【超初心者向け】ソーシャルレンディングの始め方を1からわかりやすく解説!

ソーシャルレンディング 始め方
スポンサーリンク

一度投資したらほったらかしで運用できる初心者向けの投資ソーシャルレンディング。

注目度が上がってきていますが、初心者向けとはいってもいざ始めるとなると難しいですよね?

そこで、今回はソーシャルレンディングの内容と始め方を徹底的に解説!

  • ソーシャルレンディングはどうやって始めたらいいのか?
  • そもそもソーシャルレンディングってなんなの?

という方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングってなに?

ソーシャルレンディングは簡単に言いますと借り手にとお金を貸す投資です。

お金を貸しているので、そこには利息が発生し、その利回り分をゲットできます。

どれぐらいの利回りかは投資した案件ごとに違い、投資する時に確認できるんですが、概ね4~7%の間であることが多いです。。

メリット・デメリット

ソーシャルレンディングのメリットとデメリットをまとめました。

【ソーシャルレンディングのメリット】

  • 比較的短期で運用を行うことができる
  • 投資した後は運用期間が経過するのを待つだけなので、市場の動きなどを注視しなくてもいい
  • 1万円からできるので、気軽さがある

【ソーシャルレンディングのデメリット】

  • デフォルトリスクがある(元本毀損リスク)
  • 投資案件があまりない場合がある

一番の長所は投資した後は運用期間終わるのを待つだけという簡単さです。

また、1万円からできるので(最近は1円からできるものも登場)手軽でもあります。

一方デメリットは元本毀損リスクで、投資した元本が戻ってこないリスクがあります。

これは一番避けたいリスクですが、業者選びと分散投資でリスクを最小化できます。

元本毀損案件が仮にあったとしても(私の場合まだありません)、トータルでプラスになればいいわけなので、そうなるように運用を心掛ける必要があります。

では、ソーシャルレンディングで大事な業者選びと分散についてお話ししていきます。

ソーシャルレンディングで大事なのは業者選びと分散

投資をする上で分散することはどの投資をやる上でも重要。一つの案件に集中投資するとリスクが大きくなるので、業者・案件ともに分散を心掛けましょう。

そして、それよりもっと重要なのは業者選び!

正直、めちゃくちゃ重要です。

ソーシャルレンディングに限ったことではありませんが、どの業者を選ぶかは結果的に大きな差になります。

ソーシャルレンディングの場合だとラッキーバンクという会社が訴訟を起こされたり、maneoなど遅延の話題がちょくちょく出る業者もいくつかあったりします。

今後問題が発覚する業者があるかもしれないので、100%そうした事態を避けられるわけではありませんが、できるだけ避けたいところ。

業者はしっかり選定する必要があります。

2019年3月現在のオススメ

2019年3月現在のオススメは

fundsはソーシャルレンディングではなく、貸付投資というものなんですが、やることは一緒です。

しかし、1円から投資できるという長所があるので、気軽に始めることができます。

OwnersBookとクラウドバンクは1万円から始めることができ、貸し倒れリスクを考えるとオススメです。

現状、最も安定感のある2社と言っていいでしょう。

ソーシャルレンディング口座開設の手順

ソーシャルレンディング各業者ともに口座開設は無料でできます。

口座だけ開いておいて、案件を見ておくのがベターで、いい案件があったら入金して投資というイメージです。

登録方法は

  • 各ソーシャルレンディング業者のサイトへ移動
  • 登録画面に以降
  • 必要事項を記入・選択
  • 本人確認書類をアップロード(スマホ・パソコンから画像で可能)
  • 同意事項に同意

どの業者もこの方法で登録でき、審査が終了次第ハガキが届くので、そこの指示に従っていけば簡単に登録できます。

審査ですが、登録当時はアルバイトをしていて、そのアルバイト先を入力しても、審査に通りましたので、だいたいは審査に通るのではないかと思っています。

各業者の詳しい登録方法は以下の参考記事にありますので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

初心者はどんな案件を選ぶべき?

最初に投資するときはどんな案件に投資すればいいのでしょうか?

決まりは特にありませんが・・・

  • 運用期間が比較的短い(1年以内のもの)
  • 担保があるもの(できれば)
  • 分散必須

こちらはクラウドバンクの例ですが、こんな感じでいろんな案件がずらっと並んでいて、運用期間や利回り・担保の有無などが記載されています。

最初は早く成果を確認するためと、長期運用することによって生じるリスク(長期間保有だとその間に経済危機などが発生するリスクが高まる)を避けるために短めの運用期間のものに投資することをおすすめします。

そして、担保があるものがいいですが、OwnersBookクラウドバンクの案件はだいたい担保があります。

上の画像でも担保の欄は「有」になっています。

保証も「有」だとなおいいですが、ソーシャルレンディングの場合「保証あり」はそんなにありません。(たまにありますので、保証がある場合は積極的に投資したいところです)

分散必須

上記のような案件に分散投資していくことが大切です。

私も複数の業者と案件に分散投資しています。1つの案件に全額投資するのはリスクが大きくなるので、それはやめましょう。

10万円あったとしたら、2万円を5案件に分散するなどして(分散割合は各個人で判断)、1つの案件に集中させないことが重要です。

ソーシャルレンディング投資にはいくらお金がいる?

先ほども触れましたが、最低投資金額は

から開始できます。

貯金しているお金で、全く使う予定がないお金を運用に回すのが基本で、生活に影響するような金額は運用しない方がいいです。

運用期間が終わるまではお金を引き出すことができないので、貯金の一部を運用に回して、利回りを得るようにしましょう。

まとめ:投資の重要性とソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングの口座開設は無料ででき、投資金額も1万円からと比較的手軽です。

業者選びと分散投資が重要で、

をこの記事では掲載させていただきました。

元本割れが定期的に起こっている業者や訴訟が起こっている業者を選ぶのは避けた方がいいでしょう。

また、投資の重要性は金融庁のホームページでも紹介されており、

上手に活用すれば、このように資産を増やしていくことができます。

ソーシャルレンディングを有効活用して、上手な資産運用をしていきましょう!


ソーシャルレンディング 始め方

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください