R-1ぐらんぷり(グランプリ)歴代優勝者と過去の順位一覧


どうも、竹内ゴローです。

ピン芸人のトップを決めるR-1ぐらんぷり。

毎年プロ・アマ問わず、しのぎを削っているピン芸人の頂上決戦ですが、今回はR-1グランプリの歴代優勝者と順位をまとめました(第1回、第2回は順位なし)

R-1ぐらんぷり歴代優勝者はどんなピン芸人達なのでしょうか?

 

R-1ぐらんぷり歴代優勝者と過去の順位

R-1ぐらんぷりの過去を歴代優勝者と順位から振り返っていきます。

順位決定がなされていない大会は出場者のみをまとめました。

 

第1回R-1グランプリ優勝者(2002年)

優勝 だいたひかる

出場者

  • 浅越ゴエ
  • オール阪神
  • 桂三若
  • ケンドーコバヤシ
  • 笑福亭三喬
  • 陣内智則
  • 友近
  • 中田なおき
  • パペットマペット
  • 水玉れっぷう隊アキ
  • 南野やじ

記念すべき第1回R-1ぐらんぷり優勝者はだいたひかる。

ここからR-1ぐらんぷりの歴史が始まりました。

 

第2回R-1ぐらんぷり優勝者(2004年)

優勝 浅越ゴエ

出場者

  • ネゴシックス
  • あべこうじ
  • 陣内智則
  • 友近
  • ヒロシ
  • 南野やじ
  • ヤナギブソン

第2回R-1ぐらんぷりの優勝者は浅越ゴエ。

他の実力者達を抑えての優勝となりました。

 

第3回R-1グランプリの優勝者と順位(2005年)

優勝 ほっしゃん。
2位 井上マー
3位 あべこうじ
4位 友近
4位 ネゴシックス
6位 ヒロシ
7位 中山功太
8位 長洲小力

第3回R-1ぐらんぷりの優勝者はほっしゃん。

当時はネタ番組が多かったこともあり、一般的に名前が知られている芸人が並んでいる大会となりました。

 

第4回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2006年)

優勝 博多華丸
2位 あべこうじ
3位 浅越ゴエ
4位 バカリズム
5位 岸学
6位 友近
7位 中山功太
8位 キャプテン☆ボンバー

第4回の優勝者は博多華丸。

歴代優勝者の中でも、初めてコンビとして活動している芸人が優勝者となりました。

 

第5回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2007年)

優勝 なだぎ武
2位 徳井義実
3位 バカリズム
4位 土肥ポン太
5位 友近
6位 やまもとまさみ
7位 ウメ
8位 大輪教授

第5回の優勝者はなだぎ武。

今回が初優勝となりましたが、翌年R-1ぐらんぷり史上初の出来事が起こります。

第6回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2008年)

優勝 なだぎ武
2位 芋洗坂係長
3位 世界のナベアツ
4位 中山功太
5位 あべこうじ
6位 鳥居みゆき
7位 土肥ポン太
8位 COWCOW山田よし

R-1ぐらんぷりの歴代優勝者の中でも、2度頂点に立ったのはなだぎ武のみ。

史上初の2連覇を果たし、R-1ぐらんぷりどころか、M-1グランプリやキングオブコントでも成し遂げた者はいません。

 

第7回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2009年)

優勝 中山功太
2位 エハラマサヒロ
3位 バカリズム
3位 COWCOW山田與志
5位 あべこうじ
6位 サイクロンZ
7位 鬼頭真也
8位 鳥居みゆき
9位 岸学
10位 夙川アトム

第7回R-1ぐらんぷりの優勝者は中山功太。

中山功太は初の優勝となりました。

 

第8回R-1ぐらんぷり順位(2010年)

優勝 あべこうじ
2位 エハラマサヒロ
3位 なだぎ武
4位 川島明
5位 いとうあさこ
6位 Gたかし
7位 バカリズム
8位 我人翔太
9位 COWCOW山田與志

第8回R-1ぐらんぷりの優勝者はあべこうじ。

初めての優勝となり、R-1ぐらんぷりの歴史に名を刻みました。

 

第9回R-1グランプリの優勝者と順位(2011年)

優勝 佐久間一行
準優勝 AMEMIYA

ベスト4進出者

COWCOW山田與志
スリムクラブ真栄田

ベスト8

キャプテン渡辺
バッファロー吾郎木村
ヒューマン中村
ナオユキ

第9回R-1ぐらんぷりの優勝者は佐久間一行。

過去のR-1グランプリとは違う制度の下で、戦われましたが、勝ち抜いて見事な優勝を果たしました。

 

第10回R-1ぐらんぷり優勝者と順位(2012年)

【最終決戦進出者】

優勝 COWCOW多田
2位 スギちゃん
3位 徳井義実

【各ブロック2位】

ヒューマン中村
友近
サイクロンZ

【各ブロック3位】

AMEMIYA
いなだなおき
千鳥大悟
ヤナギブソン

【各ブロック4位】

野生爆弾川島
キャプテン渡辺

第10回の優勝はCOWCOW多田。

最終決戦を見事に一発ギャグで制しました。

 

第11回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2013年)

【最終ラウンド】

優勝 三浦マイルド
2位 アンドーひであき
3位 ヒューマン中村

【各ブロック2位】

田上よしえ
ヤナギブソン
スギちゃん

【各ブロック3位】

岸学
桂三度
キンタロー。
雷ジャクソン高本

【各ブロック4位】

プラスマイナス岩橋
三遊亭こうもり

第11回の優勝者は三浦マイルド。

独特なネタで、優勝を果たしました。

 

第12回R-1ぐらんぷり(2014年)

【最終ステージ】

優勝 やまもとまさみ
準優勝 馬と魚
3位 レイザーラモンRG

【各ブロック2位】

ヒューマン中村
中山女子短期大学
バイク川崎バイク

【各ブロック3位】

おぐ
スギちゃん
小森園ひろし

【各ブロック4位】

TAIGA
じゅんいちダビットソン
ミヤシタガク

第12回R-1優勝者はやまもとまさみ。

歴代優勝者に名を刻みましたが、現在は芸人の傍ら、クレープを売っているという噂も・・・

 

第13回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2015年)

【最終ステージ】

優勝 じゅんいちダビットソン
2位 マツモトクラブ
3位 ゆりあんレトリィバァ

【各ブロック2位】

とにかく明るい安村
やまもとまさみ
エハラマサヒロ

【各ブロック3位】

ヒューマン中村
COWCOW善し
厚切りジェイソン

【各ブロック4位】

アジアン馬場園
あばれる君
NONSTYLE石田

第13回の優勝者はじゅんいちダビットソン。

本田圭佑のモノマネで頂点を掴みました

 

第14回R-1ぐらんぷり優勝者と順位(2016年)

【最終ステージ】

優勝 ハリウッドザコシショウ
2位 小島よしお
3位 ゆりあんレトリィバァ

【各ブロック2位】

エハラマサヒロ
厚切りジェイソン
横澤夏子

【各ブロック3位】

とにかく明るい安村
マツモトクラブ
シャンプーハットこいで
おいでやす小田

【各ブロック4位】

ルシファー吉岡
サンシャイン池崎

第14回の優勝者はハリウッドザコシショウ。

強烈なキャラクターで、インパクトを残しました。

 

第15回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2017年)

【最終ステージ】

優勝 アキラ100%
2位 サンシャイン池崎
3位 石出奈々子

【各ブロック2位】

三浦マイルド
おいでやす小田
ゆりあんレトリィバァ

【各ブロック3位】

ルシファー吉岡
ブルゾンちえみ
横澤夏子

【各ブロック4位】

レイザーラモンRG
マツモトクラブ
紺野ぶるま

第16回の優勝者はアキラ100%。

裸芸が注目され、歴代優勝者の中でも、最も放送事故に近い芸で優勝を果たしました。

過去にはないヒヤヒヤ感で、現在もテレビ出演を果たしています。

 

第16回R-1ぐらんぷりの優勝者と順位(2018年)

優勝:濱田祐太郎

ゆりあんレトリィバァ
おぐ

Aブロック

ルシファー吉岡
カニササレアヤコ
おいでやす小田
おぐ

Bブロック

河邑ミク
チョコレート長田
ゆりあんレトリィバァ
霜降り明星せいや

Cブロック

濱田祐太郎
紺野ぶるま
霜降り明星粗品
マツモトクラブ

 

R-ぐらんぷり歴代優勝者と順位まとめ

R-1ぐらんぷりも10年以上の歴史が刻まれました。

今年はどのような戦いが繰り広げられ、どのような優勝者が誕生するのでしょうか?

R-1ぐらんぷりに今年も注目です!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です