9割が間違える!プレゼン・スピーチで使うネタの探し方!


竹内ゴロー
こんばんは!楽しくネタを考えましょう!竹内ゴロー(@freetergoro)です

 

「スピーチするんだけど、話すネタが足りないなぁ」

「プレゼンするんだけど、話の角度が広がらないなぁ」

「何も思いつかないなぁ・・」

 

こんな風に、ネタで悩んだ経験ありませんか?

ネタ探しとなると、お笑いをイメージしがちですが、一般社会にもネタ探しはあります。

  • プレゼンのネタを探す。
  • スピーチのネタを探す。

これらのネタ探しが上手くいけば、言うことなしですよね!!

竹内ゴロー
方法なんてあるの??

と思っておられる方が多いと思いますが、ネタ探しに方法は・・・

 

あります!!

 

というわけで、今回は「プレゼン・スピーチのネタの探し方」を紹介

  • 間違ったプレゼン・スピーチのネタの探し方
  • プレゼン・スピーチのネタを探す時に重要なこと。
  • プレゼン・スピーチに役立つ本

の順で、お話ししていきます。

 

正しいネタの探し方を学んで、いいネタを量産しましょう!

竹内ゴロー
ネタには探し方がある!コツを掴んで、ネタを量産しよう!

 

間違ったプレゼン・スピーチのネタの探し方

ネタを探す時に、ついついやってしまう間違ったやり方があります。

間違ったやり方でも、ある程度ネタは思いつきますが、何個かネタを考えていった時に、突如ネタが思い浮かばなくなります。

それを防ぐために、正しいネタの探し方を身につけましょう!

ネタの探し方にも間違いはある!間違ったネタの探し方を紹介します!

 

最初にネタを集めようとする

ネタを集めようとした時に、何かネタになるものはないかと考え、ネットで情報を集めたり、雑誌を読んで情報を集めたりすると思います。

よくする方法だと思いますが、それがいけません。

ネタ集めをしようとネタを集め出す前に、まずやらなければならないことがあります。

それをやらずに、ネタを集めていくと、収拾がつかなくなったり、ネタを量産する時に困ってしまったりしてしまいます。

では、そのやらなければならないこととは何なのか?

これから説明します。

竹内ゴロー
ネタ集めをする前に、やらないといけないことはこれから説明します!

 

自分の得意な型を最初に理解しない

最初にネタ集めをしようとするのが間違いだと言いました。

それがなぜダメなのかと言うと、自分の得意な「型」を理解していないからです。

まずは自分の得意な「」を理解してから、ネタ集めに奔走しなくてはならないのです。

 

では、「型」とは一体何なのでしょうか?

 

「型」とは簡単に言うと、自分の考え方の形のこと。

自分がどのような考え方をするのが得意で、どのような考え方をするのが苦手なのか。その自分の考え方のクセが考え方の「」です。

自分の考え方のクセ理解し、自分の思考の形を自分でわかっていないといいネタ探しはできません。

まずは自分が得意な考え方の「」を理解しましょう!

竹内ゴロー
まずは自分はどう考えることが多いのかを知ろう。ネタ集めはそれから。

 

机に座ってじっと考える

机に座ってじっと考えるのも、基本的にはやってはいけません。

2時間も3時間も時間が取れて、じっと考える時間がある場合は机に座って、考えてもいいですが、多くの人はそれほどの時間が取れないと思います。

なので、机に座って考えるのは止めましょう!

ネタは動きながら探すものです。

竹内ゴロー
机にじっと座って、考えごとをする時間は現代社会にはなかなかない。動きながら、考えるクセをつけよう!

 

案を書き出さない(メモらない)

これはよく言われることですが、思いついたものはすぐに書き留めましょう。

ノートに書くでも、スマホにメモるのでもなんでもいいので、とにかくメモを残しておくことが大切です。

小さな出来事でも、逃さずにメモを取っておきましょう!

それが後々のネタに役立ちます。

竹内ゴロー
プレゼン・スピーチに使えるネタはいつ思い浮かぶかわからない!忘れたら、もったいないので、すぐにメモっておこう!

 

プレゼン・スピーチで使うネタの探し方で重要なこと

 

ネタの探し方で重要なことをまとめました!

自分の考え方に沿ったインプットが最重要

ネタを探す時に大事なのはインプットです。

情報を仕入れることができなければ、ネタを作り出すことができません。情報を仕入れることはネタを探す上で、最重要になります。

しかし、先ほど書いたように、いきなりネタ探しをしてはいけません。

まずは「自分の得意とする考え方」を自分自身で研究して、その考えが生かせそうな素材を仕入ていく必要があります。

 

例えば、ポジティブな考え方の人であれば、その考え方が生かせそうな素材を集めます。

  • みんなが不安がっているものをポジティブに捉える方法(不景気、仕事)
  • 何もないところからポジティブを生み出す方法(毎日の通勤、ボーっとしてる時間)

等いろいろあります。

 

重要なのは自分が得意なポジティブが生かせる素材を重点的に集めることです。

反対にネガティブな人であれば、ネガティブな思考が生かせるネタ素材を重点的に集める。

大事なのは自分の個性にあわせて、ネタを集めていくことです。

竹内ゴロー
自分の考え方をよく理解すれば、その考え方に合わせて、ネタの集めするだけ!

 

人と話すこと。人を見ること

人と話すことはネタを集めるいい手段です。人との話を記憶して、ネタを探し出しましょう。

あと、人を見ることもいいネタ探しに繋がります。

人と話したり、人を見たりして、より多くのネタを集めていきましょう!

竹内ゴロー
人を観察したり、人と話したりするとプレゼン、スピーチのネタがどんどん集まる!

 

数を目標にすること

プレゼンやスピーチの素材を集める時はまず数を目標にしましょう!

  • 1日で、10個ネタを考える
  • 1週間で100個ネタを考える

なんでもいいので、とにかく数を目標にネタを考えましょう!

ある程度の数を集めれば、そこから精査して、質のいいネタを出していくことができます。反対に数がなければ、精査していくこともできません。

ネタはまず数を目標にしましょう!

竹内ゴロー
数があれば、そこから質はなんとかなる!ネタはボツの山で、OK

 

プレゼン・スピーチをする時に役立つ本

プレゼンやスピーチをする時やそれらのネタを探す時に役立つ本をピックアップしました。

これらの本を読めば、より濃密なプレゼンやスピーチをすることができるようになります。

プレゼン・スピーチ関連の本は多数ありますが、私が参考にさせて頂いているものを今回は厳選しました!

 

『その企画、もっと面白くできますよ』中尾孝年

広告業界の企画の立て方について、余すことなく書かれている書籍。

世に出回っている様々なCM事例をベースに、企画を考える時の頭の使い方を詳細に解説しています。

『マイクロソフト伝説マネジャーの世界No.1プレゼン術』澤円

プレゼンに特化した内容で、プレゼン前の準備段階から、プレゼンで何を話すべきこと、プレゼンで聴き手の心を掴む技術等、プレゼンの全てが詰まっている一冊。

すぐに実践できるレベルではないかもしれませんが、一流のプレゼンを行うにあたっては勉強になる一冊です。

 

『企画脳』秋元康

今やAKBプロデュースで、知らない人はいない秋元康さん。

企画を考える思考回路について、本書では述べられています。

一流の思考回路はどこが違うのか?

そこに気付かせてくれる一冊です。

 

『今まで誰も教えてくれなかった人前で話す極意』鴨頭嘉人

スピーチの極意をYoutubeでも学ぶことができるわかりやすい一冊。

話し方のコツ、心を掴むコツ・・・

スピーチに関することが全て詰まった超おススメの本です。

竹内ゴロー
動画でも学べるのがとてもいい!

 

『一流のネタ探し』竹内ゴロー

最後に、ネタ探しに特化した私の書籍を紹介します。

本書では、本記事に書いた内容に少し触れた上で、ネタ探しを4つの型に分類し、その1つ1つについて、詳細に解説しています。

自分の得意パターンを見つけ、ネタ探しのパターンを見つけ、効率よくネタを創り上げる。

スピーチ・プレゼン・企画等、アイデアを生み出す際に役立つように、本書を書き上げました。

電子書籍なので、通勤中でも手軽に読むことができます。

竹内ゴロー
本を使って勉強するのも、有効な方法。最近は動画でも、勉強できる!スゴイ!

 

プレゼン・スピーチに使うネタの探し方~まとめ~

プレゼン・スピーチをしようとすると、事前のリサーチから、本番どのように話すか・・・

いろいろと考えることが出てきます。

ネタが思いつかなかったり、どのようにプレゼンやスピーチを進めていっていいかわからない場合は、ここにある本やネタの探し方を参考にしてみてください!

いいプレゼン・スピーチができるように、ともに頑張りましょう!!

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です