ソーシャルレンディングは大損回避できる!やっておきたい対策まとめ!

ソーシャルレンディング大損しない対策
スポンサーリンク

  • ソーシャルレンディングで大損したくない。
  • 損をせずに運用したい。

そんなあなたがやっておきたい対策を今回まとめました。

上手に運用すれば、ソーシャルレンディングを有効活用して、資産を形成していくことができますが、リスクも知っておかないといけません。

大損することはほぼないと言ってもいいソーシャルレンディングですが、やり方を間違えれば、大損はあり得ます。

リスクへの対処法をしっかりと知って、ソーシャルレンディング上手く活用しましょう!

竹内ゴロー
活用法をしっかり知って、上手に運用しよう!
スポンサーリンク

ソーシャルレンディングで大損するたった一つの要因

ソーシャルレンディングで大損するたった一つの原因は一つの案件に大金を投資することです。

ソーシャルレンディングの一番の欠点は「貸し倒れ(デフォルト)」

いわゆる「貸したお金が返ってこない」という状態になることですが、1つの案件に巨額を投資した場合に貸し倒れが起こったら、とんでもないことになります。

デフォルトの確率は2019年1月現在1%台と低い確率ではありますが、100万円などの巨額を投資していた場合は冗談になりません。

なので、一つの案件に巨額を投資するのはやめましょう!

では、具体的にどのような運用をしていけばいいのでしょうか?

ソーシャルレンディングで大損は分散すれば問題なし

投資

ソーシャルレンディングは分散投資が基本です。

上の画像では案件A〜案件Eの5件に分散投資していますが、仮に10件に分散投資したとしましょう。

デフォルトが起こる確率は2%もないので、複数デフォルトが起こる確率はかなり低め。

ただ、1件はデフォルトが起こるかもしれません。

100万円を10件に投資すると、1つにつき10万円。

1つデフォルトが起こった場合、損失は10万円ということになりますが、利回り的に5%〜10%が見込めるので、実際の損失は5万円以内になります。

全件成立すれば、5万円〜10万円のリターンをゲット。

分散投資は大事なので、必ず行うようにしましょう。

ソーシャルレンディングのメリット

ここまでは大損しないための方法を紹介しました。

「そんなに大損のことばっかり言ってると、メリットはないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、初心者にとってかなり始めやすい投資です。

ここからはソーシャルレンディングのメリット面について紹介します。

利回りがいい

株やFXと比べると利益面は落ちますが、それでも利回りはかなりいい方です。

5%〜10%の利回りが多いということは1年間100万円を運用した場合、105万円〜110万円になる計算です。

普通にお金を貯めていくより、投資の経験をしながら、リターンを得ていく方が人生経験的にもいいです。

コツコツ増やしていくタイプの投資ではありますが、価値はかなりあると言っていいでしょう。

市場の変動などを注視する必要がない

ソーシャルレンディングは知識がそんなに必要ないのもメリットです。

株やFXは市場の動きに左右されるので、初心者にとってはかなり難しい判断が迫られます。

しかし、ソーシャルレンディングは1回投資したら、そのままほったらかし。

市場の動きなどをチェックする必要はないんです。

単純に言うと「お金を貸すだけ」

なので、投資の中では知識がかなりいらない方だと言えます。

竹内ゴロー
正直、最初は知識なくやった笑

1万円から投資できる

なぜ、知識なしで投資できたかというと最低金額が1万円だからという点もかなり大きいです。

1万円なら勉強代ぐらいの感じでいいかと思えました。

それから投資金額を10万円単位で増やしていきましたが、最初1万円で始められるのも大きなメリット。

「貯金する予定だった1万円をソーシャルレンディングに回してみるか!」

ぐらいの感じで始めることができます。

竹内ゴロー
手軽さも魅力。リターンは少なくなるけど、最初は1万円で始めるのも大アリ!

代表的なソーシャルレンディング業者

主なソーシャルレンディング業者は以下の通りです。

クラウドバンク・利回りは6%ほどのものが多い。
・見やすさ・利回り・リスクのバランスがいい
クラウドクレジット
・海外のファンドがほとんど
・10%を超える案件もかなりあるが、その分リスクも高い。
オーナーズブック・不動産投資に特化
・利回りは低め
・リスクは低め

このような特徴があります。

利回りを取るとすれば、クラウドクレジット。

高い利回りも魅力だけど、リスクが怖いなぁと思う人はクラウドバンクがいいでしょう。

リスク面で言うとオーナーズブックもかなり安心できます。

基本的に分散が基本なので、いろんな業者の案件に資金を分けていき、その中でメインどころを決めていきましょう。

【各サイトは以下のリンクから】

クラウドバンククラウドクレジットオーナーズブック

竹内ゴロー
分散は絶対!その中でどれをメインにしていくか決めよう!

新しい投資fundsの登場!ソーシャルレンディングとの類似点と違い

2019年に新しい投資fundsが登場しました。

ソーシャルレンディングと似ている点が多いことから、何かと比較されることが多いんですが、ここではその2つの類似点を違いを見ていきます。

主な類似点と違いは以下の通りです。

類似点運用期間が決まっているファンドにお金を貸すスタイル
違い利回りの大小損失が出た際に負担するの投資家か関連会社か

では、詳しく見ていきましょう”

竹内ゴロー
ソーシャルレンディングよりfunds?どこが同じで、どこが違うのか見ていこう!

運用期間が決まっている

投資する前から運用期間が決まっているのが共通する特徴です。

案件A案件B
運用期間1年8ヶ月
利回り5.5%7%

この表のように、あらかじめ運用期間・利回りが決まっていて、そこに投資していきます。

ファンドにお金を貸すスタイル

お金の貸付を行うスタイルは両者ともに一緒です。

事業や会社に投資して、その利子分をリターンとして受け取る仕組みは変わらず。

fundsがソーシャルレンディングに似ていると言われるのはこのあたりが理由です。

利回りの違い

利回り的にはfundsよりもソーシャルレンディングの方が高いです。

なので、リターンはソーシャルレンディングの方が得れるわけですが、実際に損失が出た際のリスクではfundsの方が低め。

高い低い
リスクの高さソーシャルレンディングfunds
利回りソーシャルレンディングfunds

と分類できます。

fundsの場合は運用が始まって、間もないので、推移を見守る必要ながありますが、現状はこのような分類です。

fundsのリスクがやや低い原因はこのあと説明します。

貸し倒れ(デフォルト)が起こった際の負担の違い

実際に損失が出た時にソーシャルレンディングとfundsで負担するところが違います。

  • ソーシャルレンディング:投資家が負担
  • funds:関連会社が負担

ソーシャルレンディングの場合は投資家の負担になる貸し倒れですが、fundsの場合は関連会社負担となり、そこがリスク面での差になります。

ソーシャルレンディングの方が投資家の負担が大きいので、貸し倒れの際のリスクは大きくなります。

リスクの低さを取るなら、fundsも有効です。

【fundsを公式サイトで見たい方は以下から】

funds

ソーシャルレンディングで大損を避けたい人はfundsとの併用

リスクを低くしたい場合はfundsを中心にして、ソーシャルレンディングを併用すると大損を避けられる可能性は高くなります。

fundsは運用が2019年1月に始まったばかりで、まだ投資できる案件が少ないんですが、これから案件が増えていくことが予想されます。

fundsは1円から投資ができるので、気軽に始められます。

ソーシャルレンディングと上手く併用して、運用を進めていくといいですよ。

竹内ゴロー
fundsとソーシャルレンディングに上手く分散。キーワードはとにかく分散。

まとめ:似た性質のあるソーシャルレンディングとfundsに分散して大損回避・上手に運用!

ソーシャルレンディングをやる際は分散してさえいれば、多少の損失はあるかもしれませんが、大損というのは避けられます。

なので、必ず分散投資しましょう。

そのためにはfundsも有効活用するのも有効な手段なので、ぜひ活用してください。

投資も上手く活用して、資産を着実に増やしていこう!


ソーシャルレンディング大損しない対策

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください