24時間テレビ歴代マラソンランナー一覧!初代〜現在までの走者は誰?

スポンサーリンク

毎年夏に行われる24時間テレビ。

その中でも、中心となる企画が24時間テレビチャリティーマラソン。

有名人が約100キロを走り抜く企画ですが、過去にはどのような有名人が走ったのでしょうか?

今回は歴代24時間テレビのマラソンランナーを一覧にしました。

 

スポンサーリンク

24時間テレビ歴代マラソンランナー一覧

過去の24時間テレビのマラソンに挑戦した有名人を一覧にしました。

1992年のマラソン開始から、様々な芸能人が24時間テレビのマラソンを走破しています。

 

1992年マラソンランナー 間寛平

第1回の24時間テレビマラソンのランナーは間寛平さん。

歴史はここからスタートしました。

以降、間寛平さんはマラソンランナー回数最多を誇っています。

 

1993年マラソンランナー 間寛平

初回から2年連続で間寛平さんが走ることになりました。

マラソンといえば、間寛平さんのイメージがついた回だったとも言えます。

 

1994年マラソンランナー ダチョウ倶楽部

第3回のマラソンランナーはダチョウ倶楽部。

リアクション芸で、有名なダチョウ倶楽部ですが、24時間テレビのマラソン経験あり。

見事に3人で走り抜きました。

 

1995年マラソンランナー 間寛平

1995年は3回目の間寛平さん。

番組初期は間寛平さんが4回中3回ランナーを務めました。

この回は神戸〜東京まで、600キロを1週間で走り抜きました。

 

1996年マラソンランナー 赤井英和

1996年は赤井英和さんです。

初めてのマラソンランナーで、リレーマラソンの最終走者を務める形での走りでした。

 

1997年マラソンランナー 山口達也

1997年はTOKIOの山口達也さん。

当時25歳の山口達也さんが約100キロを走りぬきました。

 

1998年マラソンランナー 森田剛

1998年はV6の森田剛さん。

2年連続で、ジャニーズのアイドルがランナーを務めました。

19歳でのランナーとなりました。

 

1999年マラソンランナー にしきのあきら

1999年のマラソンランナーはにしきのあきらさん。

50歳での挑戦となりました。

 

2000年マラソンランナー トミーズ雅

2000年はトミーズ雅さんがランナーを務めました。

当時、40歳での挑戦

 

2001年マラソンランナー 研ナオコ

2001年のランナーは研ナオコさん。

48歳での挑戦で、女性としては初でした。

以後、女性のマラソンランナーが次々と誕生していくことになります。

 

2002年マラソンランナー 西村知美

2002年のランナーは西村知美さん。

当時31歳での挑戦でした。

 

2003年マラソンランナー 山田花子

2003年は山田花子さん。

28歳での挑戦でした。

 

2004年マラソンランナー 杉田かおる

2004年に挑戦したのは杉田かおるさん。

挑戦した当時の年齢は39歳。

 

2005年マラソンランナー 丸山和也

2005年は当時弁護士だった丸山和也さん。

59歳という年齢でしたが、見事に完走しました。

 

2006年マラソンランナー アンガールズ

2006年の挑戦はアンガールズの2人。

コンビ2人での挑戦となりました。

 

2007年マラソンランナー 萩本欽一

2007年は萩本欽一さん。

当時の年齢は66歳で、24時間マラソン挑戦者の中では、当時最高齢でした。

 

2008年マラソンランナー エド・はるみ

2008年のマラソンランナーはエド・はるみさん。

ブレイクを果たしたエド・はるみさんがその勢いのままマラソンにも、挑戦しました。

2009年マラソンランナー イモトアヤコ

珍獣ハンターイモトがマラソンにも挑戦しました。

数々の山に登ってきた彼女ですが、見事にマラソンも完走となりました。

 

2010年マラソンランナー はるな愛

2010年ははるな愛が挑戦!

当時38歳。

 

2011年マラソンランナー 徳光和夫

満を持して、徳光和夫さんがマラソンランナーを務めました。

24時間テレビといえば、徳光さんという感じでしたが、ついに走る側に挑戦。

見事に完走しました。

 

2012年マラソンランナー 佐々木健介・北斗晶ファミリー

2012年は佐々木健介・北斗晶ファミリー。

史上初の家族での挑戦となりました。

 

2013年マラソンランナー 大島美幸

2013年は森三中の大島美幸さん。

体重と同じ走行距離88キロを走ることになりました。

 

2014年マラソンランナー 城島茂

2014年のマラソンランナーはTOKIOの城島茂さん。

挑戦当時は43歳。

 

2015年マラソンランナー DAIGO

2015年のマラソンランナーはDAIGOさん。

約100キロを完走しました。

 

2016年マラソンランナー 林家たい平

2016年のマラソンランナーは林家たい平さん。

51歳の挑戦での挑戦となりました。

 

2017年マラソンランナー ブルゾンちえみ

2017年のマラソンランナーはブルゾンちえみさん。

放送当日にランナーが発表され、それは史上初の出来事でした。

 

2018年マラソンランナー みやぞん

2018年の24時間テレビマラソンランナーはANZEN漫才のみやぞんさん。

今回はマラソンだけでなく、トライアスロンに挑戦というかなり過酷なものでした。

 

24時間テレビ歴代マラソンランナー史上最年長と最年少

24時間テレビの最高齢は2011年の徳光和夫さん。

当時70歳は史上最高齢ランナーでした。

走行距離は63,2km。

そして、最年少は佐々木健介・北斗晶夫妻の次男誠之介くんの9歳という記録があります。

ただ、これは単独で走りきった記録ではなく、24時間マラソンを単独で走った芸能人の中で、最年少は森田剛さんの19歳です。

 

24時間テレビのマラソンランナーに懸念の声が上がっている

2018年は記録的な猛暑となりました。

その真夏の猛暑の中、24時間テレビのマラソンは行われます。

それがあまりにも危険なのではないかという声がどんどん上がってきており、今後の対応もしっかりと考えられるべきで局面に差し掛かってきているのも事実です。

今後はさらに酷暑になることも予想され、マラソンの行く末に大きな注目が集まることは間違いないでしょう。

 

24時間マラソンランナーの走行距離

24時間マラソンの走行距離は100キロを基本に、そのランナーの体力によって、変わっていきます。

史上最高齢で、ランナーになった徳光和夫さんは63kmでした。

マラソンが得意な間寛平さんは600キロというのもありましたし、みやぞんさんはトライアスロンにも挑戦することになりました。

基本的には100キロなので、20時間あれば、1時間5キロのペースで走れば、完走することができます。

 

24時間テレビ歴代のマラソンランナーでリタイアはいる?

24時間テレビのマラソンリタイアは過去に1度だけあります。

間寛平さんが走路を塞がれてしまい、進むことができなくなったことが原因で、リタイアすることになりました。

他の24時間マラソンでは放送時間にゴールできないことはありましたが、リタイアになったことはありません。

 

24時間テレビ歴代マラソンランナー〜まとめ〜

24時間テレビのマラソンは始まってから、25年以上の歴史があります。

そして、歴代のマラソンランナーはこの記事に書いた通りです。

様々なランナーがこれまで走っていますが、今後はどのようなランナーが登場してくるのでしょうか?

そして、このマラソンはいつまで続くのでしょうか?

24時間マラソンには賛否両論巻き起こっていますが、今後の動向にも注目が集まります。


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください