ニートでも貯金をグングン増やす方法!節約と収入増でお金を稼ぐ!

ニート 貯金
スポンサーリンク

どうも、マルチインカムアナリスト・竹内ゴローです。

LINE@ではマルチインカム(複数収入源)を獲得するための方法を発信しています。

登録よろしくお願いします。

友だち追加

ニートでも貯金をどんどん増やしていきたい!

そんな悩めるニートのあなたへ朗報です。

家にいながら、収入と節約増で貯金をグンと増やせる方法があるんです。

この記事をきっかけにあなたも在宅で貯金を増やしてみませんか?

コツはたったひとつ。

最初一気にロケットスタートを切ること。

最初の1ヶ月をとにかく頑張って、その習慣が体に染み付いていけば、貯金が増えるのは間違いありません!

この記事に書いてある方法は今すぐ実践できるものです。

「ニートで貯金を増やさないとヤバい!」と思ってるあなたはぜひ実践してみてください!

スポンサーリンク

ニートでも貯金を増やすことができる!

「ニートで、貯金を増やすなんて無理・・・」

そんな声が聞こえてきそうですが、ニートであっても、お金を増やしたり、貯めたりすることは可能です。

だって、家で稼ぐ手段は山ほどあるんですよ!

  • 在宅ワーク
  • ブログ
  • Youtube(動画投稿)
  • 治験
  • ポイントサイト
  • セルフバックサイト
  • 電子書籍出版
  • ハンドメイドなどの作品出品

ざっと挙げただけでもこんなにあるんです。

そして、節約も同時に実行していけば、月々の出費は家賃含めて、10万円以内に抑えることができます。

昔はニートで貯金を増やすなんて、絶対無理でしたが、今はできるんです!

ニートが貯金するために登録しておきたいサイト一覧

ニートが収入をアップし、貯金をどんどんしていくためにはお金が稼げるサイトに登録しておかないといけません。

サイトを使って、お金を稼いでいきますので、まずはサイトに登録しましょう!

では、どのサイトに登録したらいいのか?

私が過去に使ったことのあるサイトの中で、ネット収入初心者の方にお勧めなサイトを選び抜きました。

【治験サイト】

【ポイントサイト】

【在宅ワークサイト】

【勉強用サイト】

+収益化できるブログ運営

少し多いかもしれませんが、これらのサイトを知っておくだけで、収入が一気に増えます。

月10万円以上はゲットできますし、協力費が高い治験に参加することができれば、1ヶ月に20万円以上稼ぐことも可能です。

そして、ブログ運営は最初はなかなか収入になれないんですが、1年間〜2年間ぐらい勉強しながら、続けていけば、収入はかなり大きなものになるはずです。

ロケットスタートが本当に大事

このお金稼ぎのために知っておきたいサイトを見て、一気に始めて、最初の1週間で熱中するぐらい作業できる人は稼げる人です。

最初が本当に大事で、スキルがあるのかないのかよりも、最初にロケットスタートが切れるかの方が圧倒的に重要。

全てのサイトに登録し、最初の1週間でめちゃくちゃ作業した人だったら、次の月か2ヶ月後ぐらいには月20万円ぐらいはゲットできてるはずです。

そして、やればやるほど作業スピードは上がっていくので、収入はさらに上がっていきます。

ロケットスタートが本当に大事なんです。

では、具体的に一つ一つの稼ぎ方はどのようなものなんでしょうか!?

お金がないニートが貯金を増やす具体的な収入アップ術

お金がないニートの方々は行動を急ぐしかありません。

お金がなくなってしまっては本当に辛い生活しかできませんので、早めに行動に移しましょう。

治験

そして、すぐにお金を稼ぐという意味で、オススメなのが治験

高額の案件を探せば、20万円以上の協力費を得ることができます。

私は過去に6回の治験に参加し、合計80万円をゲットしました。(2018年末現在)

主な治験サイトは

いい条件の治験を探すにはいろんなサイトに登録するしかないので、多くのサイトに登録するのがオススメ。

条件がいい治験をしっかり探して、協力費をしっかりゲットしましょう!

治験期間中は病院の中で過ごし、採血をしたり心電図を取ったりして過ごします。

空き時間はスマホやパソコン・本を読んだりと比較的自由に過ごすことができます。

具体的な治験の中身については以下の記事にまとめましたので、一緒に読んでみてください。

在宅ワーク

家でお金を稼ぐとなった時に、一番基本となるのが在宅ワークです。

ライティングやデータ入力などで稼ぐことができるんですが、クラウドワークスを使えば、まとまった収入を得ることができます。

月10万円を超えている人も普通に存在します。

在宅収入をしている人で、やったことがない人はいないじゃないかというぐらいのものなので、在宅で収入をアップさせたい人には超絶必須のサイト。

ニートが貯金を増やすには最適ですよ。

ポイントサイト

ポイントサイトは継続的な収入というよりはお小遣い稼ぎの要素が強いです。

ただ、かなりお得なので、収入アップと節約の両方に意味があります。

最近、私はあまり使ってないんですが、昔は

をかなり使っていました。

在宅で収入を得るという経験をしてない方にとっては最初の収入にはめちゃくちゃ適していますので、ぜひ挑戦してみてください!

登録は10分かからずできます。

 ニートが貯金を増やすのに欠かせないブログの存在

過去にゴローはいろんな収入源にチャレンジしてきたんですが、結局一番稼げたのはブログでした。

かなり失敗もしましたが笑、ニートが貯金を増やすのにブログの存在は欠かせません。

ブログは資産になります。

将来的な収入を考える上で、大事なのは「資産を作ること」です。

労働ではありません。

Youtubeに動画をアップしたとして、その動画は残り続けますよね?

動画が残っている限り、SNSやブログを使って、宣伝することもできますし、再生数は加算されていくんです。

ブログも書いた記事がネット上に残り続けます。

かなりオススメの収入源なので、チャレンジしてみることをおすすめします。

具体的なやり方は以下の記事にまとめたので、一緒にどうぞ!

ニートが貯金を増やす時に考えたい節約について

節約といえば、安い値段のものを買うとか電気代を節約するとかがよく言われがちですが、スマホ・ネット関係の節約も考えていかないといけません。

あなたのスマホは格安スマホですか?

格安スマホじゃない場合はすぐに格安スマホに移行しましょう。

結構簡単に変更できます。

最初の格安スマホはmineoが使いやすくてオススメです。

SIMカードを入れ替えるだけで、変更できる場合もあるので、詳しくはmineoのサイトを見てみてください。

自分の持っている機種が格安スマホに対応できるかどうか確認できるツールがありますよ。

そして、その他に考えておきたい節約は・・・

  • 電気代・ガス代などの固定費
  • 日々の支出の見直し
  • 財布の中に固定額しか入れない

もともとニートの場合は節約する金額が少ないので、ネット関係はしっかり見直しましょう。

ニートが貯金を増やすための方法おさらい

ここまでに挙げたサイトの中で、あなたが知らないサイトはありましたか?

ゴローは全てに登録していて、そのサイトからの収入でかなり助けられてきました。

もう一度おさらいするので、この記事をきっかけにぜひ始めてみてください!

必ずあなたの貯金の助けになります!

このブログ記事で紹介している登録しておきたいお小遣いサイト

【治験系】

【ポイントサイト系】

【在宅ワーク系】

【副収入を勉強するために登録しておいた方がいいサイト】

  • kindle unlimited(初回30日無料の月額980円読み放題サイト。電子書籍で副収入を勉強できる)

+ブログ開設(最終的にはブログ中心になっていくので、必須です)

これらのサイトをめんどくさがらずにしっかりやっていけば、必ず貯金は増えます。

登録作業は簡単で、ブログ以外は初期費用も無料です。

これで毎月5万円でも増やすことができれば、かなり生活が楽になりますよ!

そして、LINE@でも情報を発信していますので、そちらも合わせて、よろしくお願いします。

お小遣い稼ぎについて、詳しく知りたい方はLINE@を登録!

友だち追加

ニートが貯金を増やすためのお小遣い稼ぎまとめ記事

オススメはブログを書くこと。

ブログは資産になっていくので、本当にオススメです。

ただ、それ以外にもいろんな方法で、お小遣い稼ぎをすることができます。

お小遣い稼ぎに関する記事は以下の記事に全てまとめていますので、是非ご覧ください!

また、月5万円お小遣い稼ぎ講座も記事として書いてます。

以下のリンクから見ることができますよ!

まとめ:ニートが貯金を増やす方法

ニートが貯金を増やすにはお金を稼ぐことと節約することの2つが必要です。

まずはこの2つをしっかり確立して、お金をどんどん貯めていきましょう!

月に5万円でも稼ぐことができれば、だいぶ生活が変わってきます。

家でもできる収入アップはこの記事で紹介したので、それを今すぐ実践してみてください!

案外簡単にお金は手に入ったりするものですよ!


ニート 貯金

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください