スーパーマラドーナM-1漫才台本「エレベーターに閉じ込められる」書き起こし!


今回はM-1グランプリで行われたスーパーマラドーナの漫才「エレベーター」を台本にしました。

 

スーパーマラドーナ「エレベーターに閉じ込められる」ネタ台本書き起こし

武「僕が武智と言いましてね。こちらですね。こちら見てのとおり、見たまんまですよね・・・田中と言いますんでね。よろしくお願いしますね。ありがとうございます。」

田「エレベーターに閉じ込められたことあります?」

武「今までの人生で?」

田「はい」

武「そんなん俺一回もないよ」

田「俺この前閉じ込められたんですよ」

武「マジで?」

田「はい」

武「めっちゃ焦ったんちゃうん」

田「いや、ぜんっぜん大丈夫でした。終始キリッとしてましたから」

武「なんでエレベーター閉じ込められて、終始キリッとしてんねん」

田「チーン」

武「その時の様子を勝手に再現してます」

田中(再現)

武「どうやら隣に女性がいるみたいです」

田「ガッシャーン!!」

武「止まった」

田「えっ?故障?」

武「うん」

田「(ボタンを押す)ブーすみません!エレベータが止まったんですけど。ブー、すみません」

武「非常ボタン押しても、返事がないですね」

田(2人で閉じ込められて気まずい空気表現)

武「まぁね、急に2人で閉じ込められたんでね。気まずい空気流れてますね」

田「そ、そのスカートかわいいね!!」

武「気持ち悪っ!!こいつめちゃ気持ち悪いやん!!一言目に言うことか!それ!」

田「よ、4頭身ですか?」

武「失礼やな!何を言うとんねん!いきなりお前は!」

田(女性に近づく)

武「ちょっと不用意に近づくなよ!怖いねん!歩き方も!」

田「怖い!」

武「めっちゃビビってるやないか!女性」

田「ぼ、僕がいるから大丈夫」

武「だから、怖いねん!お前が隣おるから怖いねん!」

田「えっ?176cmぐらいです!(女性側になり)何にも言ってないんですけど」

武「怖いって!めちゃくちゃ怖いやん!何が聞こえたんや!お前は!」

田「あ、じゃあ携帯や」

武「携帯?」

田「うわぁ、圏外や」

武「圏外やったんか」

田「私も圏外です」

武「両方圏外なんですね」

田「役に立たんなぁ」

武「お前もやないか!お前圏外やないかい」

田(女性に近づく)

武「不用意に近づくなって!それで、歩き方が怖いねん!さっきからずっと」

田「プーーーーーーーー(おなら)すみません。つい」

武「ついの長さじゃないやろ!後半どう考えても、確信犯やないか!お前は」

田「フフフッフフフッ」

武「和みましたね」

田「何笑ってんねん!」

武「なんで怒ってんねん!和んだから、ええやないか!お前どこがキリッとしてんねん!さっきから!」

田「あっ、天井に脱獄できそうなハッチがありますよ」

武「囚人か。お前。」

田「ほんとですね!(ジャンプ)届かへんなぁ・・・(女性が四つん這い)」

武「なんのプレッシャーやねん!ていうか、普通こういうの男が下行くやろ!なんで女性にさせんねん!」

田「ちょっと!ちょっと!何してるんですか?ちょっと!」

武「何してんの?」

田「お名前なんていうんですか?」

武「なんで乗ってないねん!四つん這いなってくれてんねんから、はよ乗れや!お前は」

田「山下です!早く乗ってください!」

武「はよ乗れ!もうええから1」

田「(「男が四つん這いになって)俺の名前は秘密ですよ」

武「なんでお前もやってんねん!ていうか、向こう名乗ったんやから、お前も田中ですってちゃんと言え!アホ!お前は!」

田(女性の頭身図る)

武「何頭身か測らんでええねん!失礼やな!アホ!お前は」

田「えっ?停電!真っ暗!私暗いのダメなんです!(男性になって)えっ?俺も!俺もやで!」

武「地元一緒やでみたいな言い方せんでええねん!お前は!なんやそのリアクション」

田「怖い!もうこんなことなら、もう死んだ方がマシよ!」

武「めっちゃパ二ックなってるやん」

田「死んだほうがマシ!(叩く)何言ってんねん!!別に四頭身でもええやないか!」

武「それじゃないねん!それでパニックなってんちゃうねん!アホ!お前は!」

田「(首を抑えて)痛い!痛い!」

武「暗闇でビンタしたから、めちゃめちゃ変なところ叩いてるやんけ!めっちゃかわいそうやないか!どこ叩いてんねん」

田「俺に任しとけ」

武「任しとけやないねん。無茶苦茶やないか!キリッともなんともしてないし」

田(ドア叩く)ウイーン。うわ、びっくりした!!」

武「ちょっと開いたやないか!オイ!今の隙に助け求めに行ったらよかったやないか!」

田「大丈夫!落ち着いてください!!」

武「お前が落ち着けよ」

田「さっきからうるさくてすみません。」(第三者登場)「いえいえ」

武「もう1人乗ってんの?まさかの3人乗ってたん!?この話!オイ!」

田「ドンドン!消防隊ですけど、生存確認したいので、お名前の方よろしくお願いします!」

武「消防隊来てくれた」

田「山下です」「武田です」

武「えっ?」

田「(先ほどの後方の第三者)田中です」

武「後ろがお前なん!?前で変なことやってた奴、全然知らん奴!?」

田(キリッ)

武「ほんまや!?めっちゃキリっとしてるやんけ!オイ!」

田「ね?キリッとしてるでしょ?」

武「めっちゃしてたわ!もうええわ!」

漫才台本まとめ

銀シャリM-1漫才「ドレミの歌」台本書き起こし!
 
カミナリM-1漫才「川柳」台本書き起こし
 
和牛M-1漫才「ドライブデート」台本書き起こし!!
 
スーパーマラドーナM-1漫才「エレベーターに閉じ込められる」台本書き起こし!

スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。