治験で稼ぐは大アリ!負担軽減費合計80万円稼いだ私が実体験を語る!

スポンサーリンク

治験でもらった負担軽減費がついに80万円を突破しました。

今回は「治験で稼ぐ」について。

治験に関してはいろんな情報が飛び交っています。

  • 治験は危ない
  • 人体実験だから、闇系バイトだ

などといったことが噂として流れていますが、治験をこれまでに何度も経験してきた私からすると、

「それは言い過ぎ」

と思ってしまいます。

では、治験とは一体どんなものなのか!?

今回は治験に参加するメリットとデメリットを踏まえつつ、治験が一体どのようなものなのかを紹介していきます。

竹内ゴロー
治験の爆発力は結構すごいので注目!
スポンサーリンク

治験で稼ぐメリットは金、デメリットは制限事項と注射!

治験の1番のメリットは負担軽減費がめちゃくちゃ大きいことで、1回の治験参加で15万円ほどのものや、20万円以上のものもあります。

逆に、治験のデメリットは制限事項と注射です。

どんな制限事項があるのかと言うと、

  • 治験期間や治験直前は酒・タバコ禁止
  • 治験期間中は水と麦茶しか飲んではいけない
  • 病院から出された食事以外を食べることができない(量・内容はいたって普通の食事)

これらの制限事項がありますが、これ以外は特にありません。

普段お酒やタバコをかなり吸っている人はかなり我慢しなければなりませんが、そうじゃない人はそんなに我慢しなくてもいいです。

私はお酒・タバコともやらない人なので、全く苦にはなりませんでした。

注射の回数は多い

注射の回数は多いので、注射が苦手な人は治験に向きません。

留置針といって、1日ほど針を差しっぱなしにするものもあります。

差しっぱなしというと少し怖いイメージがありますが、注射を何回もするよりは断然楽ですし、そんなに苦ではありません。

なので、留置針を怖がる必要はありませんが、注射の回数が多いのは間違いないので、そこは頭に入れておきましょう!

竹内ゴロー
注射の回数は多い。そこだけは注意が必要。注射が少ない治験もあるけどね!

この2つのデメリットが気にならないなら、治験はいい

竹内ゴロー
デメリットが気にならなければ治験の参加はいいよ!

酒・タバコが我慢できて、なおかつ飲み物が水とお茶だけでも我慢できるなら、治験で稼ぐのはアリです。

やはり、1回の治験参加で10万円以上の金額を稼げるのはかなり魅力的です。

2018年私が参加した治験は負担軽減費(協力費)17万3000円のものと16万5000円のもので、合計33万5000円稼ぎました。

2017年の負担軽減費は合計で約24万円ほど。

2016年にも2回参加していて、合計85万円を稼ぎ出しました!

治験の応募方法と協力費の確認方法

治験の応募と協力費の確認は治験サイトへの登録が必要です。

登録はネットで簡単にでき、無料でできます。

協力費を確認するには治験サイトに登録する以外方法がないので、協力費が気になる方は治験サイトに登録してみてください。

治験の参加はVOBというサイトから申し込むことができます。

治験参加は治験サイトから自分で申し込まない限り、参加することはありませんし、参加を強制されることはありません。

治験参加は全て本人の自由意志によって行われます。

治験を体験してよかったこと

治験に参加してよかったことは数知れずですが、お金以外でよかったことを紹介していきます。

1番のメリットはお金なんですが、他にも治験に参加してよかったことがあります。

治験参加の意外なメリットを・・・どうぞ!!

病院で結構作業ができる

治験に参加して思ったことは治験期間中に、病院で結構作業ができることです。

4泊5日を2回行う治験に参加したんですが、その時は3日目と4日目はほぼ何もすることがありませんでした。

スマホやパソコン・本などの持ち込みは基本的に認められているので、私の場合はパソコンでずっと作業をしていました。

パソコンで仕事をする場合はめちゃくちゃ作業が捗ります。

ご飯と風呂の時間以外、自由みたいな日はブログを書いたり、パソコンで仕事をしたりしました。

暇つぶし道具がないと、1日やることがなかったりするので、かなり暇ですが、病院内で作業できるのはかなりのメリットです。

Wi-Fiもバッチリ!

竹内ゴロー
ブログ運営が主な仕事だから、かなり記事書けた!やったーーー!!

思ったよりちゃんとご飯が食べれる

治験期間中は病院側で提供されたものしか食べることができません。

なので、食べるもの少なそうとか本当に質素なものしか食べれないんじゃないかというイメージがあったんですが、そうでもありません。

普通の食事が食べれます。(1日2食〜3食)

もちろん肉ばっかりとかそういう食事ではなくて、少し質素な食事ではありますが、普通のコンビニ弁当ぐらいの量はあります。

好きなものを好きなだけ食べれるわけではありませんが、わずかなものしか与えられないなどといった問題は起こらないので、そこは安心です。

私はこれからも治験で稼ぐ!

ここまで治験に参加して、80万円を稼いできましたが、これからも治験で稼ぎ続けます。

やっぱり、一番大きな理由は負担軽減費が大きいこと。

15万円ほどサクッともらえるものは治験以外なかなかありません。

もちろん体調を崩してしまうケースは0ではないですが、私はこれまで全ての治験で元気に過ごすことができました。(お腹がかなり減ったことはありました笑)

なので、今後も治験に参加していくつもりです。

竹内ゴロー
治験の協力費は高額。入院中はパソコンをかなりいじる!スケジュールが合えば、参加予定

まとめ:治験は意外と安心して稼げる!稼ぐにはオススメ!

治験にはかなり危険というイメージがあります。

でも、実際はそんなに危険ではありません。

やってることは健康診断の延長みたいなもので、心電図・採血・診察などを行っていくだけ。

病院に入院するので、少し気がひけるかもしれませんが、病院の中ではスマホやパソコンをいじることもできます。

1回の案件で10万円〜20万円は相当魅力的。

一度参加すれば、どんな感じか完璧にわかると思うので、一度参加してみるのがオススメです。

お金的にはだいぶ楽になりますよ!

LINE@ではブログに書けない副収入に関する情報を無料で発信しています!

登録よろしくお願いします!

友だち追加

効果的なお金の作り方を探して、お金を貯めよう!!


シェアして頂けるととっても嬉しいです!

お小遣い稼ぎ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください