面白い話し方が身につくコツが一瞬で身につく一流の練習法。


こんばんは。竹内ゴロー(@freetergoro)です。

突然ですが、「自分、面白い話できないなぁ」と思っている人挙手!

竹内ゴロー
ふむふむ。なるほど。

面白い話って、難しいですよね。実際のところ才能もあるし・・・これまでの人生でどれだけ話す経験をしてきたかも大いに関係してきます。面白い話をするのは本当に難しいです。

しかし!

面白い話し方にはコツがあり、練習法もある!

これが事実です。

お笑いで飯を食うほど、面白くなるのは確かに難しいです。でも、普段の会話で、「面白い」と思われるレベルであれば、絶対に可能です!今回は「面白い話し方が身につくコツと練習法」を具体的に紹介します。

 

面白い話し方に生まれ変わる要素

面白い話し方に変えるためにはコツを掴むことが極めて重要です。

コツを掴まず、闇雲に話していても、あまり上達しません。

ここではまず面白いと面白くないを決定的に分けてしまう要素を紹介します。

 

笑いを取るためにはコンマ何秒のズレが命取り。話すタイミングがコンマ数秒でも、ズレてしまうと、残念ながら笑いを取ることができません。いくら面白いネタであってもです。

間は極めて重要なもの。面白い面白くないを決定的に分けてしまう重要な要素です。適切な間を身につけましょう!

間が一瞬でもズレると、ウケる話もウケなくなるよ。

 

語尾

間とともに、語尾の感覚も研ぎ澄ます必要があります。語尾をどうするかも極めて重要な要素。

○○なんだよね~~~」と語尾を延ばすのは厳禁!その癖がある人は早急になおす必要があります。

語尾は大事。語尾の研究は怠るべからず

 

自分に合った話し方をしているか?

これは非常に難しい点です。人によって、笑わせる話し方がそれぞれあります。

とても、物腰柔らかいサラリーマンがいたとしましょう。飲み会に参加していて、隣の人がビールをこぼしてしまった。そんな状況があったとします。その時、その物腰柔らかいサラリーマンが・・・

「コラ!ボケ!」

と言ったら・・・意外性はありますが、あまりウケません。周りがびっくりしてしまうでしょう。しかし、「コラ!ボケ!」が笑いに繋がる人も存在します。このように、笑いを取れる自分に合った話し方をしているかが非常に重要です。

「コラ!ボケ!」と言って、ウケる人とウケない人。「申し訳ございません」と言うことがウケに繋がる人とそうでない人。人それぞれです。笑いを取れる自分に合った口調をまずは知りましょう。

A
コラ!ボケ!
B
コラ!ボケ!
C
コラ!ボケ!
誰が言うのかによって、印象やウケ方が変わることを押さえておこう

 

面白い話し方のコツを掴む練習法

ラジオを聞く

芸人がパーソナリティーを務めるラジオを聞くのは効果抜群です。ラジオは「声だけで情報を伝えるメディア」です。なので、演者は話にかなり気を配っています。話を勉強するにはもってこいのメディアなんです。

芸人がやっている深夜ラジオの例を挙げてみました。

これらが代表的です。他にもいろいろなラジオがあるので、是非聞いてみてください。面白いですし、勉強にもなります。

ラジオパーソナリティーの話術をものして、一流のトーク力を身につけましょう!

 

すべらない話を聞く

もはや、トーク番組の王道となっている「すべらない話

この番組を一度も見たことがないという人はいないのでは?というほどの番組です。この番組のトークはどれも面白いものばかり。とても勉強になります。

一度、勉強視点で、すべらない話を見てみましょう!

 

とにかく真似をしてみよう!

プロの話を聞いたら、まずはとにかく真似をしましょう!真似をすることが何よりも重要です。自分の話し方を一旦捨てて、全てを真似です。

  • 間の取り方
  • 話すスピード
  • 抑揚のつけ方

ありとあらゆるものを全部取り入れましょう!

ボイスレコーダー等で、自分の声を録音し、確認しながら、1度ずつ丁寧に進めて、感覚を掴んでいきましょう!まずは徹底した真似から。しっかり一流の話を身につけてから、オリジナリティを付け加えていきましょう!

竹内ゴロー
真似はほんとに大事。一気に変わるよ

 

面白い話し方のコツを掴む具体策

これまでに述べてきたことが、話し方を面白くするざっくりとした概要です。

ここからは具体的にどのように練習していけばいいのかをお話していきます。

練習方法をまとめました。

  • 自分が真似をするラジオや話を決める。
  • 決めた話を1分ほどに切り取って、その部分だけを何度も繰り返し練習する(暗記するレベルまで)
  • ボイスレコーダーで、自分の話を確認。
  • 修正し、また繰り返し練習する。

1番大事なのは自分の話を逐一確認すること。プロのトークに全てを近づけることです。

ボイスレコーダーを使ったり、動画を撮ったりして、自分の話を確認していきましょう!

そうすると、憧れの人の話し方に近づきます。話し方をモノにしたら、自分のオリジナリティを創り上げていきましょう。

間とテンポ。コンマ何秒まで合わせよう!

 

面白い話し方をするコツが身につく本

 

面白い話し方を身につける練習法をこれまで挙げてきました。より面白くなるためにおススメの本を紹介します。

『漫才入門』 元祖爆笑王

漫才入門という漫才の作り方に特化した本です。漫才と言うと、お笑いが目指している人が読む本では?と思いますが、そうではありません。

笑いの作り方のいろはが学べます。笑いを取りたい人にはオススメです!

 

そして、お笑い以外の分野の本もいろいろ読みました!その中でのオススメはこれです!

『伝わる!修造トーク』 松岡修造

松岡修造さんの本です。表紙からして、伝わりそうな気配ですが、中身もなかなか濃く、話し方を磨くにはうってつけの本です。

面白さを伝える手助けになりますよ!

 

 

面白い話し方のコツ~まとめ~

面白い話し方を身につけるプロセスをまとめました。

間、語尾、自分に合った話し方を身につける

それを身につけるために、まずはプロの話を真似する

体に染みつくまで練習する(重要)

話し方がものになったら、面白くないものを面白くしようと考える癖をつける

本などを読んで、知識を深める

話し方は子どものころから培ってきたものですが、コツを掴めば、簡単に変えることができます。

練習法を実践して、面白い話ができる人に進化しましょう!!

 

 

面白いではなく、会話が弾む重視なら↑↑へ!!

竹内ゴローTwitter(@freetergoro

フォローよろしくお願いします!


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です