初優勝栃ノ心はどんな力士?春日野部屋所属の30歳でジョージア出身!

スポンサーリンク

2018年大相撲初場所は栃ノ心が優勝しました。

今場所は横綱の欠場が相次ぎ、白鵬と稀勢の里は優勝争いに加わらず、鶴竜は終盤に失速しました。

そんな中で、初優勝を果たした栃ノ心。

栃ノ心とは一体どのような力士なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

栃ノ心は30歳での初優勝

栃ノ心は今回の優勝が初優勝。

30歳での初優勝で、これまでに大きな怪我などもありました。

幕下に落ちる経験もありましたが、初場所で見事優勝。

千秋楽を残しての優勝となりました。

 

栃ノ心プロフィール

栃ノ心はジョージア出身の外国人力士です。

2006年3月場所が初土俵で、当時19歳。

春日野部屋の力士で、生年月日は1987年10月13日

身長192cm 、体重177kgの力士です。

初土俵以来、順調にステップアップしていた栃ノ心はそこから成績をどんどん上昇させ、新入幕となるまでは順調でした。

その後、少し伸び悩む時期がありましたが、2009年11月場所では敢闘賞を受賞。

再び上昇気流へと転じていました。

 

栃ノ心の謹慎〜大怪我

2011年、門限違反と服装違反が相次いでいた栃ノ心は謹慎処分を受けることになります。

その後、しばらくして復帰しますが、その後に待ち構えていたのが怪我。

かなりの重傷で、右膝前十字靱帯断裂、右膝内側側副靱帯断裂。

結局、復帰までには8週間かかることになりました。

長い治療生活を経て、2014年の3月場所に復帰した栃ノ心は幕下に陥落し、また1からのスタートに。

しかし、ここから栃ノ心の復活が始まります。

 

栃ノ心の幕内復帰〜初優勝

2014年の11月場所で幕内復帰を果たした栃ノ心はその後、大活躍!

とは行かず、苦しい取り組みが続きました。

安定して勝ち続けることができず、勝ち越しと負け越しの繰り返し。

12勝を挙げる場所もあるにはありましたが、その後が続かず、2017年の11月場所まで勝ち越しと負け越しを繰り返すような状態が続いていました。

しかし、2018年の初場所で、成績が一気に上昇。

これまで全く縁がなかった優勝を果たすことになりました。

30歳にして、初の優勝!!

今場所の栃ノ心はとても強い相撲を取っていて、去年までの栃ノ心とは全く違う姿を見せてくれました。

今場所での栃ノ心の優勝を予測できた人は正直いなかったでしょう。

一気に躍進を遂げた驚きの優勝でした。

 

栃ノ心はどんな力士?〜まとめ〜

最近の相撲界は不祥事が続き、悪い意味での注目が集まっています。

しかし、力士の優勝には関係のないこと。

栃ノ心の活躍を讃える報道が多くなされて欲しいと強く願います。

 


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。