お小遣い1万円のやりくりココが違う!真のお金の使い方を伝授!

お小遣い1万円のやりくりはどうする?
スポンサーリンク

竹内ゴロー
お小遣いが1万円しかない。やりくりはどうしたらいいの?

今回はお小遣い1万円をどうやりくりしたらいいのかを解説します。

少ないお小遣いをやりくりする時に、支出を減らすことは誰しもが考えることだと思いますが、それは二の次です。

支出を減らす前にやるべきことがあります。

  • お得サイトを活用する
  • 電子マネーを活用する
  • 余ったお金はお金の経験に使う

支出を減らす前に、いろんなお得情報を知っておくのが先です。

1万円をやりくりするどころか少しお金が増える場合もありますので、しっかり情報を増やして、やりくり上手な人になりましょう!

竹内ゴロー
支出を減らすどころかお金を増やすことも可能!?お小遣いのやりくりテクニックを紹介するよ!
スポンサーリンク

結論:お小遣い1万円やりくりはお得サイトで劇的に変わる!

1万円しかお小遣いがなかったり、月数万円というわずかなお小遣いで生活していった場合、お得サイトを使っていくのが基本です。

  • 食費をなんとか抑えよう
  • 洋服は買わないようにしよう
  • 無駄なものは一切買わない

これらも大事ですが、こんなことを繰り返していては一向にいい生活はできません。

などのお得サイトを使って、商品をより安く購入するどころか、お金を増やしていくことが大切です。

例えば、クレジットカードを作る時、これらのサイトを知っていれば、5000円〜1万円ほどのキャッシュバックを得ることができます。

商品購入も半額分キャッシュバックがあったり、サービス登録でキャッシュバックがあったりとお金の面ではかなり役に立つサイトです。

また、マクロミルはアンケートだけで稼げるので、知っておきたいサイトです。

竹内ゴロー
お得サイトはとても重要。知っているのと知らないのでは大きな差になる。

1万円をいかに減らさず増やすか

支出をなんとかして減らすというのが主な考え方ですが、節約してもお金は減っていきます。

一番大事なのはいかにお金を減らさずに増やすか。

お得サイトを使えば、1万円を実質減らすことなく、商品・サービス購入することができます。

そして、上手に使えば、お金を増やすこともできるので、家計のやりくりには大きく役立つこと間違いなしです。

竹内ゴロー
A8.netモッピーマクロミルは最低でも知っておきたいサイト。お金がない人には大助かり。必須。

最低でも1万円を1.5万円にしよう

1万円お小遣いを最低でも1.5万円に増やすことを心掛けましょう。

先ほど紹介したお得サイトを駆使すれば、月々5000円程度であれば、カンタンに増やせます。

頑張り次第では月3万円以上稼ぐことも可能なので、上手く使って、お金を増やしていきましょう!

  • お得サイト
  • 電子マネー

を駆使すれば、意外とお金は増えます。

いろんなキャンペーンやサービスを駆使して、どんどんお金を増やしていきましょう!

竹内ゴロー
1万円をどう使うかだけを考えていてはいけない。1万円を1.5万円に増やしていく努力が必要。それができれば、一気にやりくり上手になる。

1万円のやりくりをするためには電子マネー必須!

最近はいろんな決済手段が登場しています。

などがありますが、このような新しいサービスは使っておくのが鉄則です。

理由としては

  • 新しいサービスは普及させるために、かなりのキャンペーンを行う
  • 運用初期段階が最もキャンペーンが多い(PayPay、LINE payなどで実施)
  • お得なキャンペーンで、かなり支出が減る

普段買い物をあまりしない私でも、かなりの額を節約することができました。

竹内ゴロー
これからいろんな電子マネーが登場するけど、使うのが吉。かなりお得に買い物できる。

新しいものには喰いつけ

1万円でやりくりをする場合、キャンペーンの利用は必要不可欠です。

  • 1000円プレゼント
  • 抽選でお買い物分がキャッシュバック
  • 20%還元

LINE PayやPayPayなどでは様々なキャンペーンが行われてきました。

このようなキャンペーンは新しいサービスでよく行われます。これからも新しい電子マネーが登場する予定ですが、喰らいつくことが安く生活するコツです。

竹内ゴロー
コンビニ業界でもファミPayなどが登場予定。新しいサービスは利用するとお得。

新しいサービスは全て利用の理由

新しいサービスは利用者を獲得するために、いろんなサービスを行います。

運用開始初期が最もキャンペーンが盛んで、最もお得になる期間です。その期間を利用できるかできないかで大きく変わります。

なので、新しいサービスが誕生した瞬間に使えるかが大事なんです。

常にどんな電子マネーが登場するのかを把握して、運用開始とほぼ同時に使っていくとだいぶお得に生活することができます。

竹内ゴロー
新しいサービスにはどんどん手を出していこう!いろんな割引クーポンが手に入ったりするよ!

