学校がつまらない君へ!学校なんて超つまらなくて当たり前だ!


竹内ゴロー
学校なんて、2度と行きたくありません。竹内ゴロー(@freetergoro)です

 

「学校なんて、つまらなすぎ」

「大学つまんね~友達もいないし」

 

私も同じでした。

 

学校なんて、超つまんね~と思ってたし、大学も淡々と授業を受けて帰っていました。

高校・大学時代の人とは連絡を取ることもなく・・・というより、連絡する手段すらありません。(しようと思ってもいませんが)

 

そんな私の経験を踏まえて、今回は「学校がつまらないのは当たり前だ」という話。

学校がつまらなくて、悩んでいるなら、それは当たり前。

全然問題ないし、将来にとってはむしろいいことかもしれません!

 

学校なんて、つまらないんだ!

学校の全てがつまらないと思っていた私、竹内ゴロー。

  • 授業
  • 休み時間
  • 校外学習
  • 修学旅行

全てが楽しくありませんでした。

その理由を考えてみました。

 

集団行動が得意ではなかった

学校が苦手だった大きな理由は集団行動が得意じゃなかったこと。

みんなと一緒に何かをするのが大嫌いで、常に一人で何かをしていました。

学校から家に帰れば、一人でゲームをずっとしているし、修学旅行では夕食をさっさと食べ終え、「ごちそうさま」を待たずして、部屋に帰り、テレビで野球観戦。

友達とつるむのが嫌いなので、全く学校が楽しくなかったのです。

竹内ゴロー
学校は楽しくないねぇ。まぁ~楽しくないこと。でも、学校以外の時間の方が長いんだよね!

 

楽しいことがなかった

学校はつまらないとよく言いますが、普通はつまらない中にも、楽しいことはあるもの。

  • 修学旅行
  • 運動会
  • 行事
  • 席替え

でも、私にとっては何一つ面白くないつまらないイベント!

 

めんどくさいことこの上なしだったのです!

 

修学旅行も特に思い出はなく、運動会はやたら走らされた記憶だけあり。行事もよく覚えていないし、卒業式も何をしたか覚えてない。

それが私にとっての学校だったのです。

楽しくなかった。でも、それを悲観することはない。

 

「学校がつまらない」を受け入れよう。苦しまなければいい。

正直、学校がつまらないのは仕方がない!

だって、今はスマホやゲームなんか小中学生でもやりまくるし、遊ぶ道具も山ほどある。数え切れないほどの娯楽がある。

私の時代だって、テレビやゲームはすでにあって、そっちが楽しかった。

テレビもゲームも何もなく、家で何もすることができない環境だったら、学校が楽しかったかもしれない。でも、今はそうじゃない。

 

学校はつまらないのも当然!

 

それは仕方がないこと。どうやったって、つまらない人にとっては学校はつまらない。自分だって、つまらなかった。

だから、つまらないのは仕方がない。学校で、苦しみさえしなければいい。

そう思ってます。

学校はつまらないのはある程度受け入れる。学校が苦しいと思いさえしなければ、それでいい!

つまらないだけなら、まだ幸せです。

竹内ゴロー
学校でつまらないは仕方ない。苦しむのは辛い。

 

学校はつまらない方が将来いいぞ!

学校がつまらないのは、やっぱりしんどい。

だけど、学校という空間を飛び出しさえすれば、実は学校はつまらない方がいいのではないかと考えるように!

そう思う理由がいくつかあります!

竹内ゴロー
学校がつまらないって、実はいいんだ!

 

学生の頃に戻りたいと将来思わないのがいい!

私、竹内ゴローは学生時代に戻りたいと思ったことがありません。

それは学校が面白くなかったから。

二度と学校には行きたくありません!!

 

そういう考えでいると、一つメリットがあることに気付きました。

それは、「昔の方がよかった」と思うことがないということです。

過去に戻るのが嫌なので、昔に戻ろう思わず、今と未来に集中できる。

学校がつまらないと、将来こういう考え方もできるのです!

竹内ゴロー
昔の方がよかったは最悪じゃない!?今となっては学校がつまらないのはよかった!

 

学校がつまんないなら、家で楽しみを作れ!

学校なんて、つまらない。

自分もそう思っていたけど、その後、辿り着いた答えが「楽しみたけりゃ学校以外で、楽しみを作ればいい」という答え。

学校に楽しさを求めて、楽しめるかは人それぞれ。

  • 友達を作れ
  • みんなと仲良く

なんて言うけど、そんなのができたら、ネットの情報なんて見てないんだよね。

当然、学校を楽しく過ごすための努力はやっていいと思うし、学校が楽しければ、それがいい!

 

でも、そうじゃない人は他に楽しいことを見つければいい。

 

1日1つ楽しいことがあれば、それでいいし、そこに目を向けることが大切。

1日のどこかに楽しいことが落ちていれば、それでいいんだ。

竹内ゴロー
楽しいことがあまりない時だってある。1日1つ楽しいことを見つけに行こう!

 

まとめ~学校・大学がつまらない人へ~

学校がつまらない。大学がつまらない。学生時代がつまらない。

私はそうでした。

でも、心配いりません。過去を振り返ることなく、今を私は生きれています。

 

学生時代を振り返るのは、ブログに書く時だけ。

それ以外では思い出すことがないし、過去を振り返らず、今を生きれてるという点では、学校なんて楽しくなくてもいいのかなと感じてる。

 

18歳~22歳ぐらいまで、学校生活だけど、言ってしまえば、そこまでで学校は終わるわけで、大学なんかは自由な空間だから、1人でいても問題なし。

学校生活以外の時間の方が人生では圧倒的に長いわけだから、そこを考えていく生活の方がいいし、学校にこだわる必要はない。

 

私、竹内ゴローは学校に授業だけ受けに行っていたし、学校に行く目的は他になし。

でも、そんなんでも、別にいいじゃない!?

だって、学校生活が全てじゃないし、学校以外にも人生は広がってるんだから!!!

p.s

 

元気がなくなって、どうしようもないという人達!!

どうしても元気が欲しいと言うなら、この方の力を借りましょう↓↓

元気が出ない人必見!松岡修造の熱い言葉が詰まった本8選!

2017.08.31

本気で応援してくれる心強い存在だよ!!

 


スポンサードリンク

シェアして頂けるとゴローとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

goro

竹内ゴロー。大学卒業後、即月収一桁の極貧へ。お笑いに携わるべく養成所入り。その後、面白いものを書くことに目覚める。人生をどん底から立て直し、明るく生きる方法を発信中!趣味はプロ野球観戦、ハロプロ。