WordPress有料テンプレートでおすすめはこの3つ!各特徴を徹底解説!

Wordpress有料テンプレートでおすすめはこの3つ!各特徴を徹底解説!
スポンサーリンク

竹内ゴロー
Wordpress有料テーマのおすすめは?今回は3つ挙げたよ。

WordPressを始める時に入れないといけないテンプレート(テーマ)。

一度入れたらあとで変えるのは結構大変なので、最初にしっかりとしたものを入れておきたいところです。

「でも、どのテンプレートにしたらいいのかわからない・・・」

そんな方に向けて、今回はWordpressのおすすめテンプレートとテンプレートの選び方を解説します。

※ テーマとテンプレートという言葉が混在していますが、どちらも同じ意味です。ご了承ください。
スポンサーリンク

WordPress有料テンプレートはコンテンツのため

WordPressを運営していくとなると、テンプレート(テーマ)は重要ではありますが、それより重要なのはコンテンツの質です。

記事の内容・質がアクセス数を大きく左右しますが、その質をさらに高めるのがテンプレートです。

  • 一番大事なのはコンテンツの質
  • ただ、読まれるためにはある程度のデザインが必要
  • そのデザインを素早くいいものにするために有料テンプレートを入れる

なので、作り込まれたテーマがいいわけでもなく、簡単すぎるテーマがいいわけでもない。

自分に合ったテーマを選ぶことが大切です。

竹内ゴロー
有料テンプレートはコンテンツのため。コンテンツが一番だけど、それ以外に無駄な時間を掛けないことが大事。それを手助けしてくれるのが有料テンプレート。

WordPress有料おすすめテンプレート① ストーク

当ブログでも使用しているテーマがストークです。

ストークは入れ込んだ機能はそこまでありませんが、とにかく操作性が抜群。

初心者の方でも比較的簡単に、サイトデザインを変えることができます。

ただ、欠点があって、それは複数サイト使用不可であること。

【ストークの特徴】

  • 初心者の方でも扱いやすい
  • 操作性は抜群
  • 複数サイト使用不可
  • 値段は1万800円(新ストークは1万1000円)

ブロガーに人気のテーマで、1つのサイトしか運営しない人にとってはオススメのテンプレートです。

竹内ゴロー
1つのサイトしか運営しないつもりだった。でも、複数サイト運営することになった。なので、他のテーマも購入しないといけなくなったよ。

WordPress有料おすすめテンプレート② THE・THOR

THE・THORは複数サイト使用可能で、機能性も抜群です。

複数サイトを運営する可能性がある初心者の方の場合はTHE・THORが扱いやすく、メールサポートがついているのもポイントアップ。

複数サイトを運営しない場合はストークで、複数サイト運営の可能性がある場合はTHE・THORがいいでしょう。

【THE・THORの特徴】

  • 機能性はかなり高い
  • メールサポートがついているので、初心者でも操作可能
  • ただ、ストークより操作は難しい
  • 複数サイト使用可能
  • 値段は1万4800円(税別)
竹内ゴロー
複数サイト運営をする場合はTHE・THORの方がオススメ。ブログにもアフィリエイトにも使いやすい。

WordPress有料おすすめテンプレート③ 賢威

賢威はSEO対策で言うと最高峰で、操作は難しいものの、機能はかなり多いです。

本格的なサイトを作り込みたい人向けのテーマですが、初心者の方だと少し難しいと感じてしまうかもしれません。

私個人的にはここまで入れ込まなくても、十分アクセスは取れると思っているので、パソコン操作に自信がない方は他のテンプレートを選ぶのがいいでしょう。

サイト作成に入れ込みたい方は賢威を使用してみてください。

【賢威の特徴】

  • SEO対策マニュアルがついている
  • 本格的なサイトを作っていきたい場合は賢威がいい
  • 初心者の人にとってはやや操作が難しい
  • 複数サイト使用可能
  • 値段は2万4800円(税込)→2020年1月28日に2万4800円(税別)に値上げ予定
竹内ゴロー
賢威はかなりの本格派。Wordpress初心者には結構難しいかもしれないけど、SEOに強いサイトが作れるよ!

WordPress有料テンプレートの選び方

WordPress有料テンプレートはどれが正解というわけではなく、自分に合ったものを選べるかが大切です。

あなたにとっての正解が私にとっての正解ではありません。

では、どのような選び方で選んでいけばいいのかを解説していきます。

アフィリエイトかブログか?

サイトを作っていくにしても、アフィリエイト中心なのかブログ型なのかによって分かれます。

【アフィリエイト中心とブログ中心の違い】

  • アフィリエイト型:商品に特化したサイトを作っていく(例:格安スマホ、健康食品などのサイト)
  • ブログ型:普段の生活記事にアフィリエイト案件を入れていく

稼ぐことだけに特化すれば、アフィリエイトサイトの方が稼げますが、記事を書きにくいという欠点があります。

一方、ブログ型は報酬がアフィリエイトサイトには及ばないものの、記事は書きやすいというメリットがあります。

一長一短ありますが、アフィリエイトサイトの場合は複数サイト作る可能性が高いので、利用可能のテンプレートにした方がいいです。

竹内ゴロー
アフィリエイトサイトの場合、2つ以上のサイトを作る可能性が高い。なので、複数サイト使用可能の方がいい!

操作性か入れ込み型か?

簡単な操作を重視するか、機能をフルに活用する「入れ込み型」かによっても選ぶテーマが異なります。

  • ストーク:初心者向けで、操作性重視
  • THE・THOR:機能がやや多い。中間ぐらいの位置
  • 賢威:入れ込み型。操作はやや難しいが、SEO対策バッチリ

これらの有料テーマなら、問題なく他のサイトと戦うことができますが、サイト設計にどれだけ入れ込むかによって選ぶテーマが分かれます。

一番本格的なのが賢威で、簡単に操作できるのがストークです。

中間を取るなら、THE・THORで、このあたりのサジ加減はかなり難しいので、複数サイト使用の是非を優先しましょう。

竹内ゴロー
結局はコンテンツが一番重要なので、そこに時間をかける事が重要。ストークでも十分アクセスは集められているので、複数サイト使用可能かどうかで判断した方がいいよ。

値段

値段は重要な要素ですが、今後のブログの方向性がテーマによって決まってしまうので、お金よりも自分に合うものかで考えた方がいいです。

私の場合はストークを導入しましたが、結果的に複数サイトを運営することになり、新たにテーマを購入することにになりました。

値段的には

【テーマと値段】

  • ストーク:安いが、1つのサイトでしか使えない
  • THE・THOR:ストークよりも高いが、2つ以上サイトを作る場合は割安
  • 賢威:値段は高いが、本格的なサイトを何個も作りたい場合におすすめ

このように分類することができます。

竹内ゴロー
値段も大事だけどm、自分の運営方針に合うかどうかが大事。しっかりと選んでいこう!

まとめ:Wordpress有料テンプレートおすすめはこの3つ

WordPressの有料テンプレートについて今回はまとめました。

このブログで使っているのはストークというテーマで、初心者向けのテーマです。

この記事で挙げた各Wordpressテーマの特徴は

自分に合ったテンプレートを導入して、よりよいブログ運営をしていきましょう!

【ブログに関する参考おすすめ記事】

ブログ初心者がWordpressで収益化するための全手法

WordPressインストール代行サービスあります(1万円以下です)


Wordpress有料テンプレートでおすすめはこの3つ!各特徴を徹底解説!

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください