ワイドナショーは生放送じゃない!収録日と収録のメリット・デメリット!


 

毎週日曜日の朝10時からフジテレビ系列で放送されているワイドナショー

ダウンタウンの松本人志さんがニュースについて語る番組で、人気番組の一つとなっていますが、ワイドナショーは生放送じゃないんです!

ニュースを取り扱う番組は生放送であることが多いですが、ワイドナショーは事前に収録された内容を放送しています。

では、一体ワイドナショーはいつ収録しているのでしょうか?

収録でニュースを取り扱うメリット・デメリットも含めて、まとめました。

 

ワイドナショーの収録日は金曜日

ワイドナショーは基本的に毎週金曜日に収録されています。

スケジュール調整によって、収録日が変わったりすることもあるようですが、基本的に金曜日とのこと。

ニュースを取り扱う番組としては珍しく、収録での放送となっています。

そんな珍しいスタイルのワイドナショーですが、ワイドショーを生放送で行うメリットやデメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか??

 

ワイドナショーが生放送じゃないメリット

ワイドナショーを収録で行うメリットを考えてみました。

 

遠慮なく話すことができる

ワイドナショーが生報道ではないメリットは思う存分話せることにあります。

生放送だと、発言がそのまま放送されてしまうので、どうしても遠慮しなければらならない面が出てきますが、収録の場合だと行き過ぎた発言はカットすることができます。

よって、遠慮せずに収録に臨むことができ、その結果より自由度の大きい発言が期待できるのです。

 

話題を吟味できる

生放送だと事前に決められた時間で、一定の話題を扱っていかないといけませんが、収録の場合は少し柔軟に対応できます。

長い時間を掛けて、取り扱いたい話題は長く取り上げることができたりするなど、より深掘りして問題について討論ができるのがメリットです。

大きなニュースが起こった時に、じっくり話すことによって、一つのニュースにより多くの発言ができます。

 

ワイドナショーが生放送じゃないデメリット

生放送ではないことによるデメリットをまとめました。

 

直前のニュースに対応できない

ワイドナショーは生放送じゃないので、本番直前に起こったニュースに対応できません。

なので、日曜日の放送直前に大きなニュースが入ってきた場合は対応できず、他の番組に視聴者が流れる心配があります。

ワイドナショーと同時間帯にサンデージャポンというニュースを取り扱う番組が放送されているので、緊急の大ニュースが入った場合はそちらを見る人が増えます。

それが収録で、ニュースを扱う大きなデメリットです。

 

ワイドナショーの収録日は?〜まとめ〜

ワイドナショーは生放送ではなく、収録は金曜日に行われています。

今後も生放送に切り替える予定はないとのことで、番組のスタイルはこのまま継続していくことと思われます。

ワイドナショー・・・今後も注目です。

 


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

DVDCTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お笑い芸人やタレントを研究。ネタ台本やお笑い賞レースの歴史や結果などお笑いを中心に日本のエンターテイメントを研究中。 お笑いライブレポや各種イベントレポを掲載。 趣味は野球観戦とモーニング娘。