お笑い養成所一覧と学費比較!芸人の養成所は一体何をするのか?


養成所は芸人になるための登竜門! 竹内ゴローです。

今回はお笑いの中でも、お笑い養成所の話。 今やほとんどの芸人が養成所出身で、お笑い芸人を目指すには養成所を避けては通れません。

そこで、今回はお笑い養成所を特集!

どんな養成所があるのか?学費はいくらぐらいかかるのか?などの比較をしていきたいと思います。

 

過去のM-1グランプリやお笑い動画をネットで見るなら!

 

お笑い養成所一覧と学費・入学者を比較

お笑い養成所があるのは東京と大阪です。 まずは東京のお笑い養成所を見ていきます。

 

NSC(吉本総合芸能学院)

よしもとが運営している養成所がNSCです。

テレビなどでもその存在が紹介されることが多くなり、多くの人にもその存在が知れ渡ってきています。

毎年、東京・大阪あわせて1000人程が入学してくるといわれる1番規模が大きい事務所で、ここから多くのスターが生まれています。 東京・大阪・福岡・沖縄とあり、養成所の数も増えてきています。

 

NSCの学費

NSCの学費は

  • 東京校・大阪校 43万2000円+5000円(傷害保険料)=43万7000円
  • 福岡校・沖縄校 35万円

となっています。

この金額がお笑い養成所の基準金額となってきます。

 

ワタナベコメディースクール

ワタナベエンターテイメントが運営している養成所。 ここからも多くの芸人が出ています。

入学者数はよしもとほどではありませんが、大きい事務所であることには間違いありません。 厚切りジェイソン、ハライチ等がここの養成所の出身です。

入学は4月と10月で、申し込み期間はその前年から行われています。

2018年4月生の場合は2017年の4月から申し込みがスタートしており、申し込み期間はかなり長いです、コースも多岐にわたるので、人気の養成所のうちの一つです。

 

学費

コースによって、学費が異なります。

  • 週4回コース:129万円
  • 週3回コース:69万9000円
  • 週1回コース:59万円

1クラスにだいたい数十名が限度の定員があり、金額はNSCよりも高めです。

 

スクールJCA

人力舎が運営している養成所。 ここからも多くの芸人を輩出しています。アンタッチャブルやアンジャッシュ等がこの養成所の出身者です。

資料請求や個別学校説明会などの案内もありますので、詳しくは上記養成所リンクから、進んで詳細を見てみてください。

入学のためのオーディションは毎年4月頃に行われます。どの養成所も4月、5月頃からオーディションがスタートするので、その時期に合わせて、

 

学費

入学金は60万円となっています。

 

松竹芸能タレントスクール

松竹芸能が運営する養成所 養成所の歴史は長く、ますだおかだ、TKO等がこの養成所の出身者です。

東京と大阪にスクールがあり、お笑いタレントコースは東京・大阪。女性タレントコース、子役コース、女優・俳優コースは大阪のみにあります。

スクールについては随時変更があるので、上記のリンクかた、詳しい内容をみて見てください!

 

学費

東京・大阪ともに35万円となっています。

 

ホリプロ笑売塾

ホリプロが運営している養成所。 ホリプロのお笑い部門・ホリプロコムという事務所があり、バナナマン、磁石などが所属。

毎年4月〜3月の1年間かけて、授業が行われ、トーク力向上や即興ネタ、合同コント、トークの練習など、様々なレッスンが行わレます。

 

学費

週2回:40万円

 

太田プロエンターテイメント学院

太田プロが運営しているお笑い養成所です。 ダチョウ倶楽部さんや土田晃之さんなどが代表的な芸人で、こちらも大手の事務所です。

芸人コース・俳優コース・女性タレントコース・放送作家コースがあり、芸人コースと女性タレントコースは東京・名古屋・福岡・札幌。俳優コースと放送作家コースは東京のみにあります。

芸人コース東京校は毎年60人ほど募集している模様です。

 

学費

学費の合計は年間34万円。 東京では週2回の授業、その他は週1回の授業予定となっています。

 

お笑い養成所では一体何をするのか?

お笑い養成所でやることは主にネタ見せです。

ネタを見せて、作家の方々にダメ出しを頂きながら、ネタの向上を目指していくのはどの養成所でも同じです。それに加え、トークの練習などが加わったりもしますが、ネタ見せが基本線です。

毎週ネタを作って、ネタを披露する。その繰り返しです。

その他、トークの練習やそ今日ネタの練習などもあるところはありますが、その点に関しては入学した養成所によります。入学募集要項をよく読んで、判断することをオススメします。

 

お笑い養成所一覧〜まとめ〜

お笑い養成所は数多くありますが、学費の安い順に並べ替えると・・・

  1. 太田プロ:34万円
  2. 松竹芸能:35万円
  3. ホリプロ:40万円
  4. NSC:43万7000円
  5. ワタナベ:59万円〜129万円

となっています。 しかし、安いとか高いで選ぶのではなく、しっかり授業回数や中身を精査して、お笑い養成所を選びましょう!

 

過去のM-1グランプリやお笑い動画をネットで見るなら!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。