ワイドナショーは生放送じゃない!収録日は一体いつなのか!?

スポンサーリンク

 

毎週日曜日の朝10時からフジテレビ系列で放送されているワイドナショー

ダウンタウンの松本人志さんがニュースについて語る番組で、人気番組の一つとなっています。

そんなワイドナショーですが、ワイドショーには珍しく、生放送ではありません!

ワイドナショーは事前に収録された内容を放送しています。

では、体いつ収録しているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ワイドナショーは生放送ではなく金曜日に収録

ワイドナショーの収録ですが、基本的に毎週金曜日に収録されています。

スケジュール調整によって、収録日が変わったりすることもあるようですが、基本的に金曜日とのこと。

ニュースを取り扱う番組としては珍しく、生放送ではない収録での放送となっています。

ワイドショーで生放送じゃないのはこの番組ぐらいではないかと思われます。(意見を戦わせるスタイルなら、TVタックルもありますが)

朝の情報番組で言うと、収録スタイルはほぼなく、新しい挑戦をしていると感じる内容です。

そんな珍しいスタイルのワイドナショーですが、ワイドショーを生放送で行うメリットやデメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか??

 

ワイドナショーが生放送じゃないメリット

ワイドナショーを収録で行うメリットを考えてみました。

情報を扱うなら、生放送で行った方がメリットがあるのではないかと思いますが、意外と収録のメリットもあります。

そのメリット・デメリットに迫っていきます。

 

遠慮なく話すことができる

ワイドナショーが生報道ではないメリットは思う存分話せることにあります。

生放送だと、発言がそのまま放送されてしまうので、どうしても遠慮しなければらならない面が出てきますが、収録の場合だと行き過ぎた発言はカットすることができます。

出演者が言っていいのか言っちゃいけないのか迷った時に、生放送だと発言を躊躇してしまうのを防ぐという意味で、収録という方法は有効です。

より自由度の大きい発言が期待できるというメリットが収録にはあります。

 

話題を吟味できる

生放送だと事前に決められた時間で、一定の話題を扱っていかないといけませんが、収録の場合は柔軟に対応できます。

大きなニュースが起こって、議論が盛り上がった時でも、生放送だと打ち切らなければなりません。

収録だとそれが自由です。

長い時間を掛けて、取り扱いたい話題は長く取り上げることができる、より深掘りして問題について討論ができるのも生放送で行わないメリットです。

一つのニュースをより掘り下げて、多くの発言ができます。

 

ワイドナショーが生放送じゃないデメリット

生放送ではないことによるデメリットをまとめました。

これまでに挙げたように、メリットもありますが、デメリットも当然あります。

ここではワイドナショーを生放送で行わないデメリットを挙げていきます。

 

直前のニュースに対応できない

ワイドナショーは生放送じゃないので、本番直前に起こったニュースに対応できません。

なので、日曜日の放送直前に大きなニュースが入ってきた場合は対応できず、他の番組に視聴者が流れる心配があります。

ワイドナショーと同時間帯にサンデージャポンというニュースを取り扱う番組が放送されているので、緊急の大ニュースが入った場合はそちらを見る人が増えるでしょう。

実際に収録日から放送日までの間に大きなニュースがあったケースもあります。

それが収録でニュースを扱う大きなデメリットです。

 

ハプニングがない

先ほど収録では思う存分話せないと書きましたが、生放送でもガンガンぶっこむ場合があります。

その場合はハプニングとなり面白くなることがありますが、収録だと大きなハプニングはカットされてしまう可能性があります。

生放送ならではのスリルが失われるのが収録のデメリットで、爆発力には欠けるかもしれません。

カットするしないの判断がどのようになるかも重要であり、さじ加減が重要になってきます。

 

ワイドナショーは生放送を変える意思なし

ワイドナショーは今後も今のスタイルを継続していくとのことです。

なので、生放送になることはないでしょう。

今後も独自のスタイルで、他の番組と差をつけていく方針を明らかにしています。

ネットニュースにも多く取り上げられるワイドナショーの作戦はこれまでのところ成功しているように思われます。

今後、方針が変わることがあるのかを個人的には見てみたいです。

 

ワイドナショーの収録日は?〜まとめ〜

ワイドナショーは生放送ではなく、収録です。

そして、その収録は金曜日に行われています。

今後も生放送に切り替える予定はないとのことで、番組のスタイルはこのまま継続予定。

ネットでも注目を集めるこの番組が今後どのような形で注目を集めるのかにも注目です。

 

【おすすめ記事】

お笑いを家で1年間飽きずに楽しむ方法!DVD・ネット動画を徹底的に紹介する!!

ワイドナショーに出演した歴代女子高校生一覧と活動まとめ!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください