか??

家でできる副業について紹介します。

 

会社以外で収入を上げる具体的方法

では、会社で働く以外にお金を稼ぐ方法は何なのか?

具体的な方法をここからは紹介していきます。

 

副業では労働収入と不労所得両方を追え!

副業では「労働収入」「不労所得」の両方を追いましょう。

その理由は

  • 労働収入だけでは作業量が限界に達して、身がもたない
  • 不労所得を最終的には目指すが、不労所得を作るには時間が掛かる
  • 直近の収入と将来的な収入を考えた時に、2つの収入を追うのがベスト

将来的には不労所得を目指したいところですが、不労所得をゲットするには1年・2年・またはそれ以上の時間が掛かってしまいます。

それだと直近の生活をよくすることができませんので、最初は労働収入と不労所得の両方を追うのがオススメ!

労働収入で直近のお金を稼ぎながら、不労所得を得る準備を行い、徐々に不労所得にシフトしていきましょう!

竹内ゴロー
労働収入をまずは中心にして、徐々に不労所得にシフトしていくと楽!

 

まずやるべき副業(労働収入)

まずやるべき副業は労働収入になるものです。

お金がない場合は直近のお金を稼がないといけないので、まずはそこに取り組みましょう。

具体的には・・・

【家でできる仕事】

【単発的に稼げる】

クラウドワークスを使って在宅の仕事をしていくのが最も一般的です。

なので、そこでの仕事を中心に単発的に稼げるポイントサイトや治験をやっていくのがオススメ。

ポイントサイトもしっかりやれば、月1万円以上の収入になりますし、治験の場合は一気に数万円〜十数万円稼げます。

これらの方法に関して、詳しくは以下の記事にもまとめてますので、あわせてご覧ください

 

不労所得の種もまき始める

最初は労働収入が中心と言いましたが、不労所得を作るための作業も着々と進めなければなりません。

不労所得になる収入は

  • ブログ・サイト運営
  • 不動産収入
  • 投資

などが挙げられますが、「給料安すぎっ!」という方が不動産収入はできないですし、投資もなかなかできないと思います。

なので、ブログ運営が一番オススメ。

  • 初期費用も1万5000円前後あればできるので、やりやすさも抜群。
  • ブログの場合はアクセス数が集まりさえすれば、収入になる。
  • アクセス数を生み出すブログを作ることができれば、最低限の作業で収入を生み出し続けられる。
  • そうすると、他の作業の時間を使える。

これだけのメリットがブログにはあります。

将来的にブログで稼ぐメリットはめちゃくちゃあるので、是非ブログでの不労所得にチャレンジしてみてください!

 

今から1時間でできる副業の土台作り

ここまでに挙げた方法を実践するために、効率のいいやり方を紹介します。

  1. クラウドワークスに登録する
  2. ポイントサイト(モッピーマクロミルリサーチパネル)登録
  3. 治験サイト(VOBJCVN治験ボランティア)登録
  4. ブログを開設する(ブログ開設方法

サイトへの登録作業なら、全部やっても1時間ぐらいで終わります。

なので、ここにあるサイトはまず登録して、あとはブログ開設です。

 

ブログを開設はじっくり確実に

一気にサイトに登録したら、不労所得への種をまく必要があります。

そのための手段として、ブログはものすごく有効です。

完全な不労所得ではありませんが、私が運営してる野球ブログは3ヶ月ほど更新してませんが、月間5万PV前後はずっと維持しています。

なので、収益も安定しているんです。

  • 初期費用が1万5000円前後でよく、不労所得を得るための手段としては手軽
  • パソコンさえあれば、いつでもどこでも作業できる
  • ブログが成長すれば、ある程度放置できる

このようなメリットがブログにはあります。

ブログは家でできる収益手段としてはかなり魅力的なので、収入を上げるために是非チャレンジしてください!

先ほども載せましたが、以下の記事にブログの解説をしていますので、この手順をもとに、ブログを開設してみてください。

 

給料が安すぎる場合は本でも副業の勉強を!

お金が欲しいという場合は本でも勉強も欠かせません。

在宅でできるいろんな仕事が載っていたりして、参考になるものがたくさんあります。

「本を買うお金がないんだって・・・」

という方は初回30日無料で利用できるkindle unlimitedがあります。

電子書籍が読み放題のサイトなんですが、この無料期間を有効に使いましょう。

無料期間が終わると、月額980円になります。

 

生活できないを打破する節約の技術

お金がない場合には節約も大切です。

日々の買い物を制限するなどの方法は取り組んでいるかもしれませんが、ここでは固定費の節約を取り上げます。

固定費の節約はものすごく大事です。

毎月の支出を抑えて、生活を楽にしましょう。

 

固定費の見直し方法

具体的に考えられる手段は・・・

これらの支出の見直しは大きな節約効果があります。

それぞれを見直していくことで、家計はだいぶ楽になっていくので、一度時間を取って、固定費の見直しを行ってみてください!

 

お金が増えてきたら、投資にもお金を使う

お金が増えてきたら、投資にもお金を使って、さらに資産を増やすのも手です。

投資なので、プラスとマイナスがありますが、リスクの少ないコツコツ型の投資は魅力的。

2017年に流行ったからといって、仮想通貨とかに手を出していると、とんでもないことになってしまう可能性がありますが(リスクは大きめ)、

毎月定額を積み立てて投資するものはリスクが小さく、コツコツ要素が大きいです。

私がやっているのは以下の投資です。

ウェルスナビは10万円からになりますが、THEOクラウドバンクは1万円から行うことができます。

お金に余裕ができたら、始めてみてください!

 

まとめ:給料安すぎ!今やるべきことは?

給料が安すぎて、生活ができない。

そんな時にやっておきたいことは・・・

【今やっておきたい3つのこと】

そして、具体的な副業は

【副収入一覧】

  1. クラウドワークスに登録する(在宅ワーク)
  2. ポイントサイト(モッピーマクロミルリサーチパネル)登録
  3. 治験サイト(VOBJCVN治験ボランティア)登録
  4. ブログを開設する(ブログ開設方法

【固定費を見直す節約方法】

そして、大事なのは今この瞬間に始めることです。

早めにお金を作るためには早く始めることに限ります。

1日で成果が出るわけではありませんので、早く始めて早く成果を出して、生活を変えましょう!


給料安すぎ 生活できない

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。