短距離走を劇的に速く走る方法!100m走は簡単に速くなる!!


どうも、不安や悩みを吹き飛ばすテキトー男で、元学年1位の俊足だった竹内ゴローです。

小中学生
足が速くなって、体育祭とかで活躍したい!!
父親たち
今度父親参加の競技に出る!!そこで、恥はかきたくない!!!

 

50メートル走、100メートル走等の短距離を速く走って、1位になりたい!!!

そんな願望は誰しも持っているものですよね。

「1位になったら、どんだけ気持ちいいだろう」と徒競走で、1位になったことがない人は思っているはずです!

1位未経験者
でも、どうせ1位なんて、夢のまた夢だろうなぁ・・・

 

なんて思ってる方!

ご安心ください!!!

 

私が短距離走を早く走る方法をお教えいたしましょう!!!

 

と言うのも私、自慢するわけではありませんが、中学の時の100m走で、1位以外になったことがありません!!!

全て1位だったのです。

でも、小学校の時の徒競走は2位にもなれない男でした。

そんな私が中学に入り、友達に流されるがまま陸上部に入った結果、短距離走を速く走ることができるようになりました。

その時に実践した短距離走を速く走るコツやトレーニングを紹介します!

竹内ゴロー
コツを掴めば、速く走れる。トレーニングをするにも、コツがある。
私は中学1年入学時50m8.29秒でした。中学では陸上部に入り、2学期には50mが6.4秒になっていました。その経験から、短距離走タイムアップのコツをお伝えします。

 

短距離走を速く走る方法~腕の振り方~

走る時の腕の振り方は非常に重要です。

みなさんも腕の振り方1つで・・・

  • あいつ運動できなさそうだな
  • 足が遅そうだな

等と思ったことはありませんか?

かっこ悪い腕の振りは見た目が悪いだけでなく、走るスピードに直結します。腕をちゃんと振らなければ、足は速くならないのです!

では、正しい腕の振り方とはどんな腕の振り方なんでしょうか??

 

正しい腕の振り方

腕の振り方のポイントは・・・

「腕を90度に曲げて、それを維持すること」

です。

走る時に腕が伸びてしまうのが最悪。特に、腕を体の後方にもっていく時は注意が必要!!腕が伸びがちになるので、鏡などを見ながら、腕の角度を90度に保てているか確認しましょう。

肘を曲げて、常に90度を保とう!

 

あとは力を抜いて大きく振る

腕を90度に保てれば、あとは肩の力を抜いて、大きく腕を振るだけです。

感覚としては、腕を大きく振ることによって、足が勝手に前に出てしまうぐらいの感覚がいいです。肘をしっかり曲げて、大きく振れば、腰が動き、足が勝手に前に出てきます。

そこまでやって、初めて腕を振る意味があるのです。腕を振るのは足を前に出させるためです。

 

短距離走を速く走る方法~足の上げ方~

竹内ゴロー
地面を蹴って走るんじゃない。足を上げて、地面を押すんだ

筋力が衰えてくると、足が上がらなくなってきます。

よくお父さんが運動会に参加して、コケたりしますが、それは体に足がついていかず、足が後ろに残されているから。

それを防ぐためには太ももを大きく上に上げることが重要です。

走る時、闇雲に前に走るのではなく、太ももを上に上げるイメージで走ると、一歩一歩が大きくなり、速く走れます。

それに加えて、太ももを大きく上げることによって、体が前に傾きすぎるのを防いでくれます。勢いあまって、前にコケるという無様なコケを披露しなくて済むようになるのです。(怪我の可能性は残るので、そこは気をつけて!)

竹内ゴロー
まずは足を上に上げるイメージを強く持とう!!

 

では足を大きく上げれるようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

足を上げるトレーニング

竹内ゴロー
足を上に上げるトレーニングをすると、足の回転が一気に上がるよ!!

足を上げるトレーニングを説明します!!

  • 鏡などを見ながら、立ったまま太ももと胴体が90度になるようまで上げる。
  • 足を両足交互に上げ下げする(90度意識で)
  • その場で、超高速で、太ももを上げる練習をする(100回ほど)

実際やってみると、結構しんどいと感じるはずです。私も久々にやってみました。

 

やばい!できてない!(衰え。最後の1回だけ結構足高く上がってる!)90度に上げようとしていますが、微妙です。

動画では、3回ほどしかやっていませんが、みなさんは90度を意識して、これを100回やりましょう!!

時間にして1分ほどぐらいで終わりますが、なかなかしんどいです。

竹内ゴロー
動画のように、太ももを高速で上げ下げするのを100回!!すぐに終わるよ!!!ゆっくりやったら意味ない。超高速と90度が大事!

 

 

短距離を速く走るにはこの2つのポイントで、ほぼバッチリ

この2個のポイントを押さえれば、後は走っていくだけ!

フォームを確認しながら、走っていきましょう。

足速くなりたい人
たったこれだけ??

と言われそうですが、これだけです。大事なのは・・・

 

上記で述べたポイントを愚直に追及し続けられるか!?

 

です。

この2点を飽きずに意識し

それに加えて、実際走っていくトレーニングをすれば、どんどん足が速くなります。もともと、それほど足が速くない人なら、50メートル走で、1秒は伸びるでしょう。

私は足がちぎれるほどの練習をした(させられた笑)ので、2秒縮めることができました。

 

短距離をどうしても速く走りたい人のために

短距離を速く走るための教材がいろいろ発売されています。

本やDVDで、勉強することも非常に大切です。

何がなんでも足が速くなりたいという方に向けて、おススメの教材を紹介します!

『子どもの足を速くする』為末大

世界陸上で、2度銅メダルを獲得した為末大さんによる子どもの足を速くするためのDVD。

DVDもついているので、わかりやすく勉強できます。

メダリストから、走る技術を学べるおススメの教材です!

 

『陸上短距離走パーフェクトマスター』高野進

メダリストを育てた高野進氏が速く走るためのトレーニングを紹介してくれています。

より専門性の高いトレーニングを学ぶことができ、足が速くなりたい人必見です!

竹内ゴロー
為末大さんのは子ども向けなので、運動会におススメ!高野さんのは若干専門性が高いかな?

 

短距離走を速く走る方法~まとめ~

カッコよく走ることは案外難しいことではありません。まずは自分の今の走り方をしっかり確認することが重要です。

今はスマホなどで簡単に動画が撮れるので、それを駆使しながら、フォームを確認していってください!!

さぁ、足を速くしよう!!!!!


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。