お小遣い1万円を減らさない!読書する方向けのお得サービス

読書をするという方はkindle unlimitedへの登録がオススメです。

月額定額制のサービスで、1ヶ月に2冊本を読めば、元を取れます。しかも、初回登録の場合、初月無料になるのでお得です。

電子書籍が読み放題になりますが、読み放題の対象になっている本と対象になってない本があるので、無料期間を使って確認してみてください。

読書でお金を稼ぐ

先ほどお得なサイトを紹介しましたが、読書からもそのような知識をゲットすることができます。

  • お得なサイトの情報
  • 節約情報

などを無料期間で一気に仕入れることができれば、今後の生活にも大きく役立つはず。

好きな本を読むだけではなく、無料期間を有効活用して、お金の稼ぎ方や節約を勉強すると支出がどんどん減っていきますよ。

竹内ゴロー
読書からは知識がたくさん貯まる。お金の知識を勉強すると支出が減って、お金が貯まりやすくなるよ!

1万円のやりくりに成功→余ったお金は貯金は間違い!

「1万円のやりくりに成功して、なんとかお金が余った!」と思っても、そこで安心してはいけません。

余ったお金をどう活用するかによっても、大きな差が出てきてしまうからです。

余ったお金は貯金という人が結構多いですが、それはあまり効果的ではありません。貯金するお金はお小遣い以外から捻出し、余ったお金は使いましょう。

  • お金の勉強
  • 稼ぐための初期費用(私の場合はブログの初期費用)
  • 投資

などにお金を使っていくことが大切です。

お金を増やしていくためにはお金に対する知識と経験を増やしていくことが大切ですが、貯金では経験が増えません。

経験が増えないということは今後もずっと生活が変わらないということ。

余ったお金を貯金している人は今後もそんなに生活が良くならないということを自覚するようにしましょう。

竹内ゴロー
貯金は経験が積めない。お金に対する経験・知識不足は自分自身を苦しめるだけ。

自己投資を考えよう

余ったお金は勉強や自己投資・投資に使いましょう。

  • 副収入の勉強代に使う
  • ブログの開設費用に使う
  • 投資の勉強に使う

など、余ったお金の使い道はいろいろあります。

余ったお金を貯金しているだけでは得られない経験を増やすことによって、「お金を増やす力」を上げることができます。

余ったお金は自己投資することも考えましょう!

竹内ゴロー
お金を貯めるだけにしてしまうと経験が増えずに、お金を増やす力がなくなっていく。お金を増やす力を大きくすれば、お金に困ることはなくなる!

500円貯金から500円投資へ

貯金をコツコツするのは大切ですが、それではお金が増える可能性がありません。

500円は500円のままです。

貯金は重要ですが、お小遣いで余ったお金は投資に向けた方が将来の役に立ちます。

  • 利回りをゲットすることができる
  • お金に対する経験を増やせる
  • 貯金だと引き落として浪費してしまう可能性があるが、投資ではそれがない

大事なのはお金を貯めることよりも、お金に対する経験を増やすこと。

【上場企業投資】fundsは1円から運用できますので、始めやすいです。

だいたいの投資は1万円からですが、1円からできるが強みなので、興味がある方はサイトを見てみてください。

また投資に関しては参考記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

まとめ:お小遣い1万円をやりくりするにはお得なサイトとお金への経験

お小遣い1万円をやりくりするには支出を減らすのはもちろんそれ以外にもいろんな方法があります。

そして、電子マネーの積極的な活用も大切です。新しい電子マネーの情報には気を配っていきましょう。

このあたりは必須です。

お小遣い1万円が余った場合は貯金するのではなく、お金を増やす経験に使うこと。

投資や副業の勉強にお金を使いましょう。

【上場企業投資】fundsでは1円から運用できるので、気軽に投資できます。

【参考記事】

A8.netやポイントサイトでセルフバックを獲得する全手順!

fundsのやり方・始め方!口座開設方法と投資方法まとめ!


お小遣い1万円のやりくりはどうする?

シェアして頂けるととっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください