人生100年時代の仕事を肉体労働にしているとオワリな理由!

人生100年時代の仕事を肉体労働にしているとオワリな理由!
スポンサーリンク

竹内ゴロー
人生100年時代は肉体労働をしていてはダメ!?かなり厳しい現実がある!?

人生100年時代はいつまで働かないといけないかわからない時代です。

60代まで働けばいいのではなく、70代まで働く必要がある時代に変わっているかもしれません。

そんな時代に対応するにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 人生100年時代で肉体労働が厳しい理由
  • 高齢になっても収入を得るにはどうしたらいいのか?
  • 今から人生100年時代の「収入問題」に対処する方法

このような人生100年時代の仕事について解説していきます。

スポンサーリンク

人生100年時代の仕事を肉体労働にすると体力が終わる

人生100年時代の仕事を肉体労働にしていると体力的に終わり。

人生そのものがかなり過酷になる可能性が高いです。

  • 労働人口が減っている中での体力仕事は若者の仕事を40代・50代でもやらなければならない
  • 若いうちはなんとかなるが、定年退職に近づくにつれて、どんどんしんどくなる
  • お金的にあまり稼げない

30代・40代のうちは体力仕事でも問題ない人がほとんどだと思いますが、50代あたりになってくるとかなりしんどくなってきます。

竹内ゴロー
体力勝負はかなりしんどい。体力勝負じゃない仕事も持っておかないといけない。

いつまで働く?

60歳で定年退職することになったとしても、その後の人生は長いです。

人生100年時代を考えた場合、70歳・75歳ごろまで働く可能性すら秘めています。

仮に70歳まで働かないといけない場合、肉体労働しかできないとかなりキツく、在宅で稼ぐ技術を身につけておいた方が将来の選択肢が広がります。

  • 肉体労働しかできないと、定年後の労働の選択肢が狭くなる
  • 在宅でも稼げる技術を持っておけば、在宅でも肉体労働でも稼げる
  • 在宅で稼ぐ技術を持つに越したことはない!

定年を迎える時に肉体労働でしか稼げないのであれば、それはかなり危険です。

竹内ゴロー
人生100年時代は老後の労働も必要になる可能性がある。肉体労働では持たないから、他の労働手段も用意しておこう!

人生100年時代の仕事は在宅で稼げることが絶対条件

本業と同じぐらい在宅で稼ぐ必要はありません。

ただ、ほんのわずかでも在宅で稼いだことがある人とそうじゃない人では将来に大きな差がつくことは明白です。

  • 在宅で稼いだことがある人→毎月1万円でも稼ぐことができたら、生活は大きく変わる(肉体労働の時間も少し減らせる)
  • 在宅で稼いだことがない人→肉体労働の選択肢しかない

在宅で稼いだことがない人は肉体労働の選択肢しか無くなってしまいます。

一方、在宅で稼いだことがある人は在宅収入を勉強してさらに収入を増やすことができます。

在宅収入の経験があるだけで、人生の選択肢は大きく違ってくるんです。

竹内ゴロー
在宅収入の経験があるかないかで将来が大きく変わる。老後の収入も変わるし、定年までの資産も変わってくるよ。

スマホやパソコンで稼ぐ手段はある

今はスマホやパソコンで稼ぐ手段がいくらでもあります。

  • ポイントサイトを活用して、お小遣い稼ぎをする
  • サイトを立ち上げて、収入を得てみる
  • ブログで収入を得る
  • 投資で資産拡大を狙う

これだけではありませんが、かなり多くの方法がありますし、肉体的に楽です。

年齢を重ねていくと機械を扱うのが大変になってきますが、定年までに一気に資産拡大することもできますし、投資は今かなり簡単なので、60歳以降でもスマホ1台で簡単にできます。

人生100年時代を考えßれば、ある程度の年齢まで働かないとダメですが、スマホやパソコンで稼げれば、より人生が楽になるのは間違いありません。

竹内ゴロー
将来のためにも在宅収入を持っておいた方がいい。体の負担が楽。在宅で1万円でも稼げれば、だいぶ人生が変わる。

人生100年時代の仕事としてやっておきたい在宅収入一覧

人生100年時代に向けて、できるだけ早く在宅収入は始めておきたいところです。

  • 定年までの資産が増える
  • 定年後も収入を確保できる
  • 肉体的にしんどくない

在宅収入を持っておくだけで、一生が変わってきます。

この記事をきっかけにどれか1つでも始めてみて、将来に備えてみてください。

ブログ運営

ブログ運営は副収入として、注目を集めています。

【ブログで稼ぐことのメリット】

  • 在宅で作業できる
  • 時間に制約がなく、自分の好きなタイミングで更新できる(やらなすぎはダメ)
  • 最初は大変だけど、稼げるようになると楽。

ブログはよく「楽して稼げる」と言われますが、そんなことはありません。

実際は「稼げるようになったら楽」で、稼げてしまえば、かなり楽だと思います。

月に数万円でも稼げるようになれば、だいぶ生活が楽になりますので、興味がある人はぜひ始めてみてください。

ブログの始め方や概要は以下の別記事で詳しく解説しています。

竹内ゴロー
ブログは運営開始から約2年で月収20万円になった。結構長い道のりだけど、稼げるようになると楽!

投資

投資は老後にも役立つので、挑戦しておきたい収入です。

日本では多くの人が「投資=ギャンブル」というような認識を持っていますが、本当はそうではありません。

そこをしっかりと知って、投資できるようになれば、60歳を過ぎても資産拡大が狙えます。

  • 少額(1万円程度)で投資をしてみる
  • 株式投資などややリスクの高い投資を必死で勉強してみる

こういう経験を少しでもしておくことによって、将来の資産は拡大していきます。

今回は少額でできる投資を表にまとめたので、参考にしてみてください。

投資の種類特徴
【上場企業投資】funds・1円〜投資できる
・運用期間は1年前後のものが多い
・投資した後は運用期間終了まで放置で運用できる
・長期で運用したい場合は運用終了で戻ってきたお金を再び投資して運用
・リターンは1.5%~6.0%
クラウドバンク・1万円で運用できる
・運用期間は1年前後
・fundsとは少し違うが、投資家がやる作業はほぼ同じ
・リターンは6%~7%台の案件が多い
つみたてNISA(口座解説方法・毎月積み立てていく運用
・5年〜10年単位の長期投資が基本
・10年後・20年後の資産形成に有効

fundsとクラウドバンクは同じような性質の投資ですが、fundsの方が少額で開始でき、クラウドバンクはリターンが高めです。

毎月積み立てていく型の投資をしたい場合はつみたてNISAがあります。

これらの投資に関しては別記事で詳しく解説してますので、そちらも参考にしてみてください。

竹内ゴロー
今は1万円以内でできる投資もだいぶ増えてきた。老後に生かすことができるよ。

月に1000円でも稼げば、あとは作業だけ

月1000円と聞くと全然稼げない印象ですが、在宅収入はバイトなどと違って、まず1000円稼ぐことが大事。

私のこのブログも月の収入が1000円だった時代がありました。

在宅収入は小さい収入がどんどん成長していくのがいいところで、バイトや会社員ではなかなか味わえません。

【在宅収入で大事なこと】

  • まずは月間1000円稼ぐこと
  • 作業を継続していくこと
  • やめないような工夫を絶対に複数持っておくこと
  • 在宅収入が増えると、人生が楽になることを忘れないこと

在宅で稼ぐのが楽なのではなくて、在宅で稼げるようになったら楽。

そして、在宅収入の第一歩に関してはこの記事に書いた通りです。

参考記事もぜひ見て頂いて、1ヶ月の収入を1万円でも多くしていきましょう。

竹内ゴロー
在宅収入は最初が結構しんどい。でも、在学で得られた収入は一生モノ。

在宅で得られた収入は一生モノ

在宅で稼ぐ技術を身につけたということは一生モノのスキルが身についたということ。

会社員の場合は会社をやめた瞬間にお金が途絶えてしまいますが、在宅収入の場合はパソコンさえあれば稼ぎ続けられます。

収入の上下動はありますが、稼ぎ続けることができるんです。

  • 在宅での収入はかなり長く続く
  • 収入の上下動はある
  • 稼ぐ時に手に入れたスキルは一生モノ

もし、若い時に株式投資で利益を出すスキルを身につければ、40代・50代・60代になっても使えるスキルになります。

このように将来的に使えるスキルをいち早く身につけ、楽な人生を送りましょう!

竹内ゴロー
一度スキルを身につけてしまうことが大事。それが一生のスキルになるよ!

まとめ:人生100年時代の仕事は肉体労働だと終わり

人生100年時代は70代まで働かないといけない可能性があります。

それに加えて、肉体労働となると体力的にも限界がきて、相当辛いです。

なので、早いうちから在宅での収入をしっかり作り上げておくことが大切!

【知っておきたい在宅収入・投資】

肉体労働だけでは持たないので、在宅で稼げる手段や早い段階で資産を築ける手段を作っておきましょう!

在宅で稼げると人生が変わる!


人生100年時代の仕事を肉体労働にしているとオワリな理由!

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください