ブログのリライトに効果はある?失敗しないリライト全手順!

ブログのリライト効果はある?失敗しないリライト方法
スポンサーリンク

竹内ゴロー
ブログのリライトって、どうやったらいいの???

というわけで、今回はブログのリライトについてまとめました。

この記事でわかることは

  • ブログのリライトは効果があるのか?
  • 具体的にどのようにリライトしていったらいいのか?
  • リライトする上で大切な考え方

この3点です。

公開した記事を分析して、リライトができるのとできないのでは成果が大きく違ってきます。

ブログの成果を大きくするためにも、ぜひブログのリライト効果と手順を押さえておきましょう!

竹内ゴロー
ブログのリライトは必ずやっておきたいことの1つ。

 

スポンサーリンク

ブログのリライト効果!アクセスアップのために必ずやるべき

ブログを公開したまま放置していませんか?

記事をどんどん書くことは決して悪いことではありませんが、公開した記事がどんな状況になっているのか把握することはかなり重要です。

  • 公開した記事にどれくらいアクセスが集まっているか?
  • 検索順位は何位ぐらいか?
  • リライトによって、その記事の価値は上がりそうか?

こういった点を公開した記事から、見つめ直さないといけません。

 

2つの必須ツール

ブログをリライトするにはツールを使う必要があります。

これらは必ず必要になるツールなので、絶対に登録しておきましょう。

これがないとブログを分析することができません。いずれも無料で登録することができますので、即登録です。

【各登録手順】

Googleアナリティクスの登録

Seach Console登録手順

 

効果が出るブログ記事のリライト手順

ブログ記事のリライト手順は

  • 記事公開から3ヶ月は最低でも待つ
  • Googleアナリティクスでアクセス数を分析
  • Seach Consoleで、検索順位を分析

この3つです。

これらの点について、詳しく解説していきます。

 

記事公開から3ヶ月待つ

ブログ記事を分析する際は検索エンジンで、検索何位に表示されているかを知る必要があります。

しかし、検索順位は記事を公開してすぐに決まるものではありません。時間をかけて決定していきます。

なので、その目安として、3ヶ月待つ必要があります。

場合によってはもっと待つ必要がありますが、記事公開から3ヶ月経って、検索順位が20位以下であれば、リライトしても大丈夫です。

10位台まで記事が上がってきているなら、1ヶ月ほど様子見して、順位がそんなに上がってなければリライトです、

最終的に検索順位1桁・5位以内を目指す。1位が取れそうなものは1位狙い。

 

Googleアナリティクスでアクセス分析

ブログ記事をどんどん公開していくと

  • アクセスが集まる記事
  • アクセスが集まらない記事

この2つに分かれます。

なので、まずはアクセスが集まっている記事と集まってない記事を分析する必要があります。

アクセス数の見方は

  1. 「行動」
  2. 「サイトコンテンツ」
  3. 「全てのページ」

で見ることができます。

ページビューと書かれた部分がアクセス数になります。

こうやってページタイトルが並んでますが、どの記事かわからないという人もいるかと思います。

その場合はページタイトルを表示させることも可能です。

  • 画像の「セカンダリメンション」をクリック
  • 「行動」をクリック
  • 「ページタイトル」をクリック

これでタイトルを表示することができます。

アクセス解析の期間も指定できるので、過去1ヶ月のアクセスを解析したい場合などはそこを利用してください。

 

Seach Consoleで検索順位分析

この作業はかなり重要です。

1日1PV以上アクセスが集まるようになった記事はこのSeach Consoleで分析していきましょう。

このツールはGoogleで検索した時に、何番目に表示されるかが知れるツールです。

  • 画像左上の「メインメニュー」をクリック
  • 「検索パフォーマンス」をクリック

これを行うと「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位が見れます。

上の画像では「合計クリック数」「合計表示回数」のみに色がついてますが、クリックすると色がついたり消えたりします。

分析をする際は全てに色をつけて、分析していきます。

 

Seach Console記事ごとの分析方法

先ほどの画像の「新規」をクリックします。

そこの「ページ」をクリックして、URLを入力すると個別の記事を分析することができます。

「日付」を押すと分析期間が指定でき、基本的には「過去28日間」、アクセス数が少ない時は「過去3ヶ月」で分析しましょう。

これらを設定するとキーワードとクリック数が出てきます。

  • 検索キーワード
  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

が出てきます。

アクセス数が少なすぎる場合は検索キーワードが出てきません。その場合は検索からアクセスが集まっていないことになります。

それぞれの指標の見方を表にまとめました。

検索キーワードどんなキーワードで検索されているかがわかる狙ったキーワードで表示されているか確認
クリック数検索キーワード別のクリック数この数だけ見てもあまり意味はない
表示回数検索画面で表示された回数掲載順位が高ければ、数値は大きくなる。
順位が高いのに、数値が小さい→検索ボリュームがない。
CTR表示回数に対して、クリックされた確率掲載順位が高いにも関わらず低ければリライト
掲載順位検索した時に何番目に表示されるか低ければリライト

この中で大事なのは掲載順位です。

この順位を上げていくことが最も重要な作業になります。Seach Consoleからのリライトですることは大きく2つで、

  • 掲載順位の低い記事を順位アップさせるためにリライト
  • クリック率を上げるためのリライト

この2点です。

掲載順位が低ければ順位をアップさせ、掲載順位が高いのにクリックされない場合はタイトルが魅力的じゃないかもしれないので、クリックされやすそうなタイトルに変えます。

竹内ゴロー
掲載順位をアップさせて、クリックされやすいタイトルをつける。キーワード選定は忘れずに。

 

掲載順位をアップさせるリライトとは?

掲載順位をアップさせるためには

  • 記事の内容をより濃く・深い内容にする
  • キーワードを記事内に増やす(自然な形で)

この2つが重要です。

記事の内容をより濃く・深い内容にするのは頑張って情報を仕入れて、記事の質を高めていくしかありません。

「キーワードを記事内に増やす」はテクニック的なことになりますが、狙ったキーワードを多く記事内に盛り込んだ方がいいです。

ただ、明らかに文脈に沿ってないところで使ってしまうのはNGで、自然に使っていきます。

竹内ゴロー
狙ったキーワードは記事にどんどん入れていこう!でも、自然な形で!不自然に入れると逆にマイナス。

 

内部リンクも有効

内部リンクとは↓↓

ブログ初心者がWordpressで収益化する全手法

これが内部リンクです。自分のブログの他のページに移動できるリンクのことですが、これを活用しましょう。

内部リンク先のサイト。今回の例ですとブログ初心者がWordpressで収益化する全手法という記事は順位が上がりやすくなります。

細かい差が勝負を分ける場合も多々あるので、内部リンクの活用はぜひやっておきたい対策です。

竹内ゴロー
内部リンクを使うのも手段の1つだよ!

 

とにかく質のいい記事をリライトで作って、効果をあげよう!

質のいい内容のある記事を作っていくことが最も大切です。

掲載順位は

  • キーワード選定
  • 記事の質

で決まっていると言ってもよく、記事の質は読者の滞在時間をアップさせ、それが評価されます。

 

質のいい記事はどうやって作るか?

質のいい記事・ボリュームのある記事を作るには

  • 情報量
  • 読者の悩みポイントを明確化する

この2点が重要です。

情報量はブログを書く上で、かなり大切になるものなので、情報がなければブログ記事を書くことができません。

また、読者の悩みを明確化することも、非常に大事な視点です、この記事の場合ですと・・・

  • ブログのリライトに必要なものは何?
  • アクセス数を上げるためにはどうリライトしたらいいの?
  • そもそもこの記事はリライトすべき記事なの?

などいろんな疑問が想定されます。それに1つ1つ答えていくイメージで記事を書いていきます。

竹内ゴロー
読者の悩み・疑問を解決していく記事を1つ1つ作っていこう!

 

上位サイトの記事は押さえておく

実際に私が上位表示している「無職 金稼ぎ」というワードを例に説明します。

この「無職 金稼ぎ」というワードで検索1位・2位に表示されている記事の情報はしっかり頭に入れておくことが必要です。

検索1位・2位で表示されている記事の内容=Googleから評価されている内容であり、その情報が網羅されている方が掲載順位は高くなります。

内容のコピペは絶対ダメですが、この記事が上位表示されていると仮定すれば・・・

  • Googleアナリティクスの導入
  • Seach Consoleの導入
  • 各ツールの使い方
  • 実際にどうリライトするか?

このあたりの情報に関してはある程度触れておく必要があるということになります。

触れるポイントを押さえたら、あとは自分のオリジナルで記事を書いていくというイメージでOK

「上位サイトが触れているのに、自分の記事では触れてない」ということがないように、記事を構成していきましょう。

竹内ゴロー
上位サイトの内容は絶対に押さえておく。情報量は大事。

 

まとめ:ブログのリライト効果はある?失敗しないリライト手順

公開したブログ記事を分析し、リライトしていく作業はめちゃくちゃ重要です。

今回はそのリライト手順を紹介しました。

この順番でリライトしていきましょう。

  • 公開した記事の分析方法
  • リライトの技術

ブログ運営では欠かせないスキルですし、実際にアクセスが集まっている記事をリライトする効果は大きいです。

新規記事でアクセスを集めるより、すでにアクセスが少し集まっている記事をリライトした方が早く効果が現れます。

リライトするとブログの成果が出やすくなるので、必ずリライトはやっておきましょう!

【関連記事】

ブログ初心者がWordpressで収益化する全手法

 


ブログのリライト効果はある?失敗しないリライト方法

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

竹内ゴロー

竹内ゴロー。 お小遣い稼ぎ、副収入の情報を発信! 「0円からでもお金を作れる」をモットーに様々なお金を増やすテクニックを紹介します。 趣味は野球観戦とモーニング娘。