一人暮らしの超節約術!月収9万で貯金を作った方法授けます!


こんにちは。元月収9万円男竹内ゴロー(@freetergoro)です。

 

突然ですが、みなさんは「節約」について考えたことはありますか?

お金の支出を減らしていくことは家計にとって、ものすごく大切!

収入と支出のバランスが取れないと、「いざお金を使いたい」という時に使えなかったり、突然の大きな支出に対応することができなくなってしまいます。

 

そして、もっとひどい例だと・・・

 

こんなことになってしまいます(極端)

みなさんはさすがにこんな生活ではないと思いますが、節約をしていくことは必要不可欠。家計を考える上で、絶対に必要なことです。

ということで、今回は竹内ゴローが「節約によって、食パン1枚の生活→貯金に至った方法」をお伝えします!

 

私の月収9万円時代の節約前の支出

 

月収9万円で、貯金を作るには当たり前ですが、支出を9万円以下にしなければなりません。キツイですが、それは可能です。月収9万円時代の毎月の支出です(光熱費を特に節約していない場合)

 

  • 年金保険料16000円
  • 水道代1500円
  • ガス代2000円
  • 電気代3500円
  • 家賃42000円
  • 携帯電話代7000円
  • NHK2000円
  • 国民健康保険3450円
  • J:COM9000円
  • 食費3550円

 

※ 1人暮らしを始める際に、J:COMに勢いで入ったために、食費が大変なことになりました(収入がここまで落ち込むとは想定してなかった)

 

さて、愚痴はさておき、上記の支出合計は86450円です。そして、食費3550円です。これでは1日に使える支出が100円。食パン生活に陥ることになりました。

J:COMの契約も違約金が発生してしまうので、そのまま。節約できる部分を節約しようと考えました。

 

まずは財布に入れる金額を決めた

 

節約で最も大事なのは「使う金額を最初に決める」ことです。なので、収入を得たら、1ヶ月使う金額を決めましょう。

私の場合、まず財布に入れる額を決めてしまいました。1ヶ月6000円程使えれば、1日200円は使える。そうすれば、カップラーメンぐらいは食べれるようになる。

そう考えて私は財布に入れる額を6000円と決め、残りは全て銀行口座にいれると決めました。

そうすると、節約しなければならない額は2450円。2450円を捻出するために、いろいろな節約に乗り出すことにしました。

 

 

節約で最も大事なのはシステム構築

 

節約で最も大事なのはシステム構築です。本当にこれが何よりも大事です。このシステムが構築できなければ、家計は破たんします。

では、どのようにシステムを構築するのでしょうか?私の場合を説明します。

 

私の月収9万円時代の節約システム

 

先程、財布に入れる金額について、触れましたが、それをいつするのか等、細かくルールを決めておく必要があります。

僕の場合、まず給料日に財布に入れる金額を決めました。支出にあわせて「月1万円財布に入れる」等のルールを明確に決めておくことが大事で、私の場合は1ヶ月6000円なので、6000円を財布に。

財布に入れるお金以外は全部銀行口座の中です。家賃が引き落とされる口座、各種料金が引き落とされる口座に全部お金を入れます。

そうすると、財布に6000円だけが入った状態になります。そうすることで、「今月は1日200円使えるな」と1日の支出が明確化されます。これが非常に重要です。頭の中に「1日200円」を刷り込むのです。

そうすることで、「カップラーメン×2なら、1日216円だから、アウト」という感覚が自然と身につきます。

この状態を作ってから、初めて光熱費節約です。

 

一人暮らしの光熱費節約

 

システムを作り上げたら、光熱費節約。電気代とガス代減らしていくことになります。では、光熱費を節約するにはどうしたらいいのか?

これからお話ししていきます。

 

クーラー節約は図書館に限る

 

光熱費がかかるのは夏場。夏場はクーラーをつけることが多いので、どうしても高くついてしまいます。なので、クーラーの利用を減らすために、夏場は図書館を有効活用しましょう。

図書館を活用することで、光熱費は必然的に下がっていきます。しかも、読書量が増えるので、一石二鳥。光熱費を節約しながら、知識が増えます。

私は図書館に行って、本を読んだり、ポイントサイトでコツコツポイントを貯めたりし始めました。その結果、知識も増え、ポイントは1ヶ月で3000円ぐらいにはなりました。

 

 

クーラーは使わず水風呂で凌げ!

 

と言うものの、家にいなければならないこともあります。クーラーは節約の敵。家で熱中症になってしまいそうなぐらい暑い場合は無理せずつけた方がいいですが、僕の経験上、できる限りクーラーをつけずに、まずは水風呂に入るべきです。

なぜ水風呂かと言うと、一人暮らしの場合、水道代はどれだけ使おうと、基本料金であることが多め。なので、ある程度水を使っても、水道代は変わらないのです。僕の場合、毎日湯船に水を入れまくろうが、トイレ掃除でトイレの水を流しまくろうが、水道代は基本料金のままでした。

 

なので、家に帰ったら、まずクーラーではなく、水風呂に入って、体を冷やしてから、部屋に戻る。そうすると、クーラーは使わなくなる。これだけでも、ずいぶん電気代の節約になります。

 

光熱費節約の結果

 

光熱費節約の結果

 

  • 電気代:3500→1000円
  • ガス代:2000円→1000円弱
  • ポイントサイト収入:+3000円

 

→5500円捻出

 

結果的に、光熱費節約+ポイントサイト収入ができたことによって。5500円を捻出できました。目標としていた2450円を大きく上回ったのです。つまり、その分が貯金生活です。

光熱費節約で。一番大きかったのは家に居なかったこと。家にいる時間を極限まで減らすことができれば、かなりの光熱費節約が見込めます。

 

その他の節約施策

 

5500円を捻出できたので、食パン以外のものを食べるようになりました。しかし、そこで、どんどんお金を使ってしまってはいけません。光熱費節約以外にも、支出を防ぐ方法があります。それらをここで紹介します

 

節約の秘訣:財布はスッキリ

 

先ほど、財布の中に1万円入れるとお話ししましたが、それ以外にも財布の中にはレシートやポイントカード等、いろんなものが入っています。それではいけません。できる限り財布の中身をスッキリさせましょう!

財布の中をできるだけ空に保っておくと、財布の中身がよく見えます。これが大事です!

僕は財布の中にいくらあるかを常に把握しています。その理由は財布の中がスッキリしているから。財布の中がすっきりしていると、会計の時にお金がしっかりと目に入ります。

すると、覚えようとしなくても、財布の中の金額を大まかに把握することができるのです。財布の中身を把握すれば、あと何円使えるかが常に意識できるようになります。

 

「財布の見える化」

 

これを大事にしましょう。

 

年金・公共料金も支払い方法によって節約できる

 

年金保険料や公共料金も節約が可能です。支払方法の変更によって、支出を減らすことができます。

私は年金や公共料金の支払い方による節約も行いました。いろいろな制度があるので、詳しくは↓↓

お金、搾取されてるよ!税金・公共料金・年金の支出を減らす簡単節約術

 

料金の支払い方法を吟味していない方は是非一度吟味することをお勧めします!

 

・一人暮らしの節約まとめ

 

小さい工夫が大きな成果を生むのが節約です。

自分がどのような時にお金を使うのかという癖を分析し、お金を使わないように工夫していきましょう。節約を怠ると、大変なことが起こりかねません。

私が経験した「食パンを食べて、生き延びる生活」を経験しなくていいように、みなさん節約を大事にしましょう!

 

※ 節約もいいですが、収入を増やす施策も必要です。収入を増やした話は↓↓

治験アルバイトを恐れるな!1回は体験すべき治験の全てを公開する!!

電子書籍出版から収益への道!Amazon Kindleでの活動を全部公開してみた!


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。