和牛M-1漫才「ドライブデート」ネタ台本書き起こし!!


和牛M-1漫才「ドライブデート」ネタ台本書き起こし

水「僕ね、いい歳して、車の免許持ってないんですけどね。」

川「あなた持ってないですね」

水「ドライブデートって、楽しいもんなんですか?」

川「そら、楽しいよ」

水「あっ、そう」

川「まぁ、だから、あなたの場合は車の運転が好きっていう彼女が出来たら、その子の助手席に乗せてもらって、2人でドライブに行ったらいいん違うかなぁ」

水「なるほどね」

川「うん」

水「それにしても遅いなマナミちゃん。今日は車で迎えに来てくれるって言ってたのになぁ。あっ、来た来た!マナミちゃーん!」

川「マナミちゃんいう子をやれ言うてんのか?それ。」

水「マナミちゃんやれ~」

川「やれ~言うた」

水「マナミちゃんやれ!やれ!」

川「すごい勝手な奴や」

(車に乗って)

川「ブーン」

水「あっ、来た来た。マナミちゃ~ん!」

川「水田く~ん。キーーー(ブレーキ音)」

(バンッバンッ)

川「乗った」

水「どうしたん?早く行こう!天気ええで!」

川「テンション上がりすぎや。水田君。あっ、シートベルトしよか」

水「オッケー」

水・川「よいしょ」

水「おっ!シートベルトしたら、胸の形がグッと浮き出るんやね」

川「なんでそんなん言うてまうん。デリカシーのない。でも、今日は公園までドライブやからね。レッツゴ=」

水「ゴー」

川「ブーーーン」

水「おいおい!前の車おっそいなぁ!トロトロ走るなよ!おい!遅いんやったら、どけ!おい!気狂ってまうやろ」

川「水田君水田君。どうしたん急に」

水「あっ、俺車乗ったら、性格変わってしまう時あんねん」

川「誰が助手席で変わってまうねん。ハンドル握ってから言え!あっ!そうや!お昼までまだちょっと時間あるし、朝ご飯買って行かへん?」

水「俺実は今日朝ごはん食べてないねん!」

川「ちょっと実はの意味よくわからへん。このドライブスルー入るね」

水「オッケー」

川「カッチカッチ」

水(体が寄る)

川「そんなに曲がってないやろ!キー(ブレーキ)」

水「何する?」

川「私ハンバーガーセット」

水「ハンバーガーセットと!!!ベーコンオニオンバーガーのセット!!!」

川「声が大きいわ。そんな大きい声出さんでも、ちゃんと注文通るようになってるわ!」

水「ウイーン。ハンバーガーセットと・・・」

川「窓しまってた?窓閉めた状態で一か八か大きい声で言うたん?何その賭け辞めて!ブーン!キー」

水「ありがとうございます」

川「すみません。おいくらですか?」

水「ここは俺が(手を彼女のおでこ付近に)

川「手が近いな。思わずよけそうになる距離や!」

水「ゴールドカードですけど、いけますか?」

川「いちいち言うな。そんなこと」

水「2回払いで」

川(驚く)「めちゃくちゃ金ないやん!あんた」

水「レッツゴー!!」

川「レッツゴーやないわ!あんたのお財布事情が心配や!」

川「そういえば、念のためにガソリンスタンドも寄って行っていいかな?」

水「オッケー」

川「カッチカッチ」

水(体が寄る)

川「そんなに曲がってないやろって!キー。すみません」

水「ガソリンください」

川「なんやその注文!ざっくりすぎるやろ!レギュラー満タンで」

水「それで」

川「タオルありがとうございます」

水「そんなんあんの?僕汗ふきシートください」

川「そんなんはないわ!」

水「スースーしないやつ」

川「スースーしないって、ちょっとあんた訳わからん事言ってる暇あんのやったら、ちょっとゴミまとめて捨ててきて!」

水「ウンコもしてきていい?」

川「勝手にせぇよ!小学生か。」

水「バン!バン!(ウンコ)ガーン!お待たせ~」

川「バンバンバンバンがさつやわ~ほんでウンチしながら、雄たけびを上げるな!すみません!おいくらですか?」

水「ここは俺が(彼女の顔に手を付けて)」

川「当たってる!!」

水「おいくらでしょうか?3800円?ガソリン半分だけ吸い取ってもらっても大丈夫ですか?」

川「引く!お前は!すみません!ちょうどあります。」

水「ごめんね!レッツゴー!!」

川「ほんまに思ってんのか!ボケが!」

・・・

水「そうや!!(彼女の目の前で手をたたく)」

川「びっくりする~~~~~」

水「そうや!思い出した!そうやそうや!」

川「運転中やで!私。」

水「聞いて聞いて聞いて!」

川「触るな!触るな!」

水「あのな。俺な、今日ドライブやから、音楽持ってきてん!」

川「音楽?」

水「昨日寝ずにベスト作ってきました!」

川「ほんと!意外と気利くやんか!ドライブで音楽言ったら、テンション上がるで」

水「МDどこ入れるの?」

川「MDMDか!?それ!!ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って!待て待て!あんたまだMDなんか使ってんの?」

水「えっ?」

川「こんなん誰も使ってないで」

水「俺使ってるやん!」

川「あんたが最後の一人や!」

水(MD渡そうとする)

川「誰も取りに来ぇへんわ!いいわ!聞かれへんから!着いたわ!公園や!」

水「あっ、めっちゃ景色綺麗。アスレチックもあるし、ええとこやな!」

川「じゃあ、あそこのベンチでお弁当食べよ!」

水「オッケー」

川「オッケーやないやんか。なんでお弁当あるの?ってならへんの?」

水「あ、確かに」

川「私、あんたのために黙って朝早起きして、お弁当作ったんやんか!」

水「えっ?」

川「女の子の仕事やん。やるやんそれぐらい」

水「えっ、ありがとう」

川「花柄の巾着に入ってるから取って」

水「それガソリンスタンドで捨てちゃった」

川「え~~~~」

水「あれ弁当入ってたん?えっ?あれ?ウソ?」

川「捨てたん?」

水「弁当入ってたん?うそ?」

川「なんで捨てたん?」

水「後ろのゴミまとめて捨てろって言ったから・・・」

川「見たことある?ゴミわざわざ花柄の巾着に入れて捨ててる人!」

水「ない」

川「ないやんか!じゃあ、絶対ゴミ違うやん!」

水「だって、作るって知らんかったし」

川「知らんにしても、花柄の巾着ゴミじゃないことぐらいわかるやんか!」

水「先言うといてくれたええやん!」

川「なんで捨てるかなぁ!」

(言い争い)

水「言えや!!!!それやったらクソが!!!!#$%!$!!なんや!なんでこんなに言われなあかんねん!言えや!先!」

川「世界一綺麗な逆ギレを見た。落ち着け。みっともない落ちつけ。」

水「アスレチック行ってくる」

(アスレチックで遊ぶ)

川「どういう情緒や」

水「(アスレチックから落ちそうになる)アーーー!耐えた~~」

川「落ちて死ね!もうええわ!」

 
 

スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